野外説教屋外説教路傍伝道、(Open air preachingstreet preaching)とは、公の場で福音伝道メッセージを宣言することである。それは、宗教的、社会的なメッセージを伝えるための古来の方法であったが、今日、通常はキリスト教根本主義福音主義福音派と結び付けられる。活動に軍隊用語を使う救世軍は「野戦」「夜襲」(夜に行われる野外説教)と呼ぶ。

ギターブラスバンドなどの楽器演奏や賛美歌ゴスペルプレイズ&ワーシップソングの歌唱、タンバリンフラッグなどを使ったダンストラクトなどの文書配布(文書伝道)などを伴うこともある。

歴史編集

有名なメソジストの説教者、ジョン・ウェスレージョージ・ホウィットフィールドは、屋外で説教をした。それは多くの建物よりも、大群衆を集めることを可能にした。

聖書の例では、ニネベに行き、しぶしぶながら神のメッセージ 「もう四十日すると、ニネベは滅ぼされる。(ヨナ3:4)」と伝えたヨナの記事がある。他の例は、主イエス・キリストの山上の説教マタイによる福音書5-7章)、使徒パウロのアテネ人への説教(使徒の働き17章)である。

外部リンク編集