メインメニューを開く

野尻 武敏(のじり たけとし、1924年10月16日 - 2018年10月29日)は、日本の経済学者神戸大学大阪学院大学名誉教授

大分県出身。1949年神戸経済大学(現神戸大学)卒業。五百籏頭眞治郎に師事。1950年神戸大学経済学部助手、52年講師、54年助教授、64年教授。66年「一般経済政策論の動向と基本問題」で神戸大経済学博士。88年定年退官、名誉教授、大阪学院大学経済学部教授[1]。2002年退任、名誉教授。ひょうご震災記念21世紀研究機構顧問生活協同組合コープこうべ協同学苑学苑長。オーストリア学芸功労第一級十字章受勲。専門分野、経済政策論、比較経済体制論、高齢化問題[2]

著書編集

  • 『一般経済政策論 経済政策論の動向と基本問題』神戸経済学双書 1965
  • 『経済政策原理』晃洋書房 1973
  • 『人間と社会』ドン・ボスコ社 1973
  • 『経済体制の接近? 体制収斂論争をめぐって』晃洋書房 1975
  • 『日本経済論 高度経済成長とその転換』晃洋書房 1975
  • 『選択の時代 多元化社会と経済体制』新評論 1980
  • 『人間社会の基礎』晃洋書房 1983
  • 『転機にたつ生協と生協運動』灘神戸生活協同組合 1989
  • 『長寿社会を生きる 美しく老いるために』晃洋書房 長寿社会双書 1991
  • 『21世紀と生活協同組合』晃洋書房 1997
  • 『第三の道 経済社会体制の方位』晃洋書房 1997
  • 『福祉国家から福祉社会へ』コープこうべ・生協研究機構 協同組合研究双書 1998
  • 『転換期の政治経済倫理序説 経済社会と自然法』ミネルヴァ書房 Minerva人文・社会科学叢書 2006
  • 『虹の朝 生協20年の思い』神戸新聞総合出版センター 2007
  • 『経済社会思想史の地平』晃洋書房 2011
  • 『蝉しぐれ 大正生まれの一つの軌跡』晃洋書房 2012

共著編著編集

翻訳編集

  • J.コスタ『現代の社会主義 理論と現実』監訳 新評論 現代社会科学叢書 1978
  • アルトゥール・ウッツ『第三の道の哲学 新自由主義と新マルクス主義の間』新評論 1978
  • テオドール・ピュッツ『現代経済政策論の基礎』丸谷泠史共訳 新評論 1983
  • エドゥアルト・ハイマン『近代の運命』足立正樹共訳 新評論 1987
監修

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 『蝉しぐれ』