メインメニューを開く

野口 冬長(のぐち ふゆなが)は、戦国時代武将三好氏の家臣。

 
野口冬長
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文22年(1553年
幕府 室町幕府
主君 三好長慶
氏族 三好氏→野口氏
父母 父:三好元長
兄弟 三好長慶三好実休安宅冬康十河一存冬長小笠原成助室、小笠原元武室、大西頼武室、芥川孫十郎

目次

生涯編集

三好元長の五男として誕生。

淡路国志知を本拠地とする野口氏の養子に入って家督を継承、淡路を拠点に播磨国から讃岐国の東にかけて、本州と四国の間を取り持ち交流する役割を与えられていたという[1]。しかし、天文22年(1553年)に兄・実休が主君・細川持隆をクーデターで殺害した折、それに憤った持隆家臣達との間で生じた鑓場の戦いにおいて、戦死したといわれる[1]

若くして死去したためか冬長は事績に乏しく、三好家を扱った文献の中では、十河一存を末弟とし、冬長はその存在自体がなかったものとして扱われていることが多々ある。長江正一による『三好長慶』(吉川弘文館)、今谷明による『戦国 三好一族』(洋泉社)、天野忠幸による『三好長慶』(ミネルヴァ書房)などは、いずれも冬長に対する言及が一切なく、書籍にはそれぞれ系図が添付されているが、そこにも冬長の名前は確認できない。

菅若狭守編集

続群書類従』126巻に収録されている「三好系圖」では野口冬長の説明は

野口弾正少弼万五郎 若狭守淸嗣

となっている[2]。一方、『淡路常盤草』では野口則守(肥前守)の子を野口弘宗、弘宗の子を野口長宗(孫五郎)としており、弘宗の説明は

菅若狭守 幼名万五郎 病死于有馬温泉

である。同書では則守か弘宗のいずれかが冬長としている[3]

なお、『菅流船軍秘伝書』などでは、ほぼ同時代・同地域の人物「菅若狭守」が活躍しているが、これは四国攻め三好氏と対立した菅達長の次男、菅長政(仁三郎)であり、野口氏と同族であるが冬長と直接の関係はない。

原田村野口家文書編集

江戸時代摂津国豊島郡原田村の庄屋だった野口家は冬長の後裔を自称している。豊中市立岡町図書館に寄贈された『野口家文書』によると、「野口満五郎冬永」は塙直政の養子となって原田城に移り住んだ。[4][5]


参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b 天野(2014)・145頁今谷・天野監修『三好長慶』 48頁
  2. ^ 塙保己一「[続群書類従 5下(系図部) - Google ブックス 三好系圖]」『続群書類従』126巻。
  3. ^ 仲野安雄「志知城」『淡路常盤草』巻之7、広瀬永太郎、1887年。全国書誌番号:43055676
  4. ^ 井上正雄「第一章 攝津國 第五節 豐能郡 南豐島村」『大阪府全志』巻之3、大阪府全志発行所、1922年。全国書誌番号:43033428
  5. ^ 藤本篤 ほか『新修豊中市史』第五巻 古文書・古記録、豊中市、2001年。