メインメニューを開く

野村 万之介(のむら まんのすけ、本名・野村悟郎、1939年昭和14年)5月2日 - 2010年平成22年)12月25日)は、狂言和泉流能楽師

人物編集

六世野村万蔵の五男。兄に野村萬(七世野村万蔵)、野村万作、観世流能楽師の野村四郎がいる。中央大学文学部中退。

「万作の会」の重要メンバーとして国内外で活躍。兄・万作や甥・萬斎には知名度の点では劣るものの、万作一門を支える重要な屋台骨の一人。型にとらわれない、鷹揚で自由奔放な芸風で、固定ファンも多い。

また、万作の後を受け、1968年から2010年まで東京大学早稲田大学、1991年まで東京女子大学お茶の水女子大学の狂言サークルを指導していた。

2010年12月25日に肺炎のため東京都港区の病院で死去したことが、2011年1月11日に公となった。71歳没[1]

年譜編集

  • 1944年 「鉢叩」(アド・瓢の神)で初舞台
  • 1970年 「釣狐」を披く
  • 1972年 山本則直、善竹十郎と「新の会」を結成。1985年まで続ける。
  • 1980年 芸術選奨新人賞受賞
  • 1982年より 日本能楽会会員
  • 1989年より 万之介狂言の会を主宰
  • 2010年 死去。最後の舞台は「謀生種」の伯父。相手は野村遼太。

脚註編集

  1. ^ 和泉流狂言師の野村万之介氏死去 時事通信 2011年1月11日閲覧

外部リンク編集