メインメニューを開く

野田 敬三(のだ けいぞう、1958年1月24日 - )は、将棋棋士森安秀光九段門下。棋士番号は186。兵庫県出身。2013年6月27日に引退。弟子に女流棋士長谷川優貴山根ことみ

 野田敬三 六段
名前 野田敬三
生年月日 (1958-01-24) 1958年1月24日(61歳)
プロ入り年月日 1988年4月1日(30歳)
棋士番号 186
出身地 兵庫県神戸市
師匠 森安秀光九段
段位 六段
戦績
2014年5月9日現在

目次

棋歴編集

5、6歳の頃、近所の子供が指しているのを見たのが将棋との出会い[1]であるが、夢中になったのは中学2年の頃[2]。以来、3年間、毎週の土日に川西市にあった森安秀光(当時五段)の教室に通い、最終電車で帰宅する[2]

その森安を師匠として1975年、17歳のときに奨励会で指し始める。比較的順調に昇級・昇段を重ね、1979年12月に三段となる。

ところが、そこからが鬼門であった。1982年4月に二段に降段。8月には三段に復帰するものの、なかなか四段昇段(プロ入り)できずにいるうち、1987年に三段リーグ制度が復活。四段昇段は半年に2名という狭き門となった。第1回三段リーグでは17人中16位で惨敗。しかし、第2回では一転、2局を残した時点で早くもプロ入りを決めた。30歳2か月でのプロ入り(1988年4月1日)は、戦後生まれの将棋棋士では伊藤能の30歳8か月に次ぐ2番目の高齢記録(当時[3])であった。また2014年時点まで唯一二段降段後にプロとなった棋士である。

1998年度と1999年度に対局数30前後、勝率5割前後の成績を挙げ、棋士人生での一つのピークを迎える。

順位戦竜王戦共に昇級歴はなく、順位戦は15年連続でC級2組に在籍し、その間、降級点が累積3点となったため、2003年度からフリークラスとなる。竜王戦も第2期から出場したものの最高記録は6組ランキング戦準決勝進出(第13期[4]及び第14期[5])であった。

プロ入り以来長らく公式戦の本戦(決勝トーナメント)に出場できずにいたものの、プロ入り23年目の第19期銀河戦 では、ブロック戦で最多勝ち抜き者(田丸昇藤原直哉佐藤和俊に勝ち3連勝)に該当し、棋士人生で初めて決勝トーナメントに出場した(トーナメントは1回戦で渡辺明に敗北)。

上述の経緯でフリークラスに降級してから10年間で、順位戦C級2組への復帰条件に相当する成績を修めることができず、2012年度の最終対局日をもって引退することが内定していた[6]。野田は2012年度末(2013年3月31日)の時点で、第26期竜王戦6組昇級者決定戦への出場資格を残し、1回戦(2013年5月29日)では島本亮に勝ったものの、2回戦(2013年6月27日)で室岡克彦に敗れ、同日付けで引退した[7]。三段リーグを勝ち抜いた棋士の引退は野田が初めてである。

人物・エピソード編集

棋風編集

居飛車党で、相掛かりひねり飛車を採用することが多かった。これはプロ棋士の中では珍しい棋風である。プロデビュー以来しばらくは、玉を堅く囲い合う前に戦いを始めることが多かった。

昇段履歴編集

主な成績編集

通算成績
578対局 223勝355敗 勝率0.3858
在籍クラス
  • 竜王戦 自己最高6組
  • 順位戦 自己最高C級2組

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成10年度版「将棋年鑑」
  2. ^ a b c 将棋世界」2000年1月号付録
  3. ^ 2016年4月1日現在の高齢記録は、2006年に制定されたフリークラス編入試験に合格して2015年4月1日付けで四段に昇段した今泉健司の41歳8ヶ月である。
  4. ^ ランキング戦準決勝で沼春雄に、昇級者決定戦決勝で北浜健介にそれぞれ敗れ、5組昇級には至らなかった。
  5. ^ ランキング戦準決勝で松尾歩に、昇級者決定戦決勝で後に永世竜王の資格を獲得する渡辺明にそれぞれ敗れ、またもや5組昇級には至らなかった。
  6. ^ 引退棋士のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月26日閲覧。
  7. ^ 野田敬三六段が引退|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月26日閲覧。
  8. ^ 読売新聞(兵庫) 2012年2月2日 『プロ4か月 最速“詰め”-明石の16歳 長谷川さん』2012年2月6日閲覧。
  9. ^ 2008年4月1日付昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集