メインメニューを開く

野干(やかん)とは漢訳仏典に登場する野獣(正確には干は犭に干で犴。の字体を正確に知らない当時の人たちにより野干という表記も多く存在するので間違いではない)。射干(じゃかん、しゃかん、やかん)(がん、かん)、野犴(やかん:犴は野生の犬のような類の動物、キツネやジャッカルなども宛てられる)とも。狡猾な獣として描かれる。中国では狐に似た正体不明の獣とされるが、日本ではの異名として用いられることが多い[1]

目次

概要編集

 
南方熊楠 『十二支考』にある「ジャッカル(野干)」の画

の『本草拾遺』によると、「仏経に野干あり。これは悪獣にして、青黄色で(いぬ)に似て、人を食らい、よく木に登る。」といわれ、の『翻訳名義集』では、「狐に似て、より形は小さく、群行・夜鳴することの如し。」とされる。『正字通』には「豻、胡犬なり。狐に似て黒く、よく虎豹を食らい、猟人これを恐れる。」とある[2]

正体編集

元は梵語の「シュリガーラ」(शृगाल śṛgāla)を語源とし、インド仏典を漢訳する際に「野干」と音訳されたものである。他に、悉伽羅射干夜干とも音訳された。この動物は元々インドにおいてジャッカル(この名称も元は梵語に由来する)を指していたが、中国にはそれが生息していなかったため、狐や(てん)、(ドール)との混同がみられ、日本においては主に狐そのものを指すようになる[3]

インドでジャッカルは尸林[4]を徘徊して供物を盗んだり、屍肉を喰う不吉な獣として知られていたため、カーリーやチャームンダー(ドゥルガー分身の七母神の1人)など、尸林に居住する女神の象徴となった。また、インド仏教においても野干は閻魔七母天眷属とされた[5]

明治43年、南方熊楠が、漢訳仏典の野干は梵語「スルガーラ」(英語「ジャッカル」・アラビア語「シャガール」)の音写である旨を、『東京人類学雑誌』に発表した。

日本編集

 
野干の影が映る
歌川国芳 (1846年頃)

日本では当初、主に仏教や陰陽道など知識階級の間で狐の異名として使われた。平安初期の『日本霊異記』(上巻第2「狐為妻令生子縁」)には、狐が人間の女に化けて男の妻となり、子供もできたが、正体がばれたときに男から「来つ寝よ」(きつねよ)と言われ「キツネ」という名が出来たとする説話が収録されているが、そこでも狐のことを文中で「野干」と記す例が確認出来る[6]。『拾芥抄』には「野干鳴吉凶」[7]として狐の鳴き声によって吉凶を占うことがらについても記されている。鎌倉時代の『吾妻鏡』に、野干(狐)によって名刀の行方が知れなくなったこと(建仁元年(1201年)5月14日)[2]が書かれていたりするほか、江戸時代以後には一般的にも書籍などを通じて「狐の異名」として野干という語は使用されて来た。その他、各地の民話でも狐の別名として野干が登場する。

『大和本草』など本草学の書物などでは漢籍の説を引いて、「形小さく、尾は大なり。よく木に登る。狐は形大なり。」と、狐と野干は大きさが違うとされているので別の生物であるという説を載せている[2]

また、日本の密教においては、閻魔天の眷属の女鬼・荼枳尼(だきに)が野干の化身であると解釈され[8]、平安時代以後、野干=狐にまたがる姿の荼枳尼天となる。この日本独特の荼枳尼天の解釈はやがて豊饒や福徳をもたらすという利益の面や狐(野干)に乗っているという点から稲荷神習合したり、天狗信仰と結び付いて飯綱権現秋葉権現狗賓などが誕生した[9]

では狐の精をあらわした能面を「野干」と呼んでおり、『殺生石』や『小鍛冶』など狐が登場する曲で使用されている。 『殺生石』に登場する狐の役名も「野干の精」などと表記される。

脚注編集

  1. ^ 『世界大百科事典』 第2版 平凡社。
  2. ^ a b c 笹間良彦 『図説 日本未確認生物事典』 柏書房 1994年 114-115頁
  3. ^ 日本でも、平安時代の『本草和名』では、「豺、皮を用いる、一名を野干、和名をオオカミ」の一文が見られ、豺や狼との混同も見られる。また、江戸時代の文献にも、野干と狐は別の獣と説明するものもある。
  4. ^ 尸林とは遺体を火葬したり、遺棄した林。放置されたり、焼け残った遺体は鳥獣の餌となった。
  5. ^ 閻魔七母天の筆頭、遮文荼(しゃもんだ)はチャームンダーの音訳。インドでの容貌とは違い、中国・日本では猪頭を持つ姿で表される。
  6. ^ 日野巌 『動物妖怪譚』有明書房 1979年 287頁
  7. ^ 今泉定介 編 『故実叢書 拾芥抄』 吉川弘文館 1906年 20頁
  8. ^ 例えば、天台宗の儀軌には、荼枳尼を途中から野干と呼び換えているものがある。
  9. ^ 笹間良彦 『ダキニ信仰とその俗信』 第一書房 1987年 20-28頁

関連項目編集

  • 野狐 - 狐を意味する野干とほぼ同義で使われて来た。
  • アヌビス - ジャッカルの頭を持つエジプト神