金剛 右京(こんごう うきょう、明治5年10月21日1872年11月21日[1] - 昭和11年(1936年3月27日)は、シテ方金剛流能楽師

概要編集

東京麻布飯倉生まれ[2]。金剛流宗家(坂戸金剛家)二十三世。幼名は鈴之助、名は氏慧(うじやす)。父は宗家二十二世金剛泰一郎兵衛氏善。明治17年(1884年)に祖父金剛唯一が死去、父も精神を患い明治20年(1887年)に没し、若年で宗家を背負うこととなった。明治25年(1892年)から京都で弟子筋の金剛謹之輔の指導を受ける。明治37年(1904年)に東京へ帰還して流派の再興を図るが、度重なる不運にみまわれた。芸風は大胆華麗と評され、金剛流独自の離れ技を得意とした。

継嗣が無かったことから、昭和10年(1935年)家伝の三井家(北家)に譲り渡し(現在は三井記念美術館所蔵の重要文化財)、流派断絶を遺言して死去した。

脚注編集

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク)
  2. ^ 金剛右京 コトバンク 2018年7月9日閲覧。

参考文献編集

  • 『講談社日本人名大辞典』 講談社、2001年