メインメニューを開く

野田町(のだまち)は千葉県の北西部、東葛飾郡に属していた

のだまち
野田町
廃止日 1950年5月3日
廃止理由 新設合併
野田町旭村梅郷村七福村野田市
現在の自治体 野田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
東葛飾郡
総人口 24,028
(平成18年千葉県統計年鑑、1950年5月3日)
隣接自治体 千葉県
東葛飾郡旭村、梅郷村、七福村
埼玉県
北葛飾郡金杉村旭村
野田町役場
所在地 千葉県東葛飾郡野田町中野台168番地
外部リンク なし
座標 北緯35度56分46秒
東経139度51分32秒
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

千葉県の北西部に位置し、西に江戸川が位置し、東武野田線が南北に縦断している。

  • 河川 : 江戸川

歴史編集

経済編集

産業編集

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば野田町の篤農家は、「宮野三五郎、門倉音吉、茂木七郎、斎藤倉吉、高梨孝右衛門」などである[1]

商工業

『資産家地主総覧』によれば野田町の商工人は、「青山茂助、荒木惣次郎、荒木半次郎、飯田市郎左衛門、石塚喜兵衛、石塚浪右衛門、伊東熊次郎、大塚金蔵、門倉岡平、小張兼吉、駒崎藤次郎、杉崎善太郎、杉崎弥八、杉崎くめ、下田森右衛門、高梨兵左衛門、戸邊吉右衛門、戸邊五右衛門、戸邊與三郎、中川仲右衛門、中野長兵衛、中村善之助、中村富士三郎、平井助次郎、前田恒七、南寅次郎、茂木七左衛門、茂木七郎右衛門、茂木佐平治、茂木七郎治、茂木房五郎、茂木勇右衛門、茂木利平、茂木林蔵、谷ヶ崎治郎吉、矢部由之助、山崎甚右衛門、山下平兵衛、山下富三郎、米川金蔵」である(50音順)[2]

企業

交通編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

出身・ゆかりのある人物編集

脚注編集

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』304頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月11日閲覧。
  2. ^ 『都道府県別資産家地主総覧・千葉編』。

参考文献編集

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。

関連項目編集

外部リンク編集