野村 弘樹(のむら ひろき[注 1]1969年6月30日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手投手、左投左打)・コーチ野球評論家1990年代大洋・横浜で主力投手として活躍。1998年の横浜の日本一の際もエースとして活躍した。

野村 弘樹 (野村 弘)
Replace this image JA.svg
画像募集中
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市南区
生年月日 (1969-06-30) 1969年6月30日(48歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト3位
初出場 1988年10月2日
最終出場 2002年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 横浜ベイスターズ (2003 - 2005, 2007 - 2010)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

父親は広陵高校野球部OBで厳しく[1][2]、小学校2年からリトルリーグ・広島中央リトルで野球をさせられた[3]。1つ上の学年に元広島阪神金本知憲、2つ上の学年に元お笑いタレント山本圭壱がいた[1][4]。野村は同チームのエースで4番だったが[4]、一年でボーイズリーグの広島ジャガーズに移籍[3][5]。広島ジャガーズは、古葉竹識の実弟・古葉福生が長年監督を務めている[6][7]

高校はPL学園に入学し1987年桑田泉桑田真澄の実弟)、立浪和義(元中日)、片岡篤史(元日本ハム)、橋本清(元巨人)、宮本慎也(元ヤクルト・宮本のみ1学年下)らを揃えた強力チームのエースで4番打者として史上4校目の甲子園春夏連覇を達成した(野村は10試合に登板し6勝0敗を記録)。しかし、高校時代はスタミナがなく、継投により途中降板して左翼手に回ることが多かったが、打つほうでは練習試合も含めて高校通算53本塁打をマークしている。

東洋大学への進学も検討したが[8]、同年秋のドラフト3位指名を受け、前述の古葉監督率いる横浜大洋ホエールズに入団。

現役時代編集

1988年10月2日の対広島戦で、プロ初登板で無四球完封勝利を挙げる(高卒ルーキーとしては史上5人目の初登板初完封勝利)。翌1989年は開幕からチャンスを貰って33試合に登板し、先発のマウンドにも12回立ったがスタミナ不足から中盤に捕まることが多く、成績は3勝11敗で防御率5.89と期待を裏切った。以後、トレーニングによって完投能力を含めて多大なスタミナを身につけた。

1990年、プロ入り初の2桁勝利を挙げる活躍を見せ、オールスターゲームにも初出場。この年は対巨人戦で5勝をあげている。翌1991年は2年連続二桁となる15勝を挙げると、1993年には17勝を挙げ最多勝に輝く。1994年1995年とシーズン通して肘痛、腰痛に悩まされ不振に終わるものの、翌1996年は3年ぶりの二桁勝利を記録。

1997年7月1日の対中日戦では5回までパーフェクトピッチングを見せる。6回1死から鳥越裕介に初ヒットを打たれたが、続く門倉健を併殺打に打ち取って無失点に抑えると、その後も好投を続けて8回を1安打無四球という完璧なピッチングを見せた。9回は佐々木主浩が3人で片付けて、野村-佐々木で打者27人の準完全試合を達成した。

1998年は3年連続二桁勝利となるチームトップの13勝を挙げチーム38年ぶりリーグ優勝、日本一に貢献。同年の日本シリーズは開幕投手に抜擢される。西武打線を5回まで無失点に抑えて期待に応えると、この大舞台でも4回裏に3連打のきっかけになる二塁打、5回裏には駄目押しのきっかけとなる二塁打を放つなど西武を圧倒した。結局、6、7回と2点ずつを失い、7回途中でマウンドを降りるも、チームとして38年ぶりの日本シリーズ勝利投手に輝いた。しかし自身2回目の先発となった第4戦では一転して西武打線につかまり、6回でKO、敗戦投手となった。

1999年は左肘手術によりシーズンを棒に振る。2001年8月の対巨人戦で1失点完投勝利し、生え抜き投手では斉藤明夫以来の14年ぶりの通算100勝達成。1998年シーズン終了時に94勝を挙げていたが、左肘故障の影響で記録達成に時間がかかってしまった。これについて野村は「到達しても嬉しくないほど、(時間が)かかってしまった」と答えている。2002年に左肘の故障が再発(実際は完治していなかった)し、現役を引退。

現役引退後編集

2003年湘南シーレックスの投手コーチに就任。2004年にベイスターズの投手コーチに昇格。2005年オフ、阿波野秀幸の投手コーチ招聘に伴い、横浜投手コーチを退任。

2006年ニッポン放送tvkJ SPORTS野球解説者、サンケイスポーツ野球評論家を務める。

2007年、横浜ベイスターズの投手コーチ(2009年までブルペン担当、2010年はベンチ担当)に復帰。2008年2009年は2年連続してセ・リーグ唯一のチーム防御率4点台を、2010年は12球団ワーストの防御率を記録するなど投手陣の成績は低迷し、同年限りでの退団となった[9]

2011年からは再びニッポン放送、tvk、J SPORTSの解説者にサンケイスポーツ評論家、及びフジテレビすぽると!』のレギュラー野球解説者(2016年4月1日で終了)を務め、2012年よりフジテレビ系列の野球中継である『enjoy! Baseball』や『SWALLOWS BASEBALL L!VE』にも出演するようになり、フジテレビでの活動が多くなっている。2016年からは読売テレビゲスト解説者、TBSチャンネル、スポナビライブ(横浜DeNA戦)の解説者も務める。

2014年1月に学生野球資格を回復し、2015年2月からは桜美林大学硬式野球部の特別コーチに就任した[10]。ここでは佐々木千隼(ロッテ)を指導した。

人物・選手としての特徴編集

右利きだが、父親が左投げのグローブを持っていたのでそのまま左投げになったという(現役時代、右投げでも遠投50mだった)。ペン、ハサミ等の日常生活はすべて右利きとのこと。

球速は全盛期でも145km/h弱で、特に優れた変化球を持っていたわけでもないにもかかわらず、通算で998奪三振記録をあげている。野村の武器は制球力と投球術であり、ストレートスライダースローカーブシュートスクリューボールフォークボールSFFなどの多彩な球種を左右に投げ分けることで打者を抑えていた。また、投球テンポが早く、まさに「ちぎっては投げ、ちぎっては投げ」という投球スタイルであった。これは打者に考える時間を与えないようにする意図もあったという[1]

横浜優勝時の権藤博監督から絶大の信頼を受け、1998年の日本シリーズでは「野村-斎藤隆三浦-野村-斎藤隆-川村-野村」という、野村に3回巡るローテーションの先発予告をしている。

強豪のPL学園高校で4番打者を打っていただけあって、投手でありながら現役時代には練習試合も含めて通算53本(公式試合通算6本)の本塁打を放つなど、野手顔負けの打棒の持ち主でもあった。シーズン中盤まで3割近くをキープしていたシーズンもあり、1996年4月23日の対阪神戦では2失点完投、打っては3ラン本塁打(結果3-2)と一人舞台の試合もあった。優勝した1998年も打率.250、2本塁打、8打点という野手並の成績を残している。また、野村監督時代のヤクルトでは、「打者・野村(弘樹)をいかに抑えるか」というテーマのミーティングを行っていたという(石井一久の談話より)。

高校時代から近視であるために眼鏡をかけているが、プロ入り後は試合中のみコンタクトレンズを着用している。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1988 大洋
横浜
2 2 1 1 1 1 1 0 -- .500 55 15.0 14 1 3 0 0 4 0 0 2 1 0.60 1.13
1989 33 13 1 0 1 3 11 0 -- .214 411 94.2 111 14 35 2 1 62 1 1 65 62 5.89 1.54
1990 24 22 8 0 3 11 6 0 -- .647 650 162.0 140 23 35 1 1 114 6 0 67 63 3.50 1.08
1991 26 26 6 2 2 15 8 0 -- .652 743 182.1 163 25 43 0 3 113 6 0 72 64 3.16 1.13
1992 21 15 1 1 0 5 4 0 -- .556 408 93.2 118 15 23 0 1 75 1 0 57 57 5.48 1.51
1993 28 25 9 3 0 17 6 0 -- .739 712 179.1 148 16 41 1 2 137 2 0 59 50 2.51 1.05
1994 14 12 1 0 0 5 5 0 -- .500 332 70.2 100 16 28 2 0 61 1 0 53 50 6.37 1.81
1995 22 6 1 0 1 4 7 0 -- .364 242 56.2 58 8 18 1 2 48 2 0 30 28 4.45 1.34
1996 25 25 4 0 1 10 8 0 -- .556 626 146.1 172 25 36 4 0 85 2 0 76 67 4.12 1.42
1997 25 25 1 1 0 10 8 0 -- .556 620 143.1 153 20 43 6 4 94 0 3 71 62 3.89 1.37
1998 28 27 3 0 1 13 8 0 -- .619 728 177.2 183 20 29 0 2 100 2 2 70 66 3.34 1.19
1999 7 7 0 0 0 1 1 0 -- .500 144 31.1 49 4 8 0 1 13 1 1 25 19 5.46 1.82
2000 29 14 0 0 0 2 8 0 -- .200 426 100.2 116 15 20 2 2 57 1 0 51 49 4.38 1.35
2001 14 14 2 1 0 4 5 0 -- .444 318 75.0 86 8 15 0 4 32 0 0 37 37 4.44 1.35
2002 3 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 31 5.1 12 1 3 1 1 3 0 0 8 8 13.50 2.81
通算:15年 301 233 38 9 10 101 88 0 -- .534 6446 1534.0 1623 211 380 20 24 998 25 7 743 683 4.01 1.31
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大洋(横浜大洋ホエールズ)は、1993年に横浜(横浜ベイスターズ)に球団名を変更

通算打撃成績編集

打率.196 92安打 6本塁打 47打点 1盗塁

タイトル編集

表彰編集

記録編集

投手記録(初記録)
節目の記録
  • 1000投球回:1996年10月6日、対広島東洋カープ26回戦(横浜スタジアム)、3回表1死目に達成 ※史上270人目
  • 100勝:2001年8月5日、対読売ジャイアンツ21回戦(横浜スタジアム)、9回1失点完投勝利 ※史上117人目
  • 1500投球回:2001年8月25日、対ヤクルトスワローズ21回戦(横浜スタジアム)、5回表3死目に藤井秀悟を三振で達成 ※史上148人目
打撃記録(初記録)
その他の記録

背番号編集

  • 21 (1988年 - 2002年)
  • 79 (2003年)
  • 71 (2004年 - 2005年)
  • 75 (2007年 - 2010年)

登録名編集

  • 野村 弘(のむら ひろし) (1988年 - 1989年)
  • 野村 弘樹(のむら ひろき)(1990年 - )

関連情報編集

出演番組編集

書籍編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集