メインメニューを開く

野村政孝

日本のサッカー選手

野村 政孝(のむら まさたか、1991年6月29日 - )は、東京都世田谷区出身のプロサッカー選手。ポジションは、ゴールキーパー

野村 政孝 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ノムラ マサタカ
ラテン文字 NOMURA Masataka
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-06-29) 1991年6月29日(28歳)
出身地 東京都世田谷区
身長 188cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗ロアッソ熊本
ポジション GK
背番号 21
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2016 名古屋グランパス 0 (0)
2016 ブラウブリッツ秋田 (loan) 0 (0)
2017- ロアッソ熊本 10 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

俳優歌手野村将希は実父、俳優の野村祐希は実弟。

来歴編集

俳優歌手野村将希の長男として東京都世田谷区で生まれた[1]。父親が「柘植の飛猿」役を務める水戸黄門に、少年時代の飛猿役(野村正孝名)で出演したことがある[2]。(第25部 第14話 「飛猿が恋をした・岡山」 : 1997年3月31日放送)

小学校3年でサッカーを始めた。2010年日本学園高校から駒澤大学に進学。大学入学後は、垂直跳び80センチ、握力80キロなど、父親譲りの抜群の身体能力を生かしきれず、ゴールキーパーの3、4番手どまりでレギュラー獲得には至らなかった。やがて就職活動を始め、4年生の4月には不動産業の会社に内定。しかし高校時代の恩師の勧めでカターレ富山の練習に参加し、「身体能力はプロでも通用する」という手応えを掴んだことで、すぐに内定を辞退した[2]。9月のリーグ戦後期からは先発で起用され、チームの1部復帰に貢献した[3]

2014年より、名古屋グランパスへ入団[4]ジェフユナイテッド千葉からもオファーを受けていたが、駒大OBである巻佑樹スカウトの熱心な誘いにより、名古屋加入へと至った[5]

2016年ブラウブリッツ秋田期限付き移籍したが[6]、同年シーズンをもって名古屋と移籍先の秋田との契約満了につき退団となる[7]。同年12月28日、トライアウトでの落ち着いたコーチングを評価したロアッソ熊本がオファー、正式加入が決定した。

2017年は正GKの佐藤昭大の負傷離脱に伴い一時的にレギュラーの座を得たが、清川監督の解任に伴い畑実にポジションを奪われ出番を失った。

所属クラブ編集

ユース経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2010 駒澤大 - - - 0 0 0 0
2014 名古屋 30 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2015 0 0 0 0 1 0 1 0
2016 秋田 1 J3 0 0 - 0 0 0 0
2017 熊本 21 J2 10 0 - 1 0 11 0
2018 0 0 - 0 0 0 0
2019 J3 -
通算 日本 J1 0 0 0 0 1 0 1 0
日本 J2 10 0 - 1 0 11 0
日本 J3 0 0 - 0 0 0 0
日本 - - 0 0 0 0
総通算 10 0 0 0 2 0 12 0
出場歴

タイトル編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集