メインメニューを開く

3代目金原亭 馬生(きんげんてい ばしょう、生年月日不詳 - 1873年9月15日)は、幕末明治初期にかけて活躍した落語家。本名、福山半兵衛。通称「馬吉の馬生」。

3代目 金原亭(きんげんてい) 馬生(ばしょう)
本名 福山 半兵衛
生年月日 不詳年
没年月日 1873年9月15日
出身地 江戸
師匠 初代金原亭馬生
名跡 1. 金原亭馬吉
2. 宇治川馬黒
3. 金原亭馬若
4. 3代目金原亭馬生
所属 馬派

江戸の生まれ。下谷広小路、駕籠茶屋の出。初代金原亭馬生門下。当初馬吉を名乗り、後に馬若と改名した。馬吉の前に宇治川馬黒を名乗っていたとも、また馬吉と馬若の間に馬黒を名乗ったとも言われる。

1844年頃、兄弟子の2代目金原亭馬生が2代目立川焉馬一門に移籍して立川玉輔と改名したので(後に初代五明楼玉輔となる)、馬生の名跡が空いたため、馬若が3代目馬生を襲名した。

道具仕立ての芝居噺人情噺を得意とした、また宙乗りもやってのけたという。また、歌舞伎の名作『蔦紅葉宇都宮峠』を怪談仕立てにして演じている。

門下には3代目五明楼玉輔、4代目金原亭馬生3代目鈴々舎馬風5代目三升家小勝が一時師事していた人物)、2代目桃月庵白酒、馬若などがいた。