金光佑治

日本の実業家、元プロボクサー、競艇選手

金光 佑治(かねみつ ゆうじ、1984年5月14日 - )は、元プロボクサーで第22代日本ミニマム級王者。プロボクサー時代は六島ボクシングジム所属で「堺のダイナマイトキッド」の愛称で親しまれた。のちに日本競艇選手に転じ活躍。登録番号4721。登録期111期。大阪府堺市出身。

金光 佑治
基本情報
本名 金光 佑治
通称 堺のダイナマイトキッド
階級 ミニマム級
身長 163cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1984-05-14) 1984年5月14日(36歳)
出身地 大阪府堺市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 14
勝ち 12
KO勝ち 7
敗け 2
テンプレートを表示
金光佑治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市
生年月日 (1984-05-14) 1984年5月14日(36歳)
身長 162cm
体重 52kg
血液型 O型
競艇選手情報
所属 大阪支部
登録番号 4721
登録期 111期
級別 B2級
選手実績
デビュー日 2012年11月19日
選手引退日 2019年11月
通算勝利 出走731回 1勝
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

来歴編集

ボクサー時代編集

高校1年生の時に六島ジムに入門。アマチュアボクシングでの1勝は久高寛之との対戦によるものであった。

高校卒業直後にプロデビューを果たし、2003年4月14日、大阪府立体育会館でのプロデビュー戦に初回KO勝利を収めた。2005年9月3日、西日本フライ級新人王トーナメント決勝戦で奈須勇樹に初回KO負けを喫して初黒星を喫し、この後1年間リングから遠ざかった。

2007年4月28日、六島ジムの先輩・名城信男の初防衛戦を控えて帝拳ジムで行われた公開練習では名城と2R、アレクサンデル・ムニョスと3Rのスパーリングパートナーを務めた。同年7月14日、尼崎アルカイックホールで日本ミニマム級9位・元世界ランカーの松本博志ライトフライ級8回戦を行い、6R2-0の負傷判定勝利で日本ミニマム級にランク入りを果たした。同年11月28日、利幸トーレスとの8回戦では中盤に鼓膜を損傷したもののスタミナを生かして後半勝負の戦略通りに戦い、最終8RにTKO勝利を収めて王座獲得への意欲を語った[1]

2008年3月16日、松下IMPホールで日本ミニマム級4位・OPBF同級10位としてWBA同級11位・元1位のエリベルト・ゲホンと対戦。1日に結膜炎を発症して実戦練習に集中できないまま初めての10回戦を迎えたが、長身のゲホンのジャブに苦戦しながら徹底したボディ攻撃と手数で2-1の判定勝利を収めた[2]。しかし同年10月25日にWBAミニマム級10位としてWBCライトフライ級8位の國重隆と世界ランカー対決10回戦を行い、0-3の判定負けを喫して世界ランクを失った。

2009年3月21日、自身初の後楽園ホール黒木健孝の返上により空位となっていた日本ミニマム級王座を日本タイトル挑戦権獲得トーナメントの覇者でWBC18位の辻昌建と争った。ミニマム級までウェイトを落としての試合も自身初で、1月には名城のグアムキャンプにも同行して練習を積んだ。6Rにはヒッティングで右目上をカットし、8Rには傷が悪化してドクターチェックを受けたが、最終10R、再起戦にしてKO勝利を収め新王者となった[3]。この勝利によりOPBFのランクも6位から2位へ上昇した。

試合後、辻は病院へ搬送されて手術を受けたが3月24日に亡くなり、金光は控室で頭痛吐き気など容態の悪化を訴えて別の病院へ搬送され、精密検査を受けた。翌日には大阪でも再検査を行い、頭部CTMRI像に硬膜下血腫が認められたため、JBC医事規則によりボクサーライセンスが自動的に失効。引退勧告[4]に従い、5月12日に現役引退を表明し、後日王座を返上した。

ボートレーサー転身後編集

その後、競艇選手への転向を目指す[5]。競艇選手を選んだ理由は、恩師に「ボクシングと同様に減量が重要なので、ボクサー時代の経験が活かせる」と説かれたことが大きかったという[6]。同年12月28日にはやまと学校の競艇選手養成員試験に合格した[7]。しかし、この時は両眼網膜剥離の診断を受け、入学を断念した。2011年の再受験で改めて合格し、2012年11月、プロデビュー[8][9][10]。デビュー戦は転覆失格となった[11]。同期には金光と同じく他のスポーツ(学生野球選手)から転向した安河内将らがいる。

2016年6月23日、多摩川競艇場に於いて第1レースに出場し、1号艇から逃げ切り初1着となる。404戦目にして水神祭を迎えた。しかし、最終的にこの勝利が競艇選手としてのキャリアにおける唯一の勝利となってしまった[6]

なお、プロボクサーから競艇選手に転向した選手は、金光の他にも1期下で112期の西尾亮輔がいる。

2019年11月4日の住之江競艇場でのレースを最後に引退。

ボートレーサー引退後編集

引退後、2020年3月にマッサージ施行者として大阪府堺市リラクゼーションサロン『ほぐし屋KID』をオープン[12]。引退の2年前ぐらいから、引退後を見据えてリラクゼーションの技術を学んでいたという[6]

戦績編集

ボクシング編集

  • アマチュアボクシング:1戦1勝無敗
  • プロボクシング:14戦12勝 (7KO) 2敗 (1KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2003年4月14日 勝利 1R 1:30 KO 藤原雄也   日本
(SFマキ)
プロデビュー戦
2 2003年8月29日 勝利 2R 1:13 TKO 武政義明   日本
(武蔵ヨシヤマ)
3 2004年5月2日 勝利 4R 1:04 TKO 宮本英哲   日本
(陽光アダチ)
4 2004年6月26日 勝利 4R 判定3-0 池田寛   日本
(レンゴー)
5 2005年6月5日 勝利 1R 1:30 KO 山本剛詞   日本
(守口東郷)
6 2005年7月31日 勝利 4R 2:42 TKO 宮口正春   日本
(神拳阪神)
7 2005年9月3日 敗北 1R 1:56 KO 奈須勇樹   日本
(グリーンツダ)
西日本フライ級新人王トーナメント決勝戦
8 2006年8月27日 勝利 6R 判定2-0 姜尚希   日本
(大阪帝拳)
9 2007年3月11日 勝利 6R 判定3-0 清水祐司   日本
(正拳)
10 2007年7月14日 勝利 6R 2:17 負傷2-0 松本博志   日本
(角海老宝石)
11 2007年11月26日 勝利 8R 1:40 TKO 利幸トーレス   日本
(大鵬)
12 2008年3月16日 勝利 10R 判定2-1 エリベルト・ゲホン   フィリピン
13 2008年10月25日 敗北 10R 判定0-3 國重隆   日本
(大阪帝拳)
14 2009年3月21日 勝利 10R 1:09 KO 辻昌建   日本
(帝拳)
日本ミニマム級王座決定戦
テンプレート

獲得タイトル編集

  • 第22代日本ミニマム級王座(防衛0)

競艇編集

  • 通算731走1着1回、3着5回

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 名城復帰戦 KOで飾る 西日本ボクシング協会 ボクシングニュース 2007年11月28日閲覧
  2. ^ 金光(六島) 世界ランカーに判定勝ち 西日本ボクシング協会 ボクシングニュース 2008年3月17日閲覧[リンク切れ]
  3. ^ 金光KO 日本ミニマム級王座奪取 スポーツ報知 2009年3月22日閲覧
  4. ^ 日本ボクシングコミッション 告示 2009年4月30日付 日本ボクシングコミッション
  5. ^ ボクシング日本王者・金光が引退 産経新聞 2009年5月12日閲覧 [リンク切れ]
  6. ^ a b c サンテレビ「ボートの時間!」#225「ボートレーサーセカンドライフ」2020年7月19日放送 - ボートの時間!公式チャンネル
  7. ^ ボクシング元日本王者が競艇学校合格 スポーツ報知大阪版 2009年12月29日閲覧 [リンク切れ]
  8. ^ All about BOAT RACE 第2回 ボートレーサーを目指し歩み始めたアスリートたち”. BOAT RACE振興会 (2011年). 2012年5月31日閲覧。
  9. ^ やまと学校において入学式が行われる「第111期選手養成訓練入学式」”. やまと学校 (2011年10月7日). 2012年5月31日閲覧。
  10. ^ “元東洋太平洋Sフライ級王者・藤本りえ、ボートレーサー目指す”. スポーツ報知. (2012年5月26日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20120525-OHT1T00235.htm 2012年5月31日閲覧。 
  11. ^ ボクシング元王者金光は転覆 デイリースポーツ 2012年11月20日
  12. ^ ‪【2020.3/1オープン!!】元”ボクシング日本王者”にチャンピオンベルトを眺めつつ施術してもらえる『ほぐし屋KID』堺区・堺東にオープンしました!!さかにゅー 2020年3月8日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
黒木健孝
第22代日本ミニマム級王者

2009年3月21日 - 2009年5月(返上)

空位
次タイトル獲得者
八重樫東