メインメニューを開く

野村 平爾(のむら へいじ、1902年6月1日 - 1979年1月22日)は、労働法学者。

千葉県出身。早稲田大学法学部卒。欧米に留学後早大法学部助教授、教授。1958年「日本労働法の形成過程と理論」で早大法学博士。1973年定年退任、名誉教授、日本福祉大学教授、学監。労働法研究、戦後の労働運動を理論的に支えた。

著書編集

  • 『債権法総論』東山堂書房 1937-1938
  • 『債権法各論』東山堂書房 1939
  • 『日本労働法の形成過程と理論』岩波書店 1957
  • 『労働法ノート』日本評論新社 1958
  • 『労働関係調整法』有斐閣 1961 法律学全集
  • 『労働法講話』日本評論新社 1963
  • 『続・労働法ノート』日本評論新社 1963
  • 『労働基本権の展開』岩波書店 1975
  • 『民主主義法学に生きて』日本評論社 1976
  • 野村平爾著作集』労働旬報社
第1巻 (資本主義と労働法) 1978
第2巻 (団結権と組合活動) 1978
  • 『労働者の権利闘争』学習の友社 学習文庫 1978

共編著編集

  • 『女の一生100問100答』大浜英子立石芳枝共監修 中央公論社 1955
  • 『講座労働問題と労働法 第4巻 労働協約と就業規則』有泉亨共編 弘文堂 1957
  • 『判例労働争議』編 一粒社 1957
  • 『世界の官公労働者と団結権』編 中山房 1960
  • 『中小企業の労働組合 その組織と運動の進め方』氏原正治郎共編著 日本評論新社 1961
  • 『改正国内法と労働者の権利』共著 労働旬報社 1966
  • 『教育黒書』宗像誠也宮之原貞光共編 労働旬報社 1968
  • 『警察黒書』大野達三内藤功渡辺脩共編 労働旬報社 1969
  • 『現代法の学び方』戒能通孝沼田稲次郎渡辺洋三共編 岩波新書 1969
  • 『政府・自民党の大学政策』編 労働旬報社 1969
  • 『大学政策・大学問題 その資料と解説』五十嵐顕深山正光共編 労働旬報社 1969
  • 『日米共同声明と安保・沖縄問題』編 日本評論社 1970
  • 『労働組合法』沼田稲次郎共編 日本評論社 1970 別冊法学セミナー 基本法コンメンタール
  • 『採用・配転・解雇 人事攻撃のすべてと労働者の権利』編 島田信義他著 民衆社 1975 職場の権利必携シリーズ

記念論文集編集

  • 『市民法と社会法の諸問題 野村平爾教授還暦祝賀論集』早稲田大学法学会 1961
  • 『団結活動の法理 野村平爾教授還暦記念論文集』日本評論新社 1962

参考編集