メインメニューを開く

10代目 金原亭 馬生(きんげんてい ばしょう、1928年昭和3年〉1月5日 - 1982年〈昭和57年〉9月13日)は、東京市出身の落語家である。本名、美濃部 清(みのべ きよし)。

10代目 金原亭(きんげんてい) 馬生(ばしょう)
本名 美濃部 清
生年月日 1928年1月5日
没年月日 (1982-09-13) 1982年9月13日(54歳没)
出身地 日本の旗 日本東京市豊多摩郡和田堀町方南[1][2]
師匠 5代目古今亭志ん生
名跡 1. 4代目むかし家今松(1943年 - 1944年
2. 初代古今亭志ん朝(1944年 - 1947年
3. 4代目むかし家今松(1947年 - 1948年
4. 古今亭志ん橋(1948年 - 1949年
5. 10代目金原亭馬生(1949年 - 1982年)
出囃子 『鞍馬』
『一丁入り』
活動期間 1943年 - 1982年
活動内容 古典落語
家族 父:5代目古今亭志ん生
弟:3代目古今亭志ん朝
長女:池波志乃
孫:金原亭小駒
所属 落語協会
受賞歴
芸術選奨新人賞1969年
文化庁芸術祭優秀賞(1973年
備考
落語協会副会長(1978年 - 1982年)

目次

来歴・人物編集

豊山第二中学校(旧制私立豊山中学校定時制)を中退した後、当時の中学生の憧れの一つであった予科練を志していたが、体調が悪化したことにより断念する。の病気の発見がやや遅れ、駒込の病院で大手術を施された。

退院すると死生観の変化により予科練志願の心は消え、落語家になろうと思い立つ。1942年8月、父・5代目古今亭志ん生に入門し、4代目むかし家今松を名乗る。当時は落語家が足りなかったため、二つ目として落語家人生をスタートさせた。1944年頃、初代古今亭志ん朝と改名。1945年4月、終戦直前になって父・志ん生が満州慰問に出てしまったため、苦労を重ねる。

1947年1月、父・志ん生が帰国。同年には再び今松を名乗る。1948年真打昇進し、古今亭志ん橋を襲名。1949年10月、10代目金原亭馬生を襲名した。父・志ん生からはあまり噺の稽古をつけてもらえなかったため、他の師匠から稽古を受けたり、独流で噺を練り上げたりすることで独自の芸風を磨き続け、三遊派柳派両派のネタを多く持った。また、人情噺などのじっくり聴かせる噺に本領を発揮し、独自の芸風を確立した[3]

書画は本職並みで、酒仙でもあった。また、私生活では噺家らしく和服を貫いていた。志ん生の長男である馬生が「志ん生」の名跡を継ぐのが筋であったが、弟・3代目志ん朝に継がせたい父・志ん生の意を汲み、「志ん生」の名跡は弟・志ん朝に継がせると父・志ん生に申し出ていた[4]

1969年芸術選奨新人賞を受賞。1973年には文化庁芸術祭優秀賞を受賞する。1978年から1982年まで落語協会副会長を務めた。

1982年9月13日、食道がんのため死去。54歳没。

年表編集

5代目古今亭志ん生一家の戦前の履歴は諸説あるが、この年表は『総特集古今亭志ん生』〈KAWADE夢ムック文藝別冊〉204 - 207頁に掲載の年表を底として作成した。なお、年表内に記した住所の旧居はいずれも現存しない。

  • 1928年昭和3年)1月5日 - 東京市豊多摩郡和田堀町方南71(現:杉並区方南)にて出生[1][2]
    • 4月 - 本所区業平橋1丁目12(現:墨田区業平1丁目、いわゆる「なめくじ長屋」)へ転居。
  • 1936年(昭和11年)2月26日 - 浅草区永住町(現:台東区元浅草)へ転居。
  • 1937年(昭和12年)8月 - 本郷区駒込神明町338(現:文京区本駒込)へ転居。
  • 1940年(昭和15年)4月 - 豊山第二中学校(旧制私立豊山中学校夜間部)入学。
  • 1943年(昭和18年)8月 - 父・5代目古今亭志ん生に入門。芸名はむかし家今松(4代目)[5]。取り急ぎ『たぬき』『道灌』『子ほめ』の三席を教わり[6]、入門当日から高座に上がる[7]
  • 1944年(昭和19年)9月 - 古今亭志ん朝(初代)[5]に改名。
    • 5月6日 - 父・志ん生が満州へ慰問、敗戦のため帰国不能になる。
  • 1945年(昭和20年)4月13日 - 本郷区駒込動坂町327(現:文京区千駄木)へ転居。
    • 5月6日 - 父・5代目古今亭志ん生が満州へ慰問旅行、敗戦のため帰国不能になる。
  • 1947年 - 父・5代目古今亭志ん生が約1年7か月ぶりに帰国。
    • 6月 - 再びむかし家今松[5]に改名。
  • 1948年(昭和23年) - 古今亭志ん橋(代数不詳だが5代目と称する)と改名して真打昇進。
  • 1949年(昭和24年)10月 - 10代目金原亭馬生[5]を襲名。
  • 1950年(昭和25年) - NHKラジオ若手演芸会でラジオ初出演[8]。『鮑のし』を口演する。
  • 1951年(昭和26年)11月 - 荒川区日暮里町9丁目1114(現:荒川区西日暮里3丁目)へ転居。
  • 1953年(昭和28年)10月16日 - 妻・治子と結婚。
  • 1955年(昭和30年)3月12日 - 長女・志津子(池波志乃)誕生。この頃実家の前の路地を挟んだ二軒隣(現:荒川区西日暮里3丁目16 - 12[9])に転居。
  • 1961年(昭和36年)
    • 4月 - 桂太(現:金原亭伯楽)入門。総領弟子。
    • 5月30日 - 第31回東横落語会で東横落語会初出演。『禁酒番屋』を口演する。
  • 1966年(昭和41年)4月26日 - 第57回東横落語会出演。以降レギュラーメンバーとなる[8]
  • 1969年(昭和44年)3月 - 第19回芸術選奨において新人賞受賞。演目は『鰍沢』。
  • 1973年(昭和48年) - 第248回三越落語会において口演した『明烏』で文化庁芸術祭優秀賞を受賞。
    • 9月21日 父・5代目古今亭志ん生死去。志ん生門下から古今亭志ん駒が移籍。
  • 1976年(昭和51年) - 旧居のはす向かいに転居。
  • 1978年(昭和53年) - 社団法人落語協会の副会長に就任。
  • 1979年(昭和54年) - 駒七(現:金原亭生駒)が入門。最後の弟子となる。
  • 1980年(昭和55年)2月18日 - 本牧亭で独演会「馬生十八番」を開始、以降計10回開催する[8]
  • 1982年(昭和57年)8月30日 - 第260回東横落語会で『船徳』口演。最後の高座となる。
    • 9月13日 - 死去。戒名「心光院清誉良観馬生居士」。墓所は文京区小日向の還国寺。
  • 2006年平成18年)11月25日 - 妻・治子死去。享年75。
  • 2011年(平成23年) - 墓所が台東区谷中の長久院に移される。

代数をめぐる議論編集

10代目金原亭馬生を襲名した当時、5代目(「黒馬生」)と6代目(「赤馬生」)が併存した「二人馬生」時代からの名跡の混乱(金原亭馬生参照)によるいざこざが尾を引いていた。10代目馬生[10]は5代目馬生の弟子である9代目馬生から生前稽古を付けてもらった際に、「本来ならば師匠の5代目馬生から名前をもらった自分は『6代目馬生』となるはずだったが、東京で6代目・7代目・8代目が勝手に襲名されたせいで『9代目馬生』になってしまった。馬生の名跡は差し上げるけれども、将来継ぐときは『7代目馬生』として継いでくれ」と依頼されていた。

しかし、9代目馬生から6代目(鶴本勝太郎、父・5代目志ん生の師匠)・7代目(父・5代目志ん生)・8代目(小西万之助、父・5代目志ん生の友人)を「インチキ馬生」呼ばわりされて意地になった父・5代目志ん生の意見で、当初は9代目馬生として襲名した。鴨下晁湖の筆で「九代目金原亭馬生」と記してある襲名披露に使用された後ろ幕が現存している[11][12]

その後、「さまざまないきさつがあっても、存在したものは存在したものとして正しい代数に直すべきである」という6代目三遊亭圓生の意見に従い、代数を10代目に訂正した。

主な演目編集

弟子編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 金原亭馬生 小島貞二「はだかの志ん生」163 - 164頁、「五代目古今亭志ん生(美濃部孝蔵)年譜」『総特集古今亭志ん生』205頁。出生年月日は戸籍上の表記だが出生後の届け出が遅れた可能性があり、かつこの頃転居を繰り返していたため家族の記憶もややあやふやで、両親は当人におまえは夏の暑い頃に生まれた、と話していた。資料によっては出生地を当該年月日前まで5代目志ん生一家が居住していた豊多摩郡代々幡町大字笹塚(現:渋谷区笹塚)としているものもあり、当人も出生地は笹塚、と話していた。
  2. ^ a b 美濃部美津子『三人噺 志ん生・馬生・志ん朝』15頁。母親が生後3か月の馬生をおぶって家族で方南の家から業平へ歩いて夜逃げした旨の記述がある。
  3. ^ 『NHK 落語名人選:10代目金原亭馬生』 解説資料
  4. ^ 金原亭馬生 小島貞二「はだかの志ん生」『総特集古今亭志ん生』159頁。
  5. ^ a b c d 橘左近『東都噺家系図』41頁、173頁。
  6. ^ 矢野誠一 『志ん生のいる風景』 143頁。
  7. ^ 落語ファン倶楽部編『落語大看板列伝』201頁。
  8. ^ a b c 落語ファン倶楽部編『落語大看板列伝』212 - 213頁。
  9. ^ 「不思議の国、馬生家」『十代目 金原亭馬生 - 噺と酒と江戸の粋』85頁、93頁。85頁の池波志乃の話から。以下引用「(前略)私が生まれた頃、我が一家は御祖父ちゃん、古今亭志ん生の家から一軒置いた隣に住んでいたんですけど(後略)」引用終了。93頁に掲載された10代目馬生の1954年(昭和29年)10月1日発行の落語協会会員証では住所は「荒川区日暮里町九丁目一,一一四番地」。1975年(昭和50年)9月1日発行の日本演芸家連合会員証に掲載された住所は「荒川区西日暮里3の16の12」。
  10. ^ 9代目馬生1949年(昭和24年)1月1日に没したため、同年10月の10代目馬生襲名時には生存していない。正確な年代が不明であるため、10代目馬生の当時の芸名も特定不能である。
  11. ^ 十代目金原亭馬生 藝談余話(三)facebook十代目金原亭馬生 藝談余話(四)facebook2017年2月28日閲覧 のwebアーカイブ。
  12. ^ 五明樓玉の輔の噺家の手ぬぐい 他抜値入(たぬきねいり)2017年2月28日閲覧 のwebアーカイブ。

関連書籍編集

  • 『馬生集成』 全3巻(1977年、旺国社
  • 『十代目 金原亭馬生 噺と酒と江戸の粋』(2010年、小学館

参考文献編集

関連項目編集