釐公(きこう、紀元前?年 - 紀元前566年)は、春秋時代の君主。『春秋左氏伝』では僖公と表記。姓は姫、名は髠頑(こんがん)、または惲(うん)。

釐公 姫髠頑
公(周制による爵位は伯)
王朝
在位期間 紀元前571年 - 紀元前566年
都城 新鄭
姓・諱 姫髠頑(惲)
諡号 釐公
生年 不詳
没年 紀元前566年
成公

生涯編集

鄭の成公の子として生まれる。

成公4年(前581年)3月、成公が不在のため、公子班は新たに庶兄の繻(しゅ)を立てて鄭君とした。4月、鄭の人は繻を殺して髠頑を立てたため、公子班は許へ亡命した。5月、は鄭が新君を立てたと聞いて鄭を攻撃し、鄭の子罕(公子喜)の賄賂和平と子然の盟を受けてようやく成公を帰国させた。6月、成公は自分の不在中に新君を立てた者を討ち、叔申(公孫申)とその弟である叔禽を殺した。

成公14年(前571年)6月、成公が薨去したため、子罕(公子喜)が国政を代行し、子駟(公子騑)が行政を担当し、子国(公子発)が司馬となった。成公の死に乗じて晋の甯殖(甯恵子)が鄭に侵攻した。このとき大夫の多くが晋に附こうとしたが、子駟だけは反対した。その後、子の髠頑が立って鄭君(以降は釐公と表記)となった。

釐公元年(前570年)6月、釐公は・晋・と会合し、鶏沢(晋の地)において同盟した。

釐公3年(前568年)夏、釐公は子国を魯に遣わした。秋、釐公は晋・宋・・衛・魯・・莒・邾・・斉・と戚(衛の地)で会合した。

釐公5年(前566年)12月、宰相の子駟は釐公に朝見した際、釐公が答礼しなかったため、それに怒って釐公を毒殺させた。子駟は釐公の死を表向きに病死とし、その子の嘉を立てて鄭君(簡公)とした。

参考資料編集

先代:
成公
君主
前571年 - 前566年
次代:
簡公