メインメニューを開く

野崎 廣太(のざき こうた/ひろた、1859年6月19日安政6年5月19日) - 1941年昭和16年)12月2日)は、日本の実業家岡山市北区平野出身。幼名・兵三。・通礼。筆名・汲古庵主。・幻庵(げんあん)。

来歴・人物編集

茶道への造詣が深く、1906年から1927年まで茶会の記事を新聞に書き続け、『茶会漫録』12冊を発刊。茶道に影響を与えた。近代小田原三茶人の1人。

略歴編集

関連項目編集