本来の表記は「金沔」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

金 沔(きん べん、김 면(キム・ミョン)、1541年 - 1593年)は、李氏朝鮮中期の朱子学者、義兵長。本貫高霊、字は志海、号は松庵。文禄・慶長の役の李氏朝鮮三大義兵長に数えられる[1]

生涯編集

慶尚北道高霊出身。父は慶源府使金世文、母は金海金氏で判官金仲孫の娘。 李滉の下で朱子学を学び、多くの弟子を教え、薦挙されて参奉になったが辞退した。宣祖初年に趙穆・成渾・鄭逑などとともに遺逸として再薦挙され、工曺佐郞に任命されるも、また辞退した。文禄・慶長の役では、趙宗道郭䞭らと居昌高霊等で義兵を集め、挙兵した。文禄元年(1592年)7月7日~8日、牛脊峴戦闘小早川隆景の部隊を伏兵で撃退し[2]、初勝利を収め、晋州牧使金時敏知礼戦闘で敵兵10万人を撃退した。その功で陜川郡守となり、茂溪戦闘でも勝利した。9月には僉知事に任命され、11月には義兵大将の教書を受けた。当時湖南観察使に武器と食糧を要請した、回答がなく、自ら武器を修繕し、兵士を鼓舞して戦闘に臨み、湖南や嶺南の義兵長とともに4度に進兵しようとしたが叶わず、一人で兵を率い、高霊・金山・宣寧などを収めた。王が功績から、勤王(王の護衛)を命じたが、民衆が嫌がり、観察使金誠一が報告したため、本島を守護せよという教書が下った。1593年、慶尚右道兵馬節度使になり、忠清道全羅道の義兵を集め、錦山金泉に進駐した。善山で日本軍への攻撃準備時に、自らの死を知らせるなと言い残して、急病死した。多くの将兵が彼の遺命を奉じて新倉まで帰って来た後、彼の死を知り、皆が非常に悲しんだ。観察使金誠一が報告すると、王は悲しみ、兵曹判書兼知義禁府事を追贈し、高霊の道巌祠に祀られ、1607年に宣武原従功に記録され、吏曹判書が加増になった。強直な節義を持ち、文章より聖賢の本旨を心に刻んで実践に力を尽くした。特に二程(程顥と程頤)の文を好み、模範とした。 著書に《松庵實記》がある。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 김면 - 한국학중앙연구원
  2. ^ 朝鮮史編修会 編『朝鮮史. 第四編第九巻』〈朝鮮総督府〉530頁