野口 市太郎(のぐち いちたろう、1955年11月28日 - )は、日本政治家長崎県五島市長(2期)。

野口 市太郎
のぐち いちたろう
生年月日 (1955-11-28) 1955年11月28日(64歳)
出生地 長崎県福江市(現・五島市
出身校 長崎大学経済学部
前職 長崎県庁職員
所属政党 無所属

当選回数 2回
在任期間 2012年9月5日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

長崎県福江市(現・五島市)に生まれる[1]。1978年(昭和53年)3月、長崎大学経済学部卒業。同年4月、長崎県庁に入庁。五島地方局長、長崎振興局長、長崎県水産部長などを歴任[2]

2012年(平成24年)8月26日に行われた五島市長選挙に民主党自民党公明党の推薦、現職市長の中尾郁子の支援を受けて出馬。五島新報新聞社社長の永冶克行を破り初当選した。投票率は61.90%[3]。9月5日、市長就任[4]

2016年(平成28年)、無投票で再選[5]

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集

先代:
中尾郁子
  長崎県五島市長
2012年 -
次代:
(現職)