野口哲哉

香川県出身の現代美術家

野口 哲哉(のぐち てつや、1980年 - )は、香川県出身の現代美術家。2003年広島市立大学芸術学部油絵科卒業、2005年同大学院修了[1]

鎧兜を着た人物をモチーフに、立体作品や絵画を制作している。作品は一見古びて見えるが、樹脂アクリルなど現代的な素材で作られている[2]。リアルな佇まいにペーソスユーモアが入り混じった作風が特徴[3]。作品には古典の引用や歴史の読み解きが頻繁に現われ、制作活動には学術的な一面もある[4]

主な個展編集

  • 2008年「野口哲哉展」/TCAF2008
  • 2011年「野口哲哉展」/ギャラリー玉英
  • 2014年「野口哲哉展―野口哲哉の武者分類図鑑―」/練馬区立美術館アサヒビール大山崎山荘美術館
  • 2015年「The HISTORICAL ODYSSEY」/羽田空港 国際線ターミナル
  • 2015年「SLEEP AWAY」/アートフェア東京2015
  • 2015年「野口哲哉ノ作品展 別世界旅行」/ギャラリー玉英
  • 2016年「Human silhouette」/アートフェア東京2016
  • 2016年「Antique Human」/ギャラリー玉英
  • 2017年「ドローイング展 〜鎧と鉛筆〜」/ギャラリー玉英
  • 2017年「作品展 armored neighbor 〜鎧を着た隣人〜」/ギャラリー玉英
  • 2018年「中世より愛をこめて」/ポーラミュージアムアネックス
  • 2019年「鎧ノ中デ - 富山編 -」/森記念秋水美術館
  • 2019年「This is not a Samurai」/Arsham Fieg Gallery
  • 2021年「This is not a Samurai」/高松市美術館群馬県立館林美術館刈谷市美術館山口県立美術館

主なグループ展編集

その他の活動編集

出版編集

  • 2014年「野口哲哉ノ作品集 侍達ノ居ル処。」/青幻舎ISBN 978-4-86152-429-5
  • 2017年より 隔月刊誌「猫びより」/辰巳出版 見開きコラム「昔の猫、昔の人」連載中
  • 2018年「野口哲哉作品集 〜中世より愛をこめて〜 From Medieval with Love」/求龍堂 (ISBN 978-4763018182

関連人物編集

脚注編集

  1. ^ ギャラリー玉英 ーARTISTS 野口哲哉 CV Statement
  2. ^ 野口哲哉, 『侍達ノ居ル処』, 2014, 青幻舎 145頁「作品リスト」参照 (ISBN 978-4-86152-429-5)
  3. ^ nebula なぜ侍の標本を作るのか。現代美術家・野口哲哉の自然観に迫る ー現実を知るためのユーモア, ー生命が纏う哀愁
  4. ^ nebula なぜ侍がヘッドフォンを付けるのか。現代美術家・野口哲哉のリアリズムに迫る ー常識への信頼

外部リンク編集