野村 美月(のむら みづき)は、日本ライトノベル作家。福島県出身[1]東洋大学文学部国文学科卒業[1]。代表作はアニメ化もされた『“文学少女”シリーズ』。

野村 美月
ペンネーム 野村 美月
誕生 福島県
職業 作家
言語 日本語
最終学歴 東洋大学文学部国文学科
活動期間 2002年 -
ジャンル ライトノベル
代表作 “文学少女”シリーズ
主な受賞歴 第3回ファミ通エンタテインメント大賞小説部門最優秀賞
デビュー作 卓球場シリーズ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

略歴編集

大学在学中にデビューすることを望んでいたが、それが叶わず卒業後に就職するも一年で退社、本格的に新人賞への投稿を開始し、2001年、『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回ファミ通エンタテインメント大賞(現・エンターブレインえんため大賞小説部門〈最優秀賞〉を受賞した[2]。翌年同作品でデビュー、続いて『フォーマイダーリン!』『天使のベースボール』と、3か月連続で作品が刊行された。

その後『Bad! Daddy』『うさ恋。』を出版。2006年に刊行された『“文学少女”と死にたがりの道化』から始まる『“文学少女”』シリーズで『このライトノベルがすごい! 2009』作品ランキング1位を受賞[3]、2009年にOVAが作られ、2010年にはアニメ『劇場版“文学少女”』が劇場公開された。

2015年には一般文芸レーベルから『ひまりさん』シリーズが刊行されるなど作品発表の場を広げるも、2016年4月から執筆ができなくなり長らく新作が発表されなかったが、2020年6月末に『むすぶと本。』シリーズが2冊同時出版されるなど活動が再開された[4]

作風編集

氷室冴子新井素子の小説、『赤毛のアン』『若草物語』などの児童文学に強い影響を受け、少女小説的な作風の作品を得意とする。ファミ通文庫の賞にデビュー作を応募したのは、「少年向けのレーベルなら逆にかわいい女の子をいくらでも書ける」と思ったからだそうである[5]

作品リスト編集

卓球場シリーズ編集

詳細は卓球場シリーズを参照。

  1. 赤城山卓球場に歌声は響く(2002年2月 ファミ通文庫)- イラスト:依澄れい
  2. 那須高原卓球場純情えれじ〜(2002年7月 ファミ通文庫)
  3. あだたら卓球場決闘ラブソング(2003年1月 ファミ通文庫)
  4. 神宮の森卓球場でサヨナラ(2003年6月 ファミ通文庫)

フォーマイダーリン!編集

  1. フォーマイダーリン! 月夜は無邪気に竜退治(2002年3月 ファミ通文庫)- イラスト:戸部淑

天使のベースボール編集

  1. 天使のベースボール(2002年4月 ファミ通文庫)- イラスト:尾崎弘宜
  2. 天使のベースボール 2(2003年7月 ファミ通文庫)

Bad! Daddy編集

  1. Bad! Daddy 1 パパに内緒で正義の味方(2003年10月 ファミ通文庫)- イラスト:煉瓦
  2. Bad! Daddy 2 五月祭にパパは踊る(2003年12月 ファミ通文庫)
  3. Bad! Daddy 3 パパのキッスは苺味(2004年3月 ファミ通文庫)
  4. Bad! Daddy 4 やっぱり!とっても!パパが好き!(2004年7月 ファミ通文庫)

うさ恋。編集

  1. うさ恋。 1 女なんか、嫌いだ〜っ!(2004年12月 ファミ通文庫)- イラスト:森永こるね
  2. うさ恋。 2 おまえ、輝いてるぜ!(2005年3月 ファミ通文庫)
  3. うさ恋。 3 オトされて、たまるか!(2005年6月 ファミ通文庫)
  4. うさ恋。 4 泣かせて、ゴメン。(2005年9月 ファミ通文庫)
  5. うさ恋。 5 好きだ、好きだ、大好きだ〜っ!!(2005年11月 ファミ通文庫)

“文学少女”シリーズ編集

詳細は“文学少女”シリーズを参照。

本編編集

  1. “文学少女”と死にたがりの道化(2006年5月 ファミ通文庫)- イラスト:竹岡美穂
  2. “文学少女”と飢え渇く幽霊(2006年9月 ファミ通文庫)
  3. “文学少女”と繋がれた愚者(2007年1月 ファミ通文庫)
  4. “文学少女”と穢名の天使(2007年5月 ファミ通文庫)
  5. “文学少女”と慟哭の巡礼者(2007年9月 ファミ通文庫)
  6. “文学少女”と月花を孕く水妖(2008年1月 ファミ通文庫)
  7. “文学少女”と神に臨む作家 上(2008年5月 ファミ通文庫)
  8. “文学少女”と神に臨む作家 下(2008年9月 ファミ通文庫)

恋する挿話集編集

  1. “文学少女”と恋する挿話集 1(2009年1月 ファミ通文庫)- イラスト:竹岡美穂
  2. “文学少女”と恋する挿話集 2(2009年8月 ファミ通文庫)
  3. “文学少女”と恋する挿話集 3(2010年5月 ファミ通文庫)
  4. “文学少女”と恋する挿話集 4(2010年12月 ファミ通文庫)

“文学少女”見習いシリーズ編集

  1. “文学少女”見習いの、初恋。(2009年4月 ファミ通文庫)- イラスト:竹岡美穂
  2. “文学少女”見習いの、傷心。(2009年12月 ファミ通文庫)
  3. “文学少女”見習いの、卒業。(2010年8月 ファミ通文庫)

完結編編集

  1. 半熟作家と“文学少女”な編集者(2011年4月 ファミ通文庫)- イラスト:竹岡美穂

ヒカルが地球にいたころ……編集

詳細はヒカルが地球にいたころ……を参照。

  1. “葵” ヒカルが地球にいたころ…… 1(2011年5月 ファミ通文庫)- イラスト:竹岡美穂
  2. “夕顔” ヒカルが地球にいたころ…… 2(2011年8月 ファミ通文庫)
  3. “若紫” ヒカルが地球にいたころ…… 3(2011年12月 ファミ通文庫)
  4. “朧月夜” ヒカルが地球にいたころ…… 4(2012年4月 ファミ通文庫)
  5. “末摘花” ヒカルが地球にいたころ…… 5(2012年8月 ファミ通文庫)
  6. “朝顔” ヒカルが地球にいたころ…… 6(2012年12月 ファミ通文庫)
  7. “空蝉” ヒカルが地球にいたころ…… 7(2013年4月 ファミ通文庫)
  8. “花散里” ヒカルが地球にいたころ…… 8(2013年8月 ファミ通文庫)
  9. “六条” ヒカルが地球にいたころ…… 9(2013年12月 ファミ通文庫)
  10. “藤壺” ヒカルが地球にいたころ…… 10(2014年4月 ファミ通文庫)

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件編集

詳細はドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件を参照。

  1. ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件(2012年2月 ファミ通文庫)- イラスト:karory
  2. ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 2(2012年9月 ファミ通文庫)
  3. ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 3(2013年3月 ファミ通文庫)
  4. ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 4(2013年9月 ファミ通文庫)
  5. ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 5(2014年3月 ファミ通文庫)
  6. ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 6(2014年9月 ファミ通文庫)
  7. ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 7(2015年3月 ファミ通文庫)
  8. ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 8(2015年9月 ファミ通文庫)

救世主の命題編集

  1. 救世主の命題 1(2013年6月 MF文庫J)- 今井楓人名義[6][7]。イラスト:奈月ここ
  2. 救世主の命題 2(2013年10月 MF文庫J)
  3. 救世主の命題 3(2014年11月 MF文庫J)

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる編集

  1. 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(2014年5月 ファミ通文庫)- イラスト:竹岡美穂
  2. 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 2(2014年8月 ファミ通文庫)
  3. 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 3(2014年12月 ファミ通文庫)
  4. 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 4(2015年4月 ファミ通文庫)
  5. 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 5(2015年8月 ファミ通文庫)
  6. 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる Long Long Engage(2016年2月 KADOKAWA

陸と千星編集

  1. 陸と千星 世界を配る少年と別荘の少女(2014年6月 ファミ通文庫)- イラスト:竹岡美穂

アルジャン・カレール編集

  1. アルジャン・カレール 革命の英雄、或いは女王の菓子職人(2014年10月 ファミ通文庫 上下巻)- イラスト:マニャ子

親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。編集

  1. 親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。(2014年11月 ダッシュエックス文庫)- イラスト:河下水希

下読み男子と投稿女子編集

  1. 下読み男子と投稿女子 優しい空が見た、内気な海の話。(2015年6月 ファミ通文庫)- イラスト:えいひ

SとSの不埒な同盟編集

  1. SとSの不埒な同盟(2015年7月 ダッシュエックス文庫)- イラスト:ふゆの春秋
  2. SとSの不埒な同盟 2(2015年10月 ダッシュエックス文庫)

晴追町には、ひまりさんがいる。編集

  1. 晴追町には、ひまりさんがいる。 はじまりの春は犬を連れた人妻と(2015年10月 講談社タイガ)- イラスト:志村貴子
  2. 晴追町には、ひまりさんがいる。 恋と花火と図書館王子(2016年4月 講談社タイガ)

楽園への清く正しき道程編集

  1. 楽園への清く正しき道程 0番目は北国産のツンドラ王妃?(2015年11月 ファミ通文庫)- イラスト:竹岡美穂
  2. 楽園への清く正しき道程 1番目はお嫁さんにしたい系薄幸メイド(2016年1月 ファミ通文庫)
  3. 楽園への清く正しき道程 庶民出身の国王様がまたご愛妾を迎えられるそうです(2016年5月 ファミ通文庫)
  4. 楽園への清く正しき道程 国王様と楽園の花嫁たち(2016年9月 ファミ通文庫)

むすぶと本。編集

  1. むすぶと本。 『外科室』の一途(2020年6月 ファミ通文庫)- イラスト:竹岡美穂[8]
  2. むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長いおわり(2020年6月 KADOKAWA)
  3. むすぶと本。 『嵐が丘』を継ぐ者(2020年11月 ファミ通文庫)
  4. むすぶと本。 七冊の『神曲』が断罪する七人のダンテ(2021年2月 KADOKAWA)

記憶書店うたかた堂の淡々編集

  1. 記憶書店うたかた堂の淡々(2020年7月 講談社タイガ) - イラスト:本山はな奈[9]

世々と海くんの図書館デート編集

  1. 恋するきつねは、さくらのバレエシューズをはいて、絵本をめくるのです。(2020年10月 講談社青い鳥文庫) - イラスト:U35
  2. 夏のきつねのねがいごとは、だいすき。だいすき。だいすきです。(2020年10月 講談社青い鳥文庫)

三途の川のおらんだ書房編集

  1. 三途の川のおらんだ書房 迷える亡者と極楽への本棚(2020年12月 文春文庫) - イラスト:月岡月穂

ストーリーテラーのいる洋菓子店編集

  1. ストーリーテラーのいる洋菓子店 月と私と甘い寓話(2020年12月 ポプラ社) - イラスト:Ajimita

元カノが転校してきて気まずい小暮理知の、罠と恋。編集

  1. 元カノが転校してきて気まずい小暮理知の、罠と恋。(2021年3月 ガガガ文庫) - イラスト:へちま

単行本未収録編集

  • “文学少女”と乙女に集う召喚獣(『コラボアンソロジー 2 “文学少女”はガーゴイルバカ階段を昇る』2008年10月 ファミ通文庫)
  • いつか、きみに会う日まで(『“文学少女”の追想画廊』2008年12月 エンターブレイン
  • 桃園のいばら姫(『7days wonder 紅桃寮の七日間』2009年7月 ポプラ社/『寮の七日間 青春ミステリアンソロジー』2012年1月 ポプラ文庫ピュアフル
  • 甘い余談~これからも、ずっと(『“文学少女”の追想画廊 2』2011年6月 エンターブレイン)
  • こっちにおいで、子猫ちゃん。(『ショートストーリーズ 3分間のボーイ・ミーツ・ガール』2012年7月 ファミ通文庫)
  • 鑑賞部の不埒な倫理(『部活アンソロジー 2 「春」』2013年8月 ファミ通文庫)
  • “文学少女”後日譚 つれない編集者に捧げるスペシャリテ(『ショートストーリーズ 僕とキミの15センチ』2017年10月 ファミ通文庫)
  • 僕と”文学少女”な訪問者と三つの伏線(『小説の神様 わたしたちの物語 小説の神様アンソロジー』2020年4月 講談社タイガ)

村中志帆名義編集

村中志帆の名前でアダルトゲームのシナリオなどを担当していた[10]

メディアミックス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 宇佐見尚也「物語が生まれ出ずる場所 野村美月インタビュー」『このライトノベルがすごい! SIDE-B』宝島社、2008年、p.44
  2. ^ ガガガ文庫編集部・編「ライトノベルを書く!」小学館、2006年9月1日発行、p.128
  3. ^ このライトノベルがすごい! 2009 - 宝島社(2020年12月16日閲覧)
  4. ^ 『私が筆を折っていた3年間と、サンタさんへの手紙。』(2020年12月16日閲覧)
  5. ^ ガガガ文庫編集部・編「ライトノベルを書く!」小学館、2006年9月1日発行、pp.127-128
  6. ^ 今井楓人 (2018年8月17日). “Twitter /@Haruno_Soraha”. 2019年1月11日閲覧。
  7. ^ 野村美月(@Haruno_Soraha)さん | Twitter”. twitter.com. 2020年4月23日閲覧。
  8. ^ 野村美月広報部 (2020年4月21日). “【新作情報】6月30日に『むすぶと本。』シリーズ、2冊同時刊行いたします!” (日本語). @pr_nomura. 2020年4月23日閲覧。
  9. ^ 野村美月広報部 (2020年4月21日). “【新作情報】7月19日発売『記憶書店うたかた堂の淡々』(講談社タイガ)” (日本語). @pr_nomura. 2020年4月23日閲覧。
  10. ^ 野村美月 (2018年8月17日). “Twitter /@Haruno_Soraha”. 2019年1月11日閲覧。

外部リンク編集