メインメニューを開く
金井清

金井 清(かない きよし、1884年12月7日[1] - 1966年4月26日)は長野県出身の官僚政治家太平洋戦争前は鉄道官僚を歴任し、戦後に長野県諏訪市長を通算2期務めた。

人物編集

長野県諏訪郡上諏訪町(現在の諏訪市上諏訪)に生まれる[2]。諏訪郡立実科中学校(現長野県諏訪清陵高等学校)、東京府立第一中学校(現東京都立日比谷高等学校)を経て、1903年第一高等学校に入学。3年次在学中の1905年市河三喜に代わって動物学者のアンダーソンと行動をともにし、1906年にも協力する[2]。1905年にアンダーソンに随行した際に、奈良県東吉野村鷲家口で、最後のものとされるニホンオオカミの捕獲個体(ただし猟師によりすでに殺されていた)に立ち会っている[注 1]

1907年、第一高等学校 を卒業し[2]東京帝国大学法科大学に入学。1911年、法科大学政治学科を卒業した[1]。同年、高等文官試験に合格し、鉄道院(1920年より鉄道省)に入省して書記となった[1]。その後、鉄道院副参事、鉄道院参事を歴任した[1]

1923年、鉄道省参事官だった金井は関東大震災からの復興を目的として設立された帝都復興院に出向、帝都復興院書記官総裁官房事務取扱[3]復興局文書課長に任じられた[1][注 2]。1925年に鉄道省に復帰して書記官・監督局業務課長を務めた[1]。その後、朝鮮総督府鉄道局参事を兼任し、6年にわたって北京上海に駐在した[4]1932年、鉄道監察官を最後に退官した[5]

退官後は南満州鉄道株式会社哈爾浜建設事務所長、哈爾浜取引所理事、日仏対満事業公司常務理事、中支那振興株式会社理事、太平洋協会参与を歴任した[4][5]

戦後、1945年 - 1947年に諏訪市長となり、一時公職追放となる[6]が、追放解除後の1952年 - 1955年まで再び諏訪市長に就任した。

市長退職後は再び鉄道界に入り、1966年4月26日に没した時は社団法人世界貿易センター理事であった[2]

著書編集

論文編集

  • 金井清 (1939), “日本で捕れた最後のニホンオオカミ”, 満州生物学会会報 (満州生物学会) 2 (2): 19-20 

親族編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 金井は1938年に中支那振興株式会社の理事に就任して立川飛行場から軍用機で上海に向かう途中、「奈良県の上空でふと下を見下すと杉林の密林である。その時33年前此の杉林の中の鷲家口の宿に、M.P.アンダーソンと共に二週間ばかり滞在して多くの動物を採集した事を思い出した」(金井清 1939)という(上野益三 1969)。
  2. ^ 金井と同じ鉄道省参事官であった十河信二(戦後、第4代日本国有鉄道総裁)も同時に帝都復興院書記官(三等) ・総裁官房に任じられている(大阪朝日新聞 1923)。「従って、復興局の要職中、整地部・建築部以外は殆んど鉄道省出身に占められて仕舞った。中にも大田(太田?)、十河、金井」のコンビ勢力が最も強大、という状態であった(松浦茂樹 2012)。1924年8月の復興局疑獄事件で十河信二が逮捕され、再審で無罪となるも1926年に退職し、南満州鉄道理事、興中公司社長を歴任した(満州日報 1935)。疑獄事件ではほかに太田圓三が自殺する事態となった。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 大衆人事録 1930.
  2. ^ a b c d 上野益三 1969.
  3. ^ 大阪朝日新聞 1923.
  4. ^ a b c 人事興信録 1941.
  5. ^ a b 人事興信録 1937.
  6. ^ 公職追放の該当事項は「中支那振興理事」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、210頁。NDLJP:1276156 

参考文献編集

  • 松浦茂樹 (2012), “直木倫太郎と帝都復興事業 : 大阪都市計画事業から東京震災復興事業へ”, 国際地域学研究 (東洋大学国際地域学部) 15: 197-234, ISSN 1343-9057, NAID 40019326558, http://iss.ndl.go.jp/books/R000000025-I001674049-00 

関連項目編集