メインメニューを開く

金井 圓(かない まどか、1927年6月5日 - 2001年7月7日)は、日本の歴史学者。専攻は日本近世史。特に近世から近代にかけての対外交流史関係の著作が多い。

経歴編集

長野県東筑摩郡里山辺村松本市)出身。旧制岡谷市立中学(現在の長野県岡谷南高等学校)を経て、1948年旧制松本高等学校文科乙類卒業、1951年東京大学文学部国史学科卒業。1956年同大学院人文科学研究科中退。1951年東京大学史料編纂所に入所、1962年助手、1971年助教授、1976年教授、1987年「日蘭交渉史の研究」で東大文学博士。1988年定年退官、名誉教授。

著書編集

共著編編集

  • 『日本歴史の図鑑』 児玉幸多下川逸雄共著 小学館 学習図鑑シリーズ 1956
  • 『総合地方史大年表』 岡山泰四共編 人物往来社 1967
  • 『神奈川の写真誌』全5巻、石井光太郎共編 有隣堂 1970-1971
  • 『日本の社会文化史 総合講座 2 封建社会』責任編集 講談社 1974
  • 『わが父はお雇い外国人』 吉見周子共編著 合同出版 1978
  • 松本城-その歴史と見どころ』編著 名著出版 1984

訳書編集