金メダルへのターン!

金メダルへのターン!』(きんメダルへのターン!)は、1970年7月6日から1971年9月27日までフジテレビ系列局で放送されていたテレビドラマである。東宝フジテレビの共同製作[1]。全65話。

金メダルへのターン!
Tokyo Swimmimg Center 01.JPG
ドラマの舞台となった東京スイミングセンター
ジャンル テレビドラマ
原作 細野みち子
津田幸夫
脚本 馬島満
田波靖男
田村多津夫
上條逸雄
監督 長野卓
日高武治
児玉進
出演者 梅田智子
青木英美
小泉博
三ツ矢歌子
ほか
オープニング 「プールに賭けた青春」
製作
プロデューサー 野口光一
八百板勉
制作 東宝
フジテレビ
放送
放送国・地域日本の旗 日本
1970年7月から同年9月まで
放送期間1970年7月6日 - 1970年9月28日
放送時間月曜 19:00 - 19:30
放送枠フジテレビ月曜7時枠の連続ドラマ
放送分30分
1970年10月から1971年3月まで
放送期間1970年10月 - 1971年3月
放送時間木曜 19:00 - 19:30
放送枠フジテレビ木曜7時枠の連続ドラマ
放送分30分
1971年4月から同年9月まで
放送期間1971年4月5日 - 1971年9月27日
放送時間月曜 19:00 - 19:30
放送枠フジテレビ月曜7時枠の連続ドラマ
放送分30分
テンプレートを表示

概要編集

1969年4月から1970年5月まで少女フレンドに連載されていた、細野みち子・津田幸夫共作の同名漫画をドラマ化。水泳を通じてハードトレーニングや勝負の厳しさ、そして異性への憧れや青春時代の微妙な心理の葛藤などを盛り込みながら、 ミュンヘンオリンピック金メダルを獲得するという目標に向かって邁進する、ヒロイン・鮎子の成長を中心に描いた青春スポーツドラマ[2]豊島区東京スイミングセンターを舞台にした作品(ドラマ本編では「中央スイミングセンター」と設定されていた)。撮影スケジュールによっては、千葉県松戸市内のプール[3]日本大学櫻丘高等学校プールなどの各地もロケに使用された[4]

空中を飛んで全ての選手を追い越す「飛び魚ターン」をはじめ、渦を起こして両脇の選手を妨害する「渦巻きターン」、海門政美の「無呼吸泳法[4]、有田陽子の「風車ピッチ泳法[4]、日向の「ロケットターン」などの荒唐無稽な技が多数登場した。

放送時間編集

いずれも日本標準時

  • 月曜 19:00 - 19:30 (1970年7月6日 - 1970年9月28日、1971年4月5日 - 1971年9月27日)
  • 木曜 19:00 - 19:30 (1970年10月1日[5] - 1971年4月1日)

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

オープニングテーマ「プールに賭けた青春」
作詞:田波靖男、雨宮雄児 / 作曲:渡辺岳夫 / 編曲:竹村次郎 / 歌:佐々木早苗(第1話 - 第38話、テイチク)、堀江美都子(第39話以降、コロムビア
挿入歌「恋をした渚」
作詞:雨宮雄児 / 作曲:渡辺岳夫 / 編曲:竹村次郎 / 歌:佐々木早苗(第1話 - 第38話)、堀江美都子(第39話以降)

サブタイトル編集

(第1話~第32話はサブタイトル無し)

  • 第33話「恐怖の渦巻きターン!」 (1971年2月18日)
  • 第34話「うらみの傷あと」 (1971年2月25日)
  • 第35話「涙の強化合宿」 (1971年3月4日)
  • 第36話「がんばれ!キャプテン」 (1971年3月11日)
  • 第37話「危うし!全日本チーム」 (1971年3月18日)
  • 第38話「暁の対決」 (1971年3月25日)
  • 第39話「決戦!日米豪」 (1971年4月1日)
  • 第40話「激闘の選手権」 (1971年4月5日)
  • 第41話「飛び出せ背面ジャンプ」 (1971年4月12日)
  • 第42話「メドレーへの挑戦」 (1971年4月19日)
  • 第43話「二回転トビウオターン」 (1971年4月26日)
  • 第44話「新たなるライバル」 (1971年5月3日)
  • 第45話「強敵・ワールド!」 (1971年5月10日)
  • 第46話「華々しき大レース」 (1971年5月17日)
  • 第47話「熱戦!三強豪」 (1971年5月24日)
  • 第48話「火花を散らす個人メドレー」 (1971年5月31日)
  • 第49話「運命の糸」 (1971年6月7日)
  • 第50話「勝利への驀進」 (1971年6月14日)
  • 第51話「頑張れ!全日本選手権」 (1971年6月21日)
  • 第52話「狙え!金メダル」 (1971年6月28日)
  • 第53話「はばたけ!世界へ」 (1971年7月5日)
  • 第54話「プールに賭けた青春」 (1971年7月12日)
  • 第55話「水着に秘めた恋」 (1971年7月19日)
  • 第56話「モーレツ!鬼監督」 (1971年7月26日)
  • 第57話「合宿大作戦」 (1971年8月2日)
  • 第58話「裸の反抗」 (1971年8月9日)
  • 第59話「ビキニ大騒動」 (1971年8月16日)
  • 第60話「わたしは負けない」 (1971年8月23日)
  • 第61話「涙のゴールイン」 (1971年8月30日)
  • 第62話「ガンバレ!水泳日本」 (1971年9月6日)
  • 第63話「勝利への団結」 (1971年9月13日)
  • 第64話「驚異の空中回転ターン」 (1971年9月20日)
  • 第65話「栄光の金メダル」 (1971年9月27日)

放送局編集

脚注編集

  1. ^ 脚本「金メダルへのターン」詳細情報 - 脚本データベース”. 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム(出典:国立国会図書館). 2015年6月3日閲覧。
  2. ^ 1970年7月6日 京都新聞朝刊テレビ欄 本作の紹介記事より。
  3. ^ 近代映画近代映画社)1971年2月号 p,90 - 91「『金メダルへのターン!』出演者座談会」
  4. ^ a b c 近代映画 1970年10月号 p,77 - 78
  5. ^  1970年10月1日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  6. ^ 北海道新聞』(縮刷版) 1971年(昭和46年)6月 テレビ欄。
  7. ^ 『河北新報』1971年10月24日付朝刊、テレビ欄。
  8. ^ 『河北新報』1971年8月23日付朝刊、テレビ欄。
  9. ^ 『河北新報』1970年10月1日、1971年8月23日付朝刊、テレビ欄。
  10. ^ 『福島民報』1970年8月3日、1971年4月1日、1971年9月27日付朝刊、テレビ欄。
  11. ^ 1970年7月6日、10月1日、1971年4月1日、4月5日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  12. ^ a b 北國新聞』1970年7月6日 -1971年4月5日付各朝刊テレビ欄より。
  13. ^ 『中国新聞』1970年10月15日付朝刊、テレビ欄。

外部リンク編集

フジテレビ系列 月曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
親子を合わせるベシ!
(1970年4月6日 - 1970年6月29日)
金メダルへのターン!
(1970年7月6日 - 1970年9月28日)
のらくろ
(1970年10月5日 - 1971年3月29日)
フジテレビ系列 木曜19:00枠
コント・デ・勝負!
(1970年7月2日 - 1970年9月24日)
金メダルへのターン!
(1970年10月 - 1971年3月)
さすらいの太陽
(1971年4月8日 - 1971年9月30日)
フジテレビ系列 月曜19:00枠
のらくろ
(1970年10月5日 - 1971年3月29日)
金メダルへのターン!
(1971年4月5日 - 1971年9月27日)
レモンの天使
(1971年10月4日 - 1972年3月27日)