金光 弥一兵衛(かなみつ やいちひょうえ[注釈 1]1892年3月30日 - 1966年12月25日)は日本柔術家柔道家講道館9段・大日本武徳会柔道教士)。

かなみつ やいちひょうえ
金光 弥一兵衛
Yaichibē Kanemitsu.jpg
生誕 (1892-03-30) 1892年3月30日
岡山県岡山市
死没 (1966-12-25) 1966年12月25日(74歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 大日本武徳会武術教員養成所
職業 柔道家
著名な実績 明治神宮競技大会柔道競技優勝
流派 講道館8段
大日本武徳会(柔道教士)
肩書き 旧制第六高等学校柔道師範
全日本柔道連盟理事・評議員
中国柔道連盟審議員
岡山県柔道連盟会長 ほか

柔術各派や大日本武徳会にて柔道を修行して明治神宮競技大会柔道競技優勝という実績を残す傍ら、大正期から昭和初期にかけ旧制第六高校において柔道を指導し弟子たちと共に膝十字固三角絞を生み出すなど高専柔道の発展に大きく貢献し、寝技の大家としてその名を知られた。

経歴編集

岡山県岡山市の出身。かつて岡山藩では池田家起倒流を、分家の天城池田家竹内流を公式の柔術として採用し互いに技を競い合った関係で岡山の地には両流派が根付いており、金光は少年時代より起倒流を岸本重太郎に、竹内流を今井行太郎に学んだ[3]。 岡山中学校(現・県立岡山朝日高校)中退のち東京順天中学校(現・順天高校)を経て[4][5]、卒業後は大日本武徳会武道専門学校の前身となる武術教員養成所で永岡秀一田畑昇太郎(両者共のち講道館10段)らに師事[3]講道館への記録上の入門は1910年9月で48日後に初段を許されると、翌11年12月に2段、更に半年後の1912年5月には紅白試合で抜群の成績を収めて3段位に列せられており[4]、この異例の昇段スピードからは金光が少年時代より学んだ柔術によって確実にその地力が培われていた事が窺える[3]

卒業後は遼東半島に渡って旅順警察講習所教務に就いたが、程なく帰国して東京帝国大学農科大学第一高等学校(いずれも現・東京大学)の柔道教師となり、次いで広島高等師範学校(現・広島大学)や附属中学広島広陵中学校県立商業学校にて柔道師範を務めた[3]。この間、1916年1月に4段、1919年5月に5段を講道館から許され、1920年5月に大日本武徳会の柔道教士号を拝受している[5]。 同年8月には郷里の岡山に戻り、当時岡山医科大学旧制第六高校(いずれも現・岡山大学)、岡山県警察部にて後進の指導をしていた岡野好太郎名古屋旧制第八高校(現・名古屋大学)に転出した後釜として、金光がこの任に当たる事となった[3]

 
多くの俊英を輩出した旧制六高柔道場は現存している
 
旧制松山高校との試合で三角絞を繰り出す旧制六高選手

当時の講道館柔道では立技が圧倒的に重要視されていた潮流にあって金光は起倒流の流れを汲む寝技を六高柔道部員達に叩き込み、この中から一宮勝三郎、桜田武早川勝、山沢準三郎、佐々木吉備三郎らの逸材を輩出[6]旧制第二高校(現・東北大学)の師範を務めて旧制第一高校との対抗試合では二高を大勝に導き指導者して名を馳せた小田常胤と共に、いつしか寝技において“東の小田、西の金光”と称されるまでになっていった[6]。 金光は師範に就任して間もない1921年7月の第8回全国高専大会において、同大会7連覇により勇名を轟かせ第8回大会では更に小田常胤をコーチに据えて「死んでも勝つ」と8連覇を意気込む旧制第四高校(現・金沢大学)に対し、金光率いる六高は「美しく勝つ」をモットーに打倒四高を誓って大会に臨み、両校は大会の準決勝戦で激突する事となった[6]。 事実上の決勝戦との下馬評で午後3時から始まったこの試合は、六高側が繰り出した新技の膝十字固(当時は“足の大逆”と呼ばれた)を発端として半ば乱闘騒ぎとなり、この技の取り扱い[注釈 2]を巡って協議のため数時間の中断があったほか、大将決戦では六高・早川昇初段[注釈 3]と四高・里村楽三2段との試合が延長に次ぐ延長で1時間40分にも及んだため、準決勝試合が終わったのは日付が変わった深夜1時30分であった[6]。 日本最長記録と言われるこの試合の結果は主審の磯貝一の裁定により引き分けとなり、大会規則に従って両校とも決勝進出は叶わず、もう一方の準決勝戦を勝ち上がっていた旧制五高(現・熊本大学)が漁夫の利を得て不戦の優勝を飾っている[6]

また、金光の代名詞とも言える絞技の逸品・三角絞(当時は“松葉固め”や“三角緘み”、“三角逆”とも言った)が生み出されたのもこの頃であった。 その起源については諸説あるが、早川勝ら当時神戸一中の数人の学生と六高の一宮勝三郎が、六高OBの高橋徳兵衛が用いた“挟み逆”という技をヒントに考案し、師範の金光らが研究・改良を重ねて実戦で使えるレベルに仕上げた、というのが定説となっている[6]。 実際に1921年11月に武徳会兵庫支部主催の県下中学校柔道大会で神戸一中の主将・早川が、準決勝戦で県立商業中学の主将・足立を、決勝戦では御影師範学校の主将・沼田を立て続けにこの技で破って有効性を実証[6]。その噂は遠く四国にも伝わり、のちには松山高校の岸川大事らがこの技に長じている。 1922年には早川勝が六高に入学し、直後7月の第9回全国高専大会で金光率いる六高は念願の初優勝を飾ると[注釈 4]、以後1929年の第16回大会まで8連覇を成し遂げて黄金時代を築いた。 他校では三角絞に対する防御法(旧制第八高校の金津尚二が編み出したため“金津式防御法”と呼ばれた)が研究・開発されたりもしたが、六高の大山正省(のち香川県柔道連盟会長)や堀部道輔らが三角絞に更なる改良を重ねてこの技を完成させている[3]

講道館での昇段歴
段位 年月日 年齢
入門 1910年9月5日 18歳
初段 1910年10月23日 18歳
2段 1911年12月15日 19歳
3段 1912年5月19日 20歳
4段 1916年1月9日 23歳
5段 1919年5月25日 27歳
6段 1926年12月15日 34歳
7段 1933年6月1日 41歳
8段 1937年12月22日 45歳
9段 1948年5月4日 56歳

金光は1923年に嘗ての恩師である岸本重太郎が興した玄武館を踏襲する形で玄武館中央道場(のち玄友会道場)を岡山市内山下に設立し、県内各地に支部を置いて3万人にものぼる門人を育てた。出身者には大島耐二、大蝶美夫、野上智賀雄、西田亀など、後年に昭和天覧試合全日本選士権大会で活躍する若者達がいた[3]。 一方で1924年明治神宮外苑道場で第1回明治神宮競技大会が開催されると金光は選手として壮年組に出場、決勝リーグ戦では山内一夫5段を送襟絞に、新免純武5段を横四方固に降した。続く優勝試合で東京高師師範の橋本正次郎5段と相見えると、「立って橋本、寝て金光」の下馬評で始まった試合は両者互いに譲らず規定時間の10分と延長戦10分を終えても決着はつかなかった[8]。主審の永岡秀一が引き分けを宣せんとしたが、熱狂渦巻く観衆からの「続けてやるべし」「断じて引き分けるな」という怒号に押される形で試合は2度目の延長戦に突入。2度目の延長も時間一杯になろうとした時、金光の渾身の大内刈に不覚を取った橋本は横向きに倒れ込み、金光は続け様に上四方固に抑えて一本勝を収めた[注釈 5]。この優勝により、身長160cm・体重75kgと決して大柄とは言えない体躯ながら金光は高専柔道の寝技の実力を講道館を中心とした当時の柔道界に示し、悠々の凱旋を果たしている。 金光は寝技を会得するメリットとして「寝技が強いと思い切った立技を掛ける事ができるが、反対に相手が寝技に優れていると、掛け損なった場合を案じて技が鈍る恐れがある」と述べている[6]

 
岡山柔道界の大御所であった金光

その後1940年6月に開催された紀元二千六百年奉祝天覧武道大会では特選演武に抜擢されて御前で模範乱取を行う光栄に浴し[注釈 6]戦後1947年より岡山県技官として岡山県警察部(のち岡山県警察)の警察官および岡山刑務所刑務官の育成を任ぜられ、倉敷レイヨン岡山工場の柔道講師も務めた[2]。これら柔道界に対する永年の功績が認められて1948年5月には9段位を允許[2]。私設道場の玄友会会長として後進の指導にを流す傍らで、公には全日本柔道連盟理事・評議員や中国柔道連盟審議員、岡山県柔道連盟会長といった要職を歴任し[10]、また合間を見て『柔道の本義(1953年刊)』『岡山県柔道史(1958年刊)』等の著書も残した。 このように岡山県柔道界の重鎮として知られた金光であったが、講道館70周年の募金問題に絡んで弟子達の造反に遭い、また全日本柔道連盟の規定に反して玄友会独自の段位を発行していた事を通報されてこれが明るみに出ると、連盟の下した処分として金光の各連盟での役職は全て解任となり、徐々に柔道界で孤立してしまう事となった[3][6][10][注釈 7]

1966年に74歳で永眠[1]。人生を柔道のために捧げた金光にとって晩年は思わぬ形で寂しいものになったが、それでも同年に勲五等双光旭日章日本国政府より受章し、また没後10年以上を経た1978年に岡山県柔道連盟の有志らによって金光の功績を讃える銅像とプレートが岡山武道館に掲げられた事が救いであった。 柔道評論家のくろだたけしは雑誌『近代柔道』の特集の中で「その業績からいって当然10段になるべき人であったが、ならずに逝った事は柔道界のためにも惜しまれる」と述べている[3]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 文献によっては、姓の読みについて“かみつ”としているもの[1]、名の読みについて“やいちべい”ないし“やいちべえ”としているものもあるが[1][2]、金光の自著『旺文社スポーツ・シリーズ 柔道』に拠れば正しくは“かなみつ やいちひょうえ”である。
  2. ^ 四高側が禁止技の足緘と同じ技だと主張するのに対し、六高側は足緘とは別の技で禁止技には該当せず、その証拠に審判の磯貝一もこれを認めていると主張[6]
  3. ^ 早川勝の4歳上の実兄であり、のちに北海道柔道連盟会長を務めた。最終段位は講道館8段。王子製紙の専務を務めるなど実業家としても活躍した[7]
  4. ^ ただし六高はこの大会では三角絞は用いず、技が初めて公式戦で使用されたのは同月下旬に開催された大日本武徳会主催の青年演武大会で、六高「六華会」の選手として出場した早川勝早大「大化会」の田中正二3段を寝技に引き込んで三角に極めたのが初めてであった。のちに試合規定が変更され、寝技への引き込みが禁止されるきっかけの1つとなった試合とも言われている[6]
  5. ^ この試合は照明設備の乏しい明治神宮外苑道場で夕暮れ時に行われたため、永岡主審の「抑え込み!」の声が掛かっても観客はどちらが抑え込んだのか暗くて判らず、会場は混乱したようである。また橋本はこの抑え込みで肋骨を骨折したとの説もあるが、真偽は不明[8]
  6. ^ 1940年の昭和天覧試合柔道競技は府県選士、指定選士、篤志家試合、特選演武、形の5種が実施された。このうち特選演武に抜擢されたのは金光8段(49歳)および天野品市8段(57歳)、中野正三8段(53歳)、安芸清利8段(51歳)の4名で、金光-天野と中野-安芸による乱取がそれぞれ行われている[9]
  7. ^ 段位発行問題に関しては、まず1959年1月に嘗ての門下生である玉島市柔道連盟会長の新海肇6段から全日本柔道連盟へその旨の密告があった。これを受けて全柔連理事会では、事実であれば「加盟団体に属する者の段位は講道館発行のもの」と定めた連盟規約第15条に抵触する案件として専門委員会による調査を行い、その密告内容が事実である事の確認を行った。同年5月4日に全柔連、中国柔道連盟および金光との間で話し合いが行われ、6月末迄に金光が善処する事を条件に円満解決とする方針が一旦は了解された(あくまでも全柔連側の弁)が、6月29日付で金光側から嘉納履正全柔連会長宛に手紙が届き、その中には「玄友会は今日まで種々の歩み寄りを提示してきたにも拘らず、貴連盟より何ら妥協案を示されなかった事は真に遺憾であり、折衝の打ち切りを提案する」「玄友会はいずれの上武組織にも属さない独立団体であり、全柔連の規約に関して一切の制約を受けるものではない」と綴られていた。全柔連理事会では期限を延長して7月末迄に全柔連の線に協調するよう呼び掛けるも、金光はこれに応じず、結局両者は喧嘩別れする形となってしまった[10]

出典編集

  1. ^ a b c 山縣淳男 (1999年11月21日). “金光彌一兵衛 -かねみつやいちべい”. 柔道大事典、101頁 (アテネ書房) 
  2. ^ a b c 工藤雷介 (1965年12月1日). “九段 金光弥一兵衛”. 柔道名鑑、6頁 (柔道名鑑刊行会) 
  3. ^ a b c d e f g h i くろだたけし (1984年1月20日). “名選手ものがたり51 金光弥一兵衛9段 -師弟共同で三角絞めを発明した寝技の大家-”. 近代柔道(1984年1月号)、66頁 (ベースボール・マガジン社) 
  4. ^ a b 三宅悦次 (1980年1月3日). “かなまつやいちひょうえ -金光弥一兵衛”. 岡山県大百科事典(上)、637頁 (山陽新聞社) 
  5. ^ a b 野間清治 (1934年11月25日). “柔道教士”. 昭和天覧試合:皇太子殿下御誕生奉祝、800頁 (大日本雄弁会講談社) 
  6. ^ a b c d e f g h i j k 工藤雷介 (1973年5月25日). “学生柔道の伝統”. 秘録日本柔道、255-262頁 (東京スポーツ新聞社) 
  7. ^ くろだたけし (1985年11月20日). “名選手ものがたり72 早川昇・勝兄弟 -そろって8段で財界人の異色の兄弟-”. 近代柔道(1985年11月号)、80頁 (ベースボール・マガジン社) 
  8. ^ a b 松本鳴弦楼 (1956年5月15日). “暗夜の固め技、肋骨をブチ折る”. 柔道名試合物語、66-73頁 (河出書房) 
  9. ^ 工藤雷介 (1973年5月25日). “天覧試合と名勝負”. 秘録日本柔道、214頁 (東京スポーツ新聞社) 
  10. ^ a b c 講道館編集部 (1959年10月1日). “金光九段の段発行問題”. 機関誌「柔道」(1959年10月号)、43-45頁 (財団法人講道館) 

関連項目編集