メインメニューを開く

地理編集

三鷹市の南部に位置する。地域の北部は下連雀上連雀井口深大寺に接する。西部は大沢に接する。南部は調布市深大寺北町に接する。東部は、新川に接する。

三鷹市役所が、南部の調布市との境界沿いにある。幹線道路沿いに事業所、郊外型店舗のある商業地が目立つ。

幹線道路は、東八道路人見街道かえで通り武蔵境通りなどが通る。

地価編集

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、野崎1-7-15の地点で28万5000円/m2となっている[5]

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
野崎一丁目 571世帯 1,109人
野崎二丁目 1,214世帯 2,508人
野崎三丁目 979世帯 2,216人
野崎四丁目 321世帯 673人
3,085世帯 6,506人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
野崎一丁目 1~13番
15番
16番3~18号
三鷹市立南浦小学校 三鷹市立第一中学校
その他 三鷹市立第二小学校 三鷹市立第二中学校
野崎二丁目 全域
野崎三丁目 全域
野崎四丁目 全域 三鷹市立大沢台小学校 三鷹市立第七中学校

歴史編集

地名の由来編集

深大寺の村続きの野原に因む説、武蔵七党野与党野崎光員の所領に因む説など諸説ある。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 人口・世帯数”. 三鷹市 (2018年1月5日). 2018年1月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月22日閲覧。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P1147
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 三鷹市立小・中学校の通学区域【小学校】”. 三鷹市 (2014年9月18日). 2018年1月22日閲覧。
  7. ^ 三鷹市立小・中学校の通学区域【中学校】”. 三鷹市 (2014年9月18日). 2018年1月22日閲覧。

外部リンク編集