野尻湖ナウマンゾウ博物館

野尻湖ナウマンゾウ博物館(のじりこナウマンぞうはくぶつかん)は長野県信濃町にある博物館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 野尻湖ナウマンゾウ博物館
Nojiri-ko Museum.jpg
施設情報
正式名称 野尻湖ナウマンゾウ博物館
愛称 ナウマンゾウ博物館
前身 野尻湖博物館
開館 1984年7月1日[1]
所在地 389-1303
長野県上水内郡上水内郡信濃町大字野尻287-5
位置 北緯36度49分56.2秒
東経138度12分22.4秒
座標: 北緯36度49分56.2秒 東経138度12分22.4秒
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
正面から見た様子
正面玄関

概要編集

野尻湖では1962年からナウマンゾウの発掘調査が一般参加の形式でおこなわれている。その発掘成果を中心に、約5万年前から現在に至るまでの野尻湖周辺の自然環境を研究・展示している博物館である。発掘の全出土品を現地に保管し、公開することを目的として、1984年7月1日に開館した[2][3]。開館当初の名称は「野尻湖博物館」で、1996年に現在の名称に変更した。

建物概要編集

2階の常設展示室には野尻湖、および湖で発掘されたものを含むナウマンゾウにまつわる展示物が置かれている[4]

フロア概要
3 特別展示室・研究室
2 受付・常設展示室・物産店
1 ナウマンゾウなどの収蔵庫・体験学習室

歴史編集

  • 1984年昭和59年)7月1日 - 野尻湖博物館として開館。開館式には252人が参加し、一般公開見学者は2,013人であった[1]
  • 1996年平成8年) - 野尻湖ナウマンゾウ博物館に改称[1]
  • 2009年(平成21年)7月26日 - 入場者数が150万人を突破[3]

開館時間・休館日編集

午前9時から午後5時まで(冬季は午前9時半から午後3時45分まで)

休館日編集

5月・6月・9月・10月・11月の月末日・年末年始

アクセス編集

自家用車編集

公共交通機関編集

  • しなの鉄道黒姫駅からタクシーを利用。7月中旬から10月中旬までは季節限定でバスも運行されている[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 広報しなの 2014年7月号 p21”. 信濃町. 2014年8月11日閲覧。
  2. ^ トップページ”. 野尻湖ナウマンゾウ博物館. 2014年8月11日閲覧。
  3. ^ a b 博物館アーカイブ 2009.7.26 入館者150万人達成ありがとうございました!”. 野尻湖ナウマンゾウ博物館. 2014年8月11日閲覧。
  4. ^ フロア案内”. 野尻湖ナウマンゾウ博物館. 2014年8月11日閲覧。
  5. ^ a b アクセス”. 野尻湖ナウマンゾウ博物館. 2014年8月11日閲覧。

関連項目編集


外部リンク編集