メインメニューを開く

野呂栄太郎賞(のろえいたろうしょう)は、科学的社会主義の発展に貢献したすぐれた研究に授与されていたである。

概説編集

1974年1月、野呂栄太郎の没後40周年記念行事の一つとして、日本共産党によってもうけられた。政治経済理論、社会発展史、世界と日本の現状分析、民主的改革、変革への積極的提案、哲学思想など、社会科学とこれに関連した各分野での業績が対象とされた。前々年1月1日から前年12月31日までに発表された著作論文を対象に、同賞選考委員会が毎年選考をおこなっていた。[1]

2006年6月、「21世紀の社会・文化・理論の新しい状況を迎え」たことなどを理由に、文学分野の多喜二・百合子賞とともに終了が発表された[2]

歴代受賞作編集

脚注編集

  1. ^ 「野呂栄太郎賞とは?」しんぶん赤旗、2003年8月14日
  2. ^ 「多喜二・百合子賞と野呂賞について」、しんぶん赤旗、2006年6月27日
  3. ^ 日本共産党『日本共産党の六十五年』(二)、新日本文庫、369ページ、1989年
  4. ^ 日本共産党『日本共産党の六十五年』(三)、新日本文庫、118ページ、1989年
  5. ^ 日本共産党『日本共産党の六十五年』(三)、新日本文庫、254ページ、1989年
  6. ^ 日本共産党『日本共産党の六十五年』(三)、新日本文庫、340ページ、1989年
  7. ^ 季刊『科学と思想』1988年秋号、新日本出版社、所収
  8. ^ 前衛』1989年1月号、日本共産党中央委員会、所収
  9. ^ 日本共産党『日本共産党の七十年 下』新日本出版社、376ページ、1994年
  10. ^ 日本共産党『日本共産党の七十年 下』新日本出版社、426ページ、1994年
  11. ^ 法律時報日本評論社、1991年8月-11月号、所収