金原瑞人

日本の翻訳家、児童文学研究家 (1954-)

金原 瑞人(かねはら みずひと、1954年昭和29年)11月29日 - )は、日本の翻訳家児童文学研究家。法政大学社会学部教授。学位は、文学修士(法政大学)。芥川賞作家金原ひとみの実父。

かねはら みずひと
金原 瑞人
生誕 (1954-11-29) 1954年11月29日(69歳)
日本の旗 日本岡山県岡山市
現況 2020年令和2年)現在、活動中。
住居 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 翻訳家児童文学研究家
活動期間 1985年 -
時代 昭和時代後期 -
雇用者 法政大学
団体 法政大学
活動拠点 日本の旗 日本
肩書き 法政大学社会学部教授
子供 金原ひとみ
受賞 第40回産経児童出版文化賞1993年
テンプレートを表示

人物 編集

大学時代は、大久保博犬飼和雄に師事。鏡 美香名義でハーレクイン・ロマンスを翻訳して、翻訳家デビュー。また、1984年(昭和59年)から犬飼主催の海外の児童文学を紹介する同人誌海外児童文学通信」を編集刊行。

英語圏ヤング・アダルト小説の翻訳を多数行い、大学同窓の赤木かん子とともに、「ヤング・アダルト」概念の確立に貢献。

1980年代後半からバベル翻訳学院で翻訳講座を担当し、斎藤倫子渡邊了介佐藤弓生宮坂宏美らを育てる。

また、1989年(昭和64年/平成元年)に見学したアイオワ大学の創作ゼミに触発され、法政大学社会学部で小説創作ゼミを開講した。このゼミは古橋秀之秋山瑞人早矢塚かつや志瑞祐瑞嶋カツヒロ高野小鹿山岡ミヤらの小説家を輩出し、実娘であるひとみも受講経験を持つ。小説家以外にも、コントユニット「夜ふかしの会」の構成作家・岡田幸生と内田崇文や、歌人藤本玲未なども輩出している。

講談社児童文学新人賞の選考委員もつとめた。2015年(平成27年)、第一回日本翻訳大賞選考委員。

略歴 編集

岡山県岡山市生まれ。1973年岡山県立岡山大安寺高等学校卒、1979年法政大学文学部英文学科卒業。1982年同大学院人文科学研究科英文学専攻修士課程修了。1985年同博士課程を単位取得満期退学し、同大学第一教養部非常勤講師となる。1989年同社会学部専任講師、1991年同社会学部助教授。1998年社会学部教授、2010年社会学部長。

1993年『地球を救おう』(ベティ・マイルズほるぷ出版)で第40回産経児童出版文化賞を受賞。

著書 編集

共著 編集

監修 編集

  • 『12歳からの読書案内』(すばる舎
  • 『12歳からの読書案内 - とれたて! ベストセレクション』(すばる舎)

編集 編集

  • 『みじかい眠りにつく前に - 金原瑞人YAセレクション』 1 - 3 (ジャイブ)

翻訳 編集

  • 『さよならピンコー』(コリン・シール、ぬぷん児童図書出版) 1986
  • キング牧師 わたしには夢がある』(ナイジェル・リチャードソン、佑学社) 1987
  • 『アメリカの歴史』(日本英語教育協会) 1988
  • 『異聞蝶々夫人 ピンカートンの性の回想』(パウル・ラーヴェン、マガジンハウス) 1989
  • ジャングル・ブック オオカミ少年モウグリの物語』(キップリング偕成社文庫) 1990
  • ブラック・スワン』(クリストファー・ホープ、福武書店) 1990
  • 『魔女の丘』(ウェルウィン・W・カーツ、斉藤倫子共訳、福武文庫) 1990
  • 『トラヴィス』(S・E・ヒントン、原生林) 1991
  • 『ぼくが死んだ朝』(ロバート・コーミア、扶桑社、扶桑社ミステリー) 1991
  • 『地球を救おう 活動マニュアル』(ベティ・マイルズ、ほるぷ出版) 1992
  • 『Miko 小さな北の狩人』(ブルース・ダンハウアー、講談社) 1993
  • 『12月の静けさ』(メアリー・ダウニング・ハーン、佑学社) 1993
  • 『リンカン アメリカを変えた大統領』(ラッセル・フリードマン、偕成社) 1993
  • 『カラスとイタチ』(バリー・ロペス、アスラン書房) 1993
  • 『18番目の大ピンチ』(B・バイアーズ、あかね書房) 1993
  • 『ぼくとバジル』(ロージー、ほるぷ出版) 1994
  • 『バジルとともだち』(ロージー、ほるぷ出版) 1994
  • 『いつもいっしょ』(ケビン・ヘンクスあすなろ書房) 1994
  • 『ぼくのどーつぶ』(ローナ・バリアン、アスラン書房) 1994
  • 宝島』(ロバート・ルイス・スティーブンソン、偕成社文庫) 1994
  • 『幽霊の恋人たち サマーズエンド』(アン・ローレンス、偕成社)
  • 『青い馬の少年』(ビル・マーティン Jr., ジョン・アーシャンボルト、アスラン書房) 1995
  • 『リスの王国 ミンクテイルたちの森』(ジャネット・テイラー・ライル、講談社) 1995
  • 『つるつるしわしわ としをとるおはなし』(バベット・コール、ほるぷ出版) 1996
  • 『豚の死なない日』正・続(ロバート・ニュートン・ペック白水社) 1996、のち白水Uブックス
  • 『ここは冬の北極』(マデリン・ダンフィ、アスラン書房) 1996
  • 『ウルティマ、ぼくに大地の教えを』(ルドルフォ・アナヤ、草思社) 1996
  • 『イヴの物語』(ペネローピ・ファーマー、トパーズプレス、シリーズ百年の物語) 1996
  • モルグ街の殺人事件』(エドガー・アラン・ポー集英社) 1997、のち岩波少年文庫
  • 『満たされぬ道』(ベン・オクリ平凡社) 1997
  • 『真夜中の電話』(ロバート・コーミア、扶桑社、扶桑社ミステリー) 1997
  • 『バビロン行きの夜行列車』(レイ・ブラッドベリ野沢佳織共訳、角川春樹事務所) 1998
  • 『ハロウィンナー』(デーヴ・ピルキー、アスラン書房) 1998
  • 『時の迷い子たち アルツハイマー病、希望と忘却の物語』(パトリック・マティアセン、早川書房) 1998
  • 『自由をわれらに アミスタッド号事件』(ウォルター・ディーン・マイヤーズ、小峰書店) 1998
  • 『見えざる神々の島』(ベン・オクリ、青山出版社) 1998
  • 『ケニア』(アーネスト・ヘミングウェイ、アーティストハウス) 1999
  • 『モデル・ビヘイヴィア』(ジェイ・マキナニー、アーティストハウス) 1999
  • 『スウィート・メモリーズ』(ナタリー・キンシー=ワーノック、金の星社) 1999
  • 『世界を変えた野菜読本 トマトジャガイモトウモロコシトウガラシ』(シルヴィア・ジョンソン、晶文社) 1999
  • 『逃れの森の魔女』(ドナ・ジョー・ナポリ、久慈美貴共訳、青山出版社) 2000
  • 『アーサー王物語』(ジェイムズ・ノウルズ、偕成社文庫) 2000
  • 『イルカの歌』(カレン・ヘス、白水社) 2000、のち白水Uブックス
  • 『サラ、神に背いた少年』(J・T・リロイ、アーティストハウス) 2000
  • タイムマシン』(H・G・ウェルズ、岩波少年文庫) 2000
  • 『ルーム・ルーム』(コルビー・ロドースキー、金の星社) 2000
  • 『正義をもとめて 日系アメリカ人フレッド・コレマツの闘い』(スティーヴン・A・チン、小峰書店) 2000
  • 『テリーと海賊』(ジュリアン・F・トンプスン、田中亜希子共訳、アーティストハウス) 2001
  • 最後のひと葉』(オー・ヘンリー、岩波少年文庫) 2001
  • 『フェイス』(ベンジャミン・ゼファニア、講談社) 2001
  • 『カナリーズ・ソング』(ジェニファー・アームストロング、石田文子共訳、金の星社) 2001
  • 『ゼブラ』(ハイム・ポトク、青山出版社) 2001
  • 『ぼくたちが大人になれない、12の理由』(ラルフ・ブラウン、アーティストハウス) 2001
  • 『世界でいちばん愛しい人へ 大統領から妻への最高のラブレター』(ロナルド・レーガン, ナンシー・レーガン、中村浩美共訳、PHP研究所) 2001
  • 『サラ、いつわりの祈り』(J.T.リロイ、アーティストハウス) 2002
  • 『なぜ、あの子は「友だちづくり」がうまいのか』(フレッド・フランクル、杉田七重, 西本かおる共訳、PHP研究所)
  • 『神の創り忘れたビースト』(ジム・ハリスン、アーティストハウス) 2002
  • 『わたしが私になる方法』(サリー・ワーナー、鈴木亜希子共訳、角川書店) 2002
  • 『難民少年』(ベンジャミン・ゼファニア、小川美紀共訳、講談社) 2002
  • 『ジャックと離婚』(コリン・ベイトマン、橋本知香共訳、東京創元社) 2002
  • 『アンブラと4人の王子』(アン・ローレンス、偕成社) 2002
  • 『ヴァイキングの誓い』(ローズマリー・サトクリフ、久慈美貴共訳、ほるぷ出版) 2002
  • 『アースヘイヴン物語 ナタリーと魔法の呪文』(キャサリン・ロバーツ、角川書店) 2002
  • 『物語に閉じこもる少年たち』(セオドア・アイザック・ルービン、林香織共訳、ポプラ社) 2002
  • 『ニューヨーク145番通り』(ウォルター・ディーン・マイヤーズ、宮坂宏美共訳、小峰書店) 2002
  • 『黄金の騎士フィン・マックール ケルト神話』(サトクリフ、久慈美貴訳、ほるぷ出版) 2003
  • 『三つのお願い いちばん大切なもの』(ルシール・クリフトン、あかね書房) 2003
  • 『テリーの恋』(アラン・ギボンズ、田中亜希子共訳、主婦と生活社) 2003
  • 『ティモレオン センチメンタル・ジャーニー』(ダン・ローズ、アンドリュース・クリエイティヴ)、のち中公文庫
  • 『9990個のチーズ』(ヴィレム・エルスホット、谷垣暁美共訳、ウェッジ) 2003
  • 『サハラに舞う羽根』(A・E・W・メイスン、杉田七重共訳、角川文庫) 2003
  • 『ホバート』(アニタ・ブリッグズ、金の星社) 2003
  • 『ザスーラ』(クリス・バン・オールスバーグ、ほるぷ出版) 2003
  • 『バッドボーイ』(ウォルター・ディーン・マイヤーズ、小峰書店) 2003
  • 『死について! あらゆる年齢・職業の人たち63人が堰を切ったように語った。』(スタッズ・ターケル、野沢佳織, 築地誠子共訳、原書房) 2003
  • 『ウィルフきをつけて!』(ジャン・ファーンリー、小峰書店) 2003
  • 『宇宙のかたすみ』(アン・M・マーティン、中村浩美共訳、アンドリュース・クリエイティヴ) 2003
  • 『キットの法』(ドナ・モリッシー、大谷真弓共訳、青山出版社) 2003
  • 『ヒーラーズ・キープ』(ヴィクトリア・ハンリー、石田文子共訳、あかね書房) 2004
  • 『スピーク』(ローリー・ハルツ・アンダーソン、主婦の友社) 2004
  • 『ホエール・トーク』(クリス・クラッチャー、西田登共訳、青山出版社) 2004
  • 『ジャッコ・グリーンの伝説』(ジェラルディン・マコーリアン、偕成社) 2004
  • 『ちっちゃくたっておっきな愛』(ジーン・ウイリス、小峰書店) 2004
  • 『シャバヌ 砂漠の風の娘』(スザンネ・ステープルズ、築地誠子共訳、ポプラ社) 2004
  • 『タイドランド』(ミッチ・カリン、角川書店) 2004
  • 『マンゴーのいた場所』(ウェンディ・マス、金の星社) 2004
  • 『コンスエラ 7つの愛の狂気』(ダン・ローズ、野沢佳織共訳、アンドリュース・プレス) 2004、のち中公文庫 
  • 『臆病者と呼ばれても 良心的兵役拒否者たちの戦い』(マーカス・セジウィック、天川佳代子共訳、あかね書房) 2004
  • 『ゼルダのママはすごい魔女』(ミッシェル・ヴァン・ゼブラン、小峰書店) 2004
  • 『魔女ひとり』(ローラ・ルーク、小峰書店、魔女のえほん) 2004
  • 『あたしもすっごい魔女になるんだ!』(ミッシェル・ヴァン・ゼブラン、小峰書店) 2004
  • 『木曜日に生まれた子ども』(ソーニャ・ハートネット、河出書房新社) 2004
  • 『人類最高の発明 アルファベット』(ジョン・マン、杉田七重共訳、晶文社) 2004
  • 『クレイジー・ジャック』(ドナ・ジョー・ナポリ、小林みき共訳、ジュリアン) 2005
  • 『追憶の夏 水面にて』(H・M・ヴァン・デン・ブリンク、扶桑社) 2005
  • 『シャープ・ノース 少女ミラ、漂流する15歳』(パトリック・ケイヴ、大谷真弓共訳、カプコン) 2005
  • 『世にも奇妙な動物たち エドガー&エレン 1』(チャールズ・オグデン、松山美保共訳、理論社) 2005
  • 『フィード』(M・T・アンダーソン、相山夏奏共訳、ランダムハウス講談社) 2005
  • 『四つの風、四つの旅』(ローニット・ガラーポ、舩渡佳子共訳、ソニー・マガジンズ) 2005
  • 『トラウマ・プレート』(アダム・ジョンソン、大谷真弓共訳、河出書房新社) 2005
  • 『シャバヌ ハベリの窓辺にて』(スザンネ・ステープルズ、築地誠子共訳、ポプラ社) 2005
  • 『エイラ - 地上の旅人第四部 平原の旅』(ジーン・M・アウル、小林みき共訳、ホーム社) 2005
  • 『かいじゅうぼく』(ジョン・ウォレス、主婦の友社) 2005
  • 『小さな白い車』(ダン・ローズ、田中亜希子共訳、中央公論新社) 2005
  • 『小説ノアの箱船』(デイヴィッド・メイン、ソニー・マガジンズ) 2005
  • メジャーリーグ、メキシコへ行く メキシカンリーグの時代』(マーク・ワインガードナー、東京創元社) 2005
  • 『グッバイ、ホワイトホース』(シンシア・D・グラント、圷香織共訳、光文社) 2005
  • 『四月の痛み』(フランク・ターナー・ホロン、大谷真弓共訳、原書房) 2005
  • 『犠牲の妖精たち』(ホリー・ブラック、坂本響子共訳、ジュリアン) 2006
  • 幸せな王子』(オスカー・ワイルド、リトルモア) 2006
  • 『アイアンマン トライアスロンにかけた17歳の青春』(クリス・クラッチャー、西田登共訳、ポプラ社) 2006
  • 『ラスト・ドッグ』(ダニエル・アーランハフト、秋川久美子共訳、ほるぷ出版) 2006
  • 『虎の弟子』(ローレンス・イェップ、西田登共訳、あすなろ書房) 2006
  • 『大吸血時代』(デイヴィッド・ソズノウスキ、大谷真弓共訳、求龍堂) 2006
  • 『かかしと召し使い』(フィリップ・プルマン、理論社) 2006
  • 『ブラックストーン・クロニクル』(ジョン・ソール、石田文子共訳、求龍堂) 2006
  • 『小鳥たちが見たもの』(ソーニャ・ハートネット、田中亜希子共訳、河出書房新社) 2006
  • 『イカルス・ガール』(ヘレン・オイェイェミ、ふなとよし子共訳、産業編集センター) 2006
  • 『黙示の海』(ティム・ボウラー、相山夏奏共訳、東京創元社) 2007
  • 『ぼくとパパ』(セルジュ・ブロック、講談社) 2007
  • 『歩く』(ルイス・サッカー、西田登共訳、講談社) 2007
  • 『アイスマーク 赤き王女の剣』(スチュアート・ヒル、中村浩美共訳、ヴィレッジブックス) 2007
  • 武器よさらば』(ヘミングウェイ、光文社古典新訳文庫) 2007
  • 『国のない男』(カート・ヴォネガット日本放送出版協会) 2007
  • 『リビアの小さな赤い実』(ヒシャーム・マタール、野沢佳織共訳、ポプラ社) 2007
  • 『ツォツィ』(アソル・フガード、中田香共訳、青山出版社) 2007
  • 『プークが丘の妖精パック』(キプリング、三辺律子共訳、光文社古典新訳文庫) 2007
  • ユゴーの不思議な発明』(ブライアン・セルズニック、アスペクト) 2008
  • 『バージャック メソポタミアン・ブルーの影』(S・F・サイード、相山夏奏共訳、偕成社) 2008
  • 『ターニング・ポイント』1 - 2(デイヴィッド・クラス、西田登共訳、岩崎書店) 2008
  • 『トム・ウェイツ 素面の、酔いどれ天使』(パトリック・ハンフリーズ、東邦出版) 2008
  • 『スカイシティの秘密 翼のない少年アズの冒険』(ジェイ・エイモリー、圷香織共訳、創元推理文庫) 2008
  • 『シュワはここにいた』(ニール・シャスタマン、市川由季子共訳、小峰書店) 2008
  • 『わたしの美しい娘 ラプンツェル』(ドナ・ジョー・ナポリ、桑原洋子共訳、ポプラ社) 2008
  • 『あの犬が好き』(シャロン・クリーチ、偕成社) 2008
  • 『博物館の秘密 トム・スキャッタホーンの大冒険』(ヘンリー・チャンセラー、小林みき共訳、東京書籍) 2009
  • 『バウンド -纏足-』(ドナ・ジョー・ナポリ、小林みき共訳、あかね書房) 2009
  • 『完全版 最後のユニコーン』(ピーター・S・ビーグル、学習研究社) 2009
  • 『ロストブックス 未刊の世界文学案内』(野沢佳織, 築地誠子共訳、晶文社) 2009
  • 『アイスマーク2 炎の刻印』(スチュアート・ヒル、中村浩美共訳、ヴィレッジブックス) 2009
  • グリーンワールド』上・下(ドゥーガル・ディクソン、大谷真弓共訳、ダイヤモンド社) 2010
  • 『デビルズ・キス テンプル騎士団の少女』(サルワット・チャダ、メディアファクトリー) 2010
  • 『スタッズ・ターケル自伝』(スタッズ・ターケル、築地誠子, 野沢佳織共訳、原書房) 2010
  • 『幻の国を売った詐欺師』(デイヴィッド・シンクレア、石田文子共訳、清流出版) 2010
  • 『バージャック アウトローの掟』(S・F・サイード、田口智子絵、相山夏奏共訳、偕成社) 2011
  • 『ハートブレイカーズ 失恋に効く28のルール』(パメラ・ウェルズ、アスキー・メディアワークス) 2011
  • 『刑務所図書館の人びと ハーバードを出て司書になった男の日記』(アヴィ・スタインバーグ、野沢佳織共訳、柏書房) 2011
  • エドガー・ソーテル物語』(デイヴィッド・ロブレスキー、NHK出版) 2011
  • 『サウスポー』(ジュディス・ヴィオースト、はたこうしろう絵、文溪堂) 2011
  • 『スエズ運河を消せ - トリックで戦った男たち』(デヴィッド・フィッシャー、杉田七重共訳、柏書房) 2011
  • 『転落少女と36の必読書』上・下(マリーシャ・ペスル、野沢佳織共訳、講談社) 2011
  • 『花言葉をさがして』(ヴァネッサ・ディフェンバー、西田佳子共訳、ポプラ社) 2011
  • 『神の左手』(ポール・ホフマン、講談社) 2011
  • 『悪魔の右手』(ポール・ホフマン、井上里共訳、講談社) 2012
  • ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂』(マージー・プロイス、集英社) 2012
  • 『南から来た男 ホラー短編集2』(ロアルド・ダールほか、岩波書店) 2012
  • 『路上の文豪、酔いどれジョナサンの「幻の傑作」』(ニック・フリン、中村浩美共訳、イースト・プレス) 2012
  • 『ガール・イン・レッド』(アーロン・フリッシュ、ロベルト・インノチェンティ絵、西村書店) 2013
  • 『新装版 ピノキオの冒険』(カルロ・コッローディ、ロベルト・インノチェンティ絵、西村書店) 2013
  • 『こども部屋のアリス』(ルイス・キャロル清川あさみ絵、新津保建秀写真、リトルモア) 2013
  • 『ゴリアテ』(トム・ゴールド、パイインターナショナル) 2013
  • 『ゾンビvsロボット』(クリス・リアル、アシュレイ・ウッド絵、パイインターナショナル) 2013
  • 『人生なんて、そんなものさ カート・ヴォネガットの生涯』(チャールズ・J・シールズ、桑原洋子, 野沢佳織共訳、柏書房) 2013
  • 『さよならを待つふたりのために』(ジョン・グリーン、竹内茜共訳、岩波書店) 2013
  • ヴェルヌの「八十日間世界一周」に挑む - 4万5千キロを競ったふたりの女性記者』(マシュー・グッドマン、井上里共訳、柏書房) 2013
  • スヌーピーとしあわせの毛布』(チャールズ・M・シュルツ、小峰書店) 2013
  • 『わたしはマララ 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女』(マララ・ユスフザイ, クリスティーナ・ラム、西田佳子共訳、学研マーケティング) 2013
  • 『クジラにあいたいときは』(ジュリー・フォリアーノ、エリン・E・ステッド絵、講談社)2014
  • 『ヴィジュアル・ストーリー ポー怪奇幻想集1・2 赤の怪奇』(E・A・ポー、ダビッド・ガルシア・フォレス絵、原書房)2014
  • 『ENDGAME – THE CALLING エンドゲーム ―コーリング―』(ジェイムズ・フレイ、ニルスジョンソン=シェルトン、井上里共訳、学研マーケティング)2014
  • 『天使の羽ばたき』(ポール・ホフマン、井上里共訳、講談社)2014
  • 『天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々』(メイソン・カリー、石田文子共訳、フィルムアート社)2014
  • 『マンデー・モーニング』(サンジェイ・グプタ、小林みき共訳、柏書房)2015
  • 『あ、はるだね』(ジュリー・フォリアーノ、エリン・E・ステッド絵、講談社)2015
  • 『シートン動物記 狼王ロボ』(アーネスト・T・シートン清川あさみ絵、新良太写真、リトルモア)2015
  • 『ハリス・バーディック年代記 14のものすごいものがたり』(C・V・オールズバーグほか、村上春樹ほか共訳、河出書房新社)2015
  • 『じどうしゃトロット』(ユリ・シュルヴィッツ、そうえん社)2015
  • 『クローザー マリアノ・リベラ自伝』(マリアノ・リベラ、ウェイン・コフィー、樋渡正人共訳、作品社)2015
  • 『もう、ねるんだってば!』(ジョリ・ジョン、ベンジ・デイヴィス絵、そうえん社)2015
  • 『道化と王』(ローズ・トレメイン、小林みき共訳、柏書房)2016
  • 『メディチ家の紋章』上・下(テリーザ・ブレスリン、秋川久美子共訳、小峰書店)2016
  • 『ジャングル・ブック』(ラドヤード・キプリング、井上里共訳、文藝春秋(監訳))2016
  • 『夢にめざめる世界』(ロブ・ゴンサルヴェス、ほるぷ出版)2016
  • 『フォックスクラフト1 アイラと憑かれし者たち』(インバリ・イセーレス、井上里共訳、静山社)2016
  • 『アルバート、故郷に帰る 両親と1匹のワニがぼくに教えてくれた、大切なこと』(ホーマー・ヒッカム、西田佳子共訳、ハーパーコリンズ・ジャパン)2016
  • 『大人のためのコミック版世界文学傑作選』上・下(ラス・キック編、いそっぷ社)2016
  • 『スーパートラック』(スティーヴン・サヴェッジ、講談社)2016
  • 『ぼくらは壁を飛びこえて~サーカスでつながる人種・民族・宗教~』(シンシア・レヴィンソン、文渓堂)2016
  • 『文学効能事典 あなたの悩みに効く小説』(エラ・バーサド、スーザン・エルダキン、石田文子共訳、フィルムアート社)2017
  • 『僕には世界がふたつある』(ニール・シャスタマン、西田佳子共訳、集英社)2017
  • 『ぼくとあいつと瀕死の彼女』(ジェシー・アンドリューズ、ポプラ社)2017
  • 『わたしの名前は「本」』(ジョン・アガード、ニール・パッカー絵、フィルムアート社)2017
  • 『アティカス、冒険と人生をくれた犬』(トム・ライアン、井上里共訳、集英社インターナショナル)2017
  • 『ナチスに挑戦した少年たち』(フィリップ・フーズ、小学館)2018
  • 『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年』(J・D・サリンジャー、新潮社)2018
  • 『リズムがみえる』(トヨミ・アイガス、ミシェル・ウッド絵、サウザンブックス社、ピーター・バラカン監修)2018
  • 『ディケンズ ショートセレクション ヒイラギ荘の小さな恋』(チャールズ・ディケンズヨシタケ シンスケ絵、理論社)2018
  • 『ソロー『森の生活』を漫画で読む』(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー、ジョン・ポーサリーノ絵、いそっぷ社)2018
  • 『ネルソン・マンデラ その世界と魂の記録』(ロジャー・フリードマン、ベニー・グール写真、松浦直美共訳、西村書店)2018
  • 『帰還 父と息子を分かつ国』(ヒシャーム・マタール、野沢佳織共訳、人文書院)2018
  • 『The Wes Anderson Collection: メイキングブック 犬ヶ島』(ローレン・ウィルフォード、ライアン・スティーヴンソン、フィルムアート社)2019
  • 『ドーナツのあなのはなし』(パット・ミラー、ヴィンセント・X・キルシュ絵、廣済堂あかつき)2019
  • 『アウシュヴィッツのタトゥー係』(ヘザー・モリス、笹山裕子共訳、双葉社)2019
  • 『天才たちの日課 女性編 自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常』(メイソン・カリー、石田文子共訳、フィルムアート社)2019
  • 『ふたりの約束 アウシュヴィッツの3つの金貨』(プニーナ・ツヴィ、マーギー・ウォルフ、イザベル・カーディナル絵、西村書店)2020
  • 『チェスタトン ショートセレクション ブラウン神父 呪いの書』(チェスタトン、ヨシタケ シンスケ絵、理論社)2020
  • 『ぼくのしましまテッド』(テリーサ・ヒーピー、ケイティ・クレミンソン絵、NHK出版)2020
  • 『ドリトル先生アフリカへ行く』(ヒュー・ロフティング、藤嶋桂子共訳、竹書房)2020
  • 『わたしの全てのわたしたち』(サラ・クロッサン、最果タヒ共訳、ハーパーコリンズ・ジャパン)2020
  • 『男の子でもできること みんなの未来とねがい』(国際NGOプラン・インターナショナル、西村書店)2020
  • 『闇のシャイニング ~リリヤの恐怖図書館』(スティーヴン・キング、白石朗 他共訳、扶桑社、短編内エドガー・アラン・ポーの「告げ口心臓」を担当)2020
  • 『子どもの本の世界を変えたニューベリーの物語』(ミシェル・マーケル、ナンシー・カーペンター絵、西村書店)2020
  • 『ロイヤルシアターの幽霊たち』(ジェラルディン マコックラン、吉原菜穂共訳、小学館)2020
  • 『世界で読み継がれる子どもの本100』(コリン・ソルター、安納令奈共訳、原書房)2020
  • 『十五匹の犬』(アンドレ・アレクシス、田中亜希子共訳、東宣出版)2020
  • 『世界でいちばん幸せな男: 101歳、アウシュヴィッツ生存者が語る美しい人生の見つけ方』(エディ・ジェイク、河出書房新社)2021
  • 『顔のない花嫁』(K. R. アレグザンダー、小松かほ共訳、小学館)2021
  • 『湖の中のレイチェル』(K. R. アレグザンダー、小松かほ共訳、小学館)2021
  • 『ロボベイビー』」(デイヴィッド・ウィーズナー、BL出版)2021
  • 『木のロボットと 丸太のおひめさまの だいぼうけん』(トム・ゴールド、松山美保共訳、ほるぷ出版)2021
  • 『小さな手 ホラー短編集4』(カポーティ、スティーヴンソン、キプリングほか、佐竹美保絵、岩波書店)2022
  • 『オスカー・ワイルド ショートセレクション 幸せな王子』(オスカー・ワイルド、ヨシタケ シンスケ絵、理論社)2022
  • 『ドリトル先生航海記』(ヒュー・ロフティング、藤嶋桂子共訳、竹書房)2022
  • 『スカンダーと奪われたユニコーン』(A・F・ステッドマン、吉原菜穂共訳、潮出版社)2022
  • 『戦争が町にやってくる』(ロマナ・ロマニーシン、アンドリー・レシヴ、ブロンズ新社)2022
  • 『読者に憐れみを ヴォネガットが教える「書くことについて」』(カート・ヴォネガット、スザンヌ・マッコーネル、石田文子共訳、フィルムアート社)2022
  • 『帰りたい』(カミーラ・シャムジー、安納令奈共訳、白水社)2022
  • 『彼女の思い出/逆さまの森』(J・D・サリンジャー、新潮社)2022
  • 『冬の王1 熊と小夜鳴鳥』(キャサリン・アーデン、野沢佳織共訳、東京創元社)2022
  • 『ほんとうにやくにたつ機関車』(クリストファー・オードリー、クライヴ・スポング絵、ポプラ社)2023

ロバート・ウェストール 編集

  • 『かかし 今、やつらがやってくる』(ロバート・ウェストール、福武書店) 1987
  • 『ブラッカムの爆撃機』(ロバート・ウェストール、福武書店) 1990
    『ブラッカムの爆撃機』(ロバート・ウェストール、宮崎駿編、岩波書店)
  • 『ゴーストアビー』(ロバート・ウェストール、あかね書房) 2009
  • 『水深五尋』(ロバート・ウェストール、野沢佳織共訳、岩波書店) 2009

パトリシア・マクラクラン 編集

  • 『のっぽのサラ』(パトリシア・マクラクラン、福武書店) 1987、のち徳間書店 2003
  • 『明日のまほうつかい』(パトリシア・マクラクラン、福武書店) 1989
  • 『海の魔法使い』(パトリシア・マクラクラン、あかね書房) 2000

ジュマーク・ハイウォーター 編集

  • 『アンパオ 太陽と月と大地の物語』(ジュマーク・ハイウォーター、福武書店) 1988
  • 『滅びの符号 太陽の帝国アステカの終焉』(ジュマーク・ハイウォーター、渡辺了介共訳、福武書店) 1991

「<幻の馬>物語」シリーズ 編集

  • 『伝説の日々 <幻の馬>物語 vol.1』(ジュマーク・ハイウォーター、福武書店) 1989
  • 『汚れなき儀式 <幻の馬>物語 vol.2』(ジュマーク・ハイウォーター、福武書店) 1989
  • 『暁の星をおびて <幻の馬>物語 vol.3』(ジュマーク・ハイウォーター、福武書店) 1989

アレン・シャープ 編集

  • 『死の罠』(アレン・シャープマガジンハウス) 1989
  • 『ダーティーダラーズ』(アレン・シャープ、マガジンハウス) 1989
  • 『レシュカの伝説』(アレン・シャープ、マガジンハウス) 1989

スーザン・プライス 編集

  • 『ゴースト・ドラム 北の魔法の物語』(スーザン・プライス、福武書店) 1991
  • 『エルフギフト』(スーザン・プライス、ポプラ社) 2002
  • 『500年のトンネル』(スーザン・プライス、中村浩美共訳、創元推理文庫) 2003
  • 『500年の恋人』(スーザン・プライス、中村浩美共訳、東京創元社) 2010
  • 『ゴーストソング』(スーザン・プライス、サウザンブックス社)2020
  • 『ゴーストダンス』(スーザン・プライス、サウザンブックス社)2020

ロブ・ルイス 編集

  • 『ちいさなひつじフリスカ』(ロブ・ルイス、ほるぷ出版) 1991
  • 『ふたりはおとしごろ』(ロブ・ルイス、ほるぷ出版) 1993
  • 『トレバーはおかたづけ』(ロブ・ルイス、ほるぷ出版) 1994
  • 『おじいちゃんだいすき』(ロブ・ルイス、ほるぷ出版) 1997
  • 『おじいちゃんとかくれんぼ』(ロブ・ルイス、ほるぷ出版) 1997

トニー・ロス 編集

  • 『おまるがない!』(トニー・ロス、偕成社) 1993
  • 『はやくなりたいな!』(トニー・ロス、偕成社) 1994
  • 『ごはんまあだ?』(トニー・ロス、偕成社) 1995
  • 『おてんき』(トニー・ロス、偕成社、ちいさなおひめさま1) 1995
  • 『ちいさな ともだち』(トニー・ロス、偕成社、ちいさなおひめさま2) 1995
  • 『かたち いろいろ』(トニー・ロス、偕成社、ちいさなおひめさま3) 1995
  • 『おやすみのじかん』(トニー・ロス、偕成社、ちいさなおひめさま4) 1995
  • 『びっくりめちゃくちゃビッグなんてこわくない』(トニー・ロス、小峰書店) 2000
  • 『はらぺこおおかみと7ひきのこやぎ』(トニー・ロス、小峰書店) 2001

ディック・キング=スミス 編集

  • 『ゆうかんなハリネズミ マックス』(D・キング=スミス、あかね書房) 1994
  • 『トラねこマーチンねずみをかう』(D・キング=スミス、あかね書房) 1996
  • 『ゴッドハンガーの森』(ディック・キング=スミス、講談社) 1998
  • 『おふろのなかからモンスター』(ディック・キング=スミス、講談社) 2000

シド・フライシュマン 編集

  • 『マクブルームさんのすてきな畑』(S・フライシュマン、あかね書房) 1994
  • 『マクブルームさんのへんてこ動物園』(S・フライシュマン、長滝谷富貴子共訳、あかね書房) 1996
  • 『Gold rush! ぼくと相棒のすてきな冒険』(シド・フライシュマン市川由季子共訳、ポプラ社) 2006

シャーマン・アレクシー 編集

ジェラルディン・マコックラン 編集

  • 『不思議を売る男』(ジェラルディン・マコーリアン、偕成社) 1998
  • 『世界はおわらない』(ジェラルディン・マコックラン段木ちひろ共訳、主婦の友社) 2006
  • 『空からおちてきた男』(ジェラルディン・マコックラン、偕成社) 2007
  • 『シェイクスピア物語集 知っておきたい代表作10』(ジェラルディン・マコックラン、偕成社) 2009
  • 『ペッパー・ルーと死の天使』(ジェラルディン・マコックラン、佐竹美保絵、偕成社) 2012

アヴィ 編集

  • 『ポピー ミミズクの森をぬけて』(アヴィ、あかね書房) 1998
  • 『ポピーとライ 新たなる旅立ち』(アヴィ、あかね書房) 2000
  • 『クリスマスの天使』(アヴィ、講談社) 2002
  • 『クリスピン』(アヴィ、求龍堂) 2003

フランチェスカ・リア・ブロック 編集

  • 『“少女神"第9号』(フランチェスカ・リア・ブロック理論社) 2000
  • 『ヴァイオレット&クレア』(フランチェスカ・リア・ブロック、主婦の友社) 2003
  • 『人魚の涙 天使の翼』(フランチェスカ・リア・ブロック、小川美紀共訳、主婦の友社) 2003
  • 『薔薇と野獣』(フランチェスカ・リア・ブロック、小川美紀共訳、東京創元社) 2003
  • 『ひかりのあめ』(フランチェスカ・リア・ブロック、田中亜希子共訳、主婦の友社) 2004

「ウィーツィ・バット ブックス」 編集

  • 『ウィーツィ・バット』(フランチェスカ・リア・ブロック英語版小川美紀共訳、東京創元社、ウィーツィ・バットブックス1)、のち文庫 2002
  • 『ウィッチ・ベイビ』(フランチェスカ・リア・ブロック、小川美紀共訳、東京創元社、ウィーツィ・バットブックス2)、のち文庫 2002
  • 『チェロキー・バット』(フランチェスカ・リア・ブロック、小川美紀共訳、東京創元社、ウィーツィ・バットブックス3)、のち文庫 2002
  • 『エンジェル・フアン』(フランチェスカ・リア・ブロック、小川美紀共訳、東京創元社、ウィーツィ・バットブックス4)、のち文庫 2002
  • 『ベイビー・ビバップ』(フランチェスカ・リア・ブロック、小川美紀共訳、東京創元社、ウィーツィ・バットブックス5)、のち文庫 2002
  • 『キスで作ったネックレス』(フランチェスカ・リア・ブロック、小川美紀共訳、東京創元社、ウィーツィ・バットブックス)2008

「マインド・スパイラル」シリーズ 編集

  • 『スクランブル・マインド : 時空の扉』(キャロル・マタス, ペリー・ノーデルマン、代田亜香子共訳、あかね書房、マインド・スパイラル1) 2001
  • 『ミッシング・マインド : はじまりの記憶』(キャロル・マタス, ペリー・ノーデルマン、代田亜香子共訳、あかね書房、マインド・スパイラル2) 2001
  • 『マーヴェラス・マインド : 光輝く闇』(キャロル・マタス, ペリー・ノーデルマン、代田亜香子共訳、あかね書房、マインド・スパイラル3) 2002
  • 『エターナル・マインド : 果てなき世界』(キャロル・マタス, ペリー・ノーデルマン、代田亜香子共訳、あかね書房、マインド・スパイラル4) 2002

クリフ・マクニッシュ 編集

  • 『ゴーストハウス』(クリフ・マクニッシュ、松山美保共訳、理論社) 2007
  • 『暗黒天使メストラール』(クリフ・マクニッシュ、松山美保共訳、理論社) 2008

「レイチェル」シリーズ 編集

  • 『レイチェルと滅びの呪文』(クリフ・マクニッシュ、理論社)、のち改題『魔法少女レイチェル - 滅びの呪文』上・下(フォア文庫
  • 『レイチェルと魔法の匂い』(クリフ・マクニッシュ、理論社)、のち改題『魔法少女レイチェル - 魔法の匂い』上・下(フォア文庫)
  • 『レイチェルと魔導師の誓い』(クリフ・マクニッシュ、松山美保共訳、理論社) 2002

「シルバーチャイルド」シリーズ 編集

  • 『シルバーチャイルド1 ミロと6人の守り手』(クリフ・マクニッシュ、中村浩美共訳、理論社) 2006
  • 『シルバーチャイルド2 怪物ロアの襲来』(クリフ・マクニッシュ、中村浩美共訳、理論社) 2006
  • 『シルバーチャイルド3 目覚めよ! 小さき戦士たち』(クリフ・マクニッシュ、中村浩美共訳、理論社) 2006

アレックス・シアラー 編集

  • 『青空のむこう』(アレックス・シアラー求龍堂) 2002
  • 『13ヵ月と13週と13日と満月の夜』(アレックス・シアラー、求竜堂) 2003
  • 『海のはてまで連れてって』(アレックス・シアラー、ダイヤモンド社) 2004
  • チョコレート・アンダーグラウンド』(アレックス・シアラー、求龍堂) 2004 - 日本でアニメ、マンガ化
  • 『ミッシング 森に消えたジョナ』(アレックス・シアラー、竹書房) 2005
  • 『世界でたったひとりの子』(アレックス・シアラー、竹書房) 2005
  • 『ラベルのない缶詰をめぐる冒険』(アレックス・シアラー、竹書房) 2007
  • 『あの雲を追いかけて』(アレックス・シアラー、秋川久美子共訳、竹書房) 2012
  • 『This is the Life』(アレックス・シアラー、中村浩美共訳、求龍堂)2014
  • 『骨董通りの幽霊省』(アレックス・シアラー、西本かおる共訳、竹書房)2016
  • 『ガラスの封筒と海と』(アレックス・シアラー、西本かおる共訳、求龍堂)2017

「プリンセス・ダイアリー」シリーズ 編集

  • プリンセス・ダイアリー』(メグ・キャボット、代田亜香子共訳、河出書房新社) 2002、のち文庫 2006
  • 『プリンセス・ダイアリー ラブレター騒動篇』(メグ・キャボット、代田亜香子共訳、河出書房新社) 2002、のち文庫 2006
  • 『プリンセス・ダイアリー 恋するプリンセス篇』(メグ・キャボット、代田亜香子共訳、河出書房新社) 2003、のち文庫 2006

ブルース・コウヴィル 編集

  • 『ジェレミーとドラゴンの卵』(ブルース・コウヴィル、講談社) 2003
  • 『ジェニファーと不思議なカエル』(ブルース・コウヴィル、講談社) 2003
  • 『ラッセルとモンスターの指輪』(ブルース・コウヴィル、大谷真弓共訳、講談社) 2003
  • 『チャーリーと真実のどくろ』(ブルース・コウヴィル、大谷真弓共訳、講談社) 2004

デイヴィッド・アーモンド 編集

  • 『ヘヴンアイズ』(デイヴィッド・アーモンド、河出書房新社) 2003、のち新装版 2010
  • 『火を喰う者たち』(デイヴィッド・アーモンド、河出書房新社) 2005
  • 『星を数えて』(デイヴィッド・アーモンド、河出書房新社) 2006
  • 『クレイ』(デイヴィッド・アーモンド、河出書房新社) 2007
  • 『パパはバードマン』(デイヴィッド・アーモンド、ポリー・ダンバー絵、フレーベル館) 2011

ニール・ゲイマン 編集

  • コララインとボタンの魔女』(ニール・ゲイマン、中村浩美共訳、角川書店) 2003
    『コララインとボタンの魔女』(ニール・ゲイマン、中村浩美共訳、角川書店) 2010
  • 『アナンシの血脈』上・下(ニール・ゲイマン、角川書店) 2006
  • グッド・オーメンズ』(ニール・ゲイマン, テリー・プラチェット、石田文子共訳、角川書店) 2007
    『グッド・オーメンズ 上・下』(ニール・ゲイマン、テリー・プラチェット、石田文子共訳、KADOKAWA)2019
  • 『スターダスト』(ニール・ゲイマン、野沢佳織共訳、角川文庫) 2007
  • アメリカン・ゴッズ』上・下(ニール・ゲイマン、野沢佳織共訳、角川書店) 2009
  • 『壊れやすいもの』(ニール・ゲイマン、野沢佳織共訳、角川書店) 2009
    『壊れやすいもの』(ニール・ゲイマン、野沢佳織共訳、KADOKAWA)2019
  • 『墓場の少年 - ノーボディ・オーエンズの奇妙な生活』(ニール・ゲイマン、角川書店) 2010
    『墓場の少年 ノーボディ・オーエンズの奇妙な生活』(ニール・ゲイマン、KADOKAWA)2019
  • 『物語 北欧神話 上・下』(ニール・ゲイマン、野沢佳織共訳、原書房)2019

「盗神伝」シリーズ 編集

  • 『盗神伝1 ハミアテスの約束』(メーガン・ウェイレン・ターナー宮坂宏美共訳、あかね書房) 2003
  • 『盗神伝2 アトリアの女王(前篇) - 復讐』(メーガン・ウェイレン・ターナー、宮坂宏美共訳、あかね書房) 2003
  • 『盗神伝3 アトリアの女王(後篇) - 告白』(メーガン・ウェイレン・ターナー、宮坂宏美共訳、あかね書房) 2003
  • 『盗神伝4 新しき王(前篇) - 孤立』(メーガン・ウェイレン・ターナー、宮坂宏美共訳、あかね書房) 2006
  • 『盗神伝5 新しき王(後篇) - 栄光』(メーガン・ウェイレン・ターナー、宮坂宏美共訳、あかね書房) 2006

ジョナサン・ストラウド 編集

  • 『勇者の谷』(ジョナサン・ストラウド、松山美保共訳、理論社) 2009
  • スカーレットとブラウン あぶないダークヒーロー』(ジョナサン・ストラウド、静山社)2021

「バーティミアス」シリーズ 編集

「ロックウッド除霊探偵局」シリーズ 編集

  • ロックウッド除霊探偵局 霊を呼ぶペンダント』上・下(ジョナサン・ストラウド、松山美保共訳、小学館) 2015
  • 『ロックウッド除霊探偵局 人骨鏡の謎』上・下(ジョナサン・ストラウド、松山美保共訳、小学館) 2015

E・L・カニグズバーグ 編集

  • 『スカイラー通り19番地』(E・L・カニグズバーグ、岩波書店) 2004
  • 『エリコの丘から』改版(E・L・カニグズバーグ、小島希里共訳、岩波少年文庫) 2004
  • 『ティーパーティーの謎』改版(カニグズバーグ、小島希里共訳、岩波少年文庫) 2005
  • 『800番への旅』改版(カニグズバーグ、小島希里共訳、岩波少年文庫) 2005
  • 『ムーンレディの記憶』(E・L・カニグズバーグ、岩波書店) 2008

ジェフリー・フォード 編集

  • 『白い果実』(ジェフリー・フォード、山尾悠子, 谷垣暁美共訳、国書刊行会) 2004
  • 『記憶の書』(ジェフリー・フォード、貞奴, 谷垣暁美共訳、国書刊行会) 2007
  • 『緑のヴェール』(ジェフリー・フォード、貞奴, 谷垣暁美共訳、国書刊行会) 2008

セーラ・L・トムソン 編集

  • 『終わらない夜』(セーラ・L・トムソン、ほるぷ出版) 2005
  • 『真昼の夢』(セーラ・L・トムソン、ほるぷ出版) 2006
  • 『どこでもない場所』(セーラ・L・トムソン、ロブ・ゴンサルヴェス絵、ほるぷ出版) 2010

「トロール」シリーズ 編集

  • 『トロール・ミル 上 不気味な警告』(キャサリン・ラングリッシュ、杉田七重共訳、あかね書房) 2005
  • 『トロール・ミル 下 ふたたび地下王国へ』(キャサリン・ラングリッシュ、杉田七重共訳、あかね書房) 2005
  • 『トロール・フェル 上 金のゴブレットのゆくえ』(キャサリン・ラングリッシュ、杉田七重共訳、あかね書房) 2005
  • 『トロール・フェル 下 地底王国への扉』(キャサリン・ラングリッシュ、杉田七重共訳、あかね書房) 2005
  • 『トロール・ブラッド 上 呪われた船』(キャサリン・ラングリッシュ、杉田七重共訳、あかね書房) 2008
  • 『トロール・ブラッド 下 長い旅路の果て』(キャサリン・ラングリッシュ、杉田七重共訳、あかね書房) 2008

リック・リオーダン 編集

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」シリーズ 編集

  • パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々1 盗まれた雷撃』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版) 2005
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々2 魔海の冒険』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版) 2006
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々3 タイタンの呪い』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版) 2007
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々4 迷宮の戦い』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版) 2008
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々5 最後の神』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版) 2009
  • 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 外伝 ハデスの剣』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版) 2010

「オリンポスの神々と7人の英雄」シリーズ 編集

  • オリンポスの神々と7人の英雄1 消えた英雄』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版) 2011
  • 『オリンポスの神々と7人の英雄2 海神の息子』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版) 2012
  • 『オリンポスの神々と7人の英雄3 アテナの印』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版) 2013
  • 『オリンポスの神々と7人の英雄4 ハデスの館』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版) 2014
  • 『オリンポスの神々と7人の英雄5 最後の航海』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版) 2015
  • 『オリンポスの神々と7人の英雄 外伝 ヘルメスの杖』 (リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版) 2016

「アポロンと5つの神託」シリーズ 編集

  • アポロンと5つの神託 1 太陽の転落』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版)2017
  • 『アポロンと5つの神託 2 闇の予言』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版)2018
  • 『アポロンと5つの神託 3 炎の迷路』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版)2019
  • 『アポロンと5つの神託 4 傲慢王の墓』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版)2020
  • 『アポロンと5つの神託 5 太陽の神』(リック・リオーダン、小林みき共訳、ほるぷ出版)2021

「エリオン国物語」シリーズ 編集

  • 『エリオン国物語1 アレクサと秘密の扉』(パトリック・カーマン小田原智美共訳、アスペクト) 2006
  • 『エリオン国物語2 ダークタワーの戦い』(パトリック・カーマン、小田原智美共訳、アスペクト) 2006
  • 『エリオン国物語3 テンスシティの奇跡』(パトリック・カーマン、小田原智美共訳、アスペクト) 2006

「ウォーリアーズ」シリーズ 編集

  • ウォーリアーズ1 ファイヤポー、野生にかえる』(エリン・ハンター高林由香子共訳、小峰書店) 2006
  • 『ウォーリアーズ2 ファイヤポー、戦士になる』(エリン・ハンター、高林由香子共訳、小峰書店) 2007
  • 『ウォーリアーズ3 ファイヤハートの戦い』(エリン・ハンター、高林由香子共訳、小峰書店) 2007
  • 『ウォーリアーズ4 ファイヤハートの挑戦』(エリン・ハンター、高林由香子共訳、小峰書店) 2007
  • 『ウォーリアーズ5 ファイヤハートの危機』(エリン・ハンター、高林由香子共訳、小峰書店) 2007
  • 『ウォーリアーズ6 ファイヤハートの旅立ち』(エリン・ハンター、高林由香子共訳、小峰書店) 2007

「ミッドナイターズ」シリーズ 編集

  • 『ミッドナイターズ1 真夜中に生まれし者』(スコット・ウエスターフェルド大谷真弓共訳、東京書籍) 2007
  • 『ミッドナイターズ2 ダークリングの謎』(スコット・ウエスターフェルド、大谷真弓共訳、東京書籍) 2007
  • 『ミッドナイターズ3 青い時間の中へ』(スコット・ウエスターフェルド、大谷真弓共訳、東京書籍) 2007

「名探偵アガサ&オービル」シリーズ 編集

  • 『名探偵アガサ&オービル ファイル1 火をはく怪物の謎』(ローラ・J・バーンズ, メリンダ・メッツ、小林みき共訳、文溪堂) 2007
  • 『名探偵アガサ&オービル ファイル2 おばあちゃん誘拐事件』(ローラ・J・バーンズ, メリンダ・メッツ、小林みき共訳、文溪堂) 2007
  • 『名探偵アガサ&オービル ファイル3 伝説の殺人鬼』(ローラ・J・バーンズ, メリンダ・メッツ、小林みき共訳、文溪堂) 2007
  • 『名探偵アガサ&オービル ファイル4 ふたつの顔を持つ男』(ローラ・J・バーンズ, メリンダ・メッツ、小林みき共訳、文溪堂) 2007

「魔使い」シリーズ 編集

  • 『魔使いの弟子』(ジョゼフ・ディレイニー田中亜希子共訳、東京創元社、創元ブックランド) 2007
  • 『魔使いの呪い』(ジョゼフ・ディレイニー、田中亜希子共訳、東京創元社、創元ブックランド) 2007
  • 『魔使いの秘密』(ジョゼフ・ディレイニー、田中亜希子共訳、東京創元社、創元ブックランド) 2008
  • 『魔使いの戦い』上・下(ジョゼフ・ディレイニー、田中亜希子共訳、東京創元社、創元ブックランド) 2009
  • 『魔使いの過ち』上・下(ジョゼフ・ディレイニー、田中亜希子共訳、東京創元社、創元ブックランド) 2010

「ダイヤモンドブラザーズ」シリーズ 編集

  • 『ダイヤモンドブラザーズ ケース1 危険なチョコボール』(アンソニー・ホロヴィッツ、天川佳代子, 樋渡正人, 渡邉了介, 西田登共訳、文渓堂) 2009
  • 『ダイヤモンドブラザーズ ケース2 裏切りのクジャク』(アンソニー・ホロヴィッツ、天川佳代子, 樋渡正人, 渡邉了介, 西田登共訳、文渓堂) 2009 
  • 『ダイヤモンドブラザーズ ケース3 逆転のオークション』(アンソニー・ホロヴィッツ、天川佳代子, 樋渡正人, 渡邉了介, 西田登共訳、文渓堂) 2009 
  • 『ダイヤモンドブラザーズ ケース4 空とぶフランス菓子』(アンソニー・ホロヴィッツ、天川佳代子, 樋渡正人, 渡邉了介, 西田登共訳、文渓堂) 2009 
  • 『ダイヤモンドブラザーズ ケース5 禁断のクロコダイル』(アンソニー・ホロヴィッツ、天川佳代子, 樋渡正人, 渡邉了介, 西田登共訳、文渓堂) 2009 

「ユリシーズ・ムーア」シリーズ 編集

  • 『ユリシーズ・ムーアと時の扉』(ピエール・ドミニコ バッカラリオ学習研究社) 2010
  • 『ユリシーズ・ムーアとなぞの地図』(ピエール・ドミニコ バッカラリオ、学習研究社) 2010
  • 『ユリシーズ・ムーアと鏡の館』(ピエール・ドミニコ バッカラリオ、佐野真奈美, 井上里共訳、学習研究社) 2010
  • 『ユリシーズ・ムーアと仮面の島』(ピエールドメニコ・バッカラリオ、佐野真奈美, 井上里共訳、学研パブリッシング、ユリシーズ・ムーア4) 2011
  • 『ユリシーズ・ムーアと石の守護者』(ピエールドメニコ・バッカラリオ、佐野真奈美, 井上里共訳、学研パブリッシング、ユリシーズ・ムーア5) 2011
  • 『ユリシーズ・ムーアと第一のかぎ』(ピエールドメニコ・バッカラリオ、佐野真奈美, 井上里共訳、学研パブリッシング、ユリシーズ・ムーア6) 2011
  • 『ユリシーズ・ムーアと隠された町』(ピエールドメニコ・バッカラリオ、佐野真奈美, 井上里共訳、学研パブリッシング、ユリシーズ・ムーア第2期1) 2012
  • 『ユリシーズ・ムーアと雷の使い手』(ピエールドメニコ・バッカラリオ、佐野真奈美, 井上里共訳、学研パブリッシング、ユリシーズ・ムーア第2期2) 2012
  • 『ユリシーズ・ムーアとなぞの迷宮』(ピエールドメニコ・バッカラリオ、佐野真奈美, 井上里共訳、学研パブリッシング、ユリシーズ・ムーア第2期3) 2012
  • 『ユリシーズ・ムーアと氷の国』(ピエールドメニコ・バッカラリオ、佐野真奈美, 井上里共訳、学研教育出版、ユリシーズ・ムーア第2期4) 2013
  • 『ユリシーズ・ムーアと灰の庭』(ピエールドメニコ・バッカラリオ、佐野真奈美, 井上里共訳、学研教育出版、ユリシーズ・ムーア第2期5) 2013
  • 『ユリシーズ・ムーアと空想の旅人』(ピエールドメニコ・バッカラリオ、佐野真奈美, 井上里共訳、学研教育出版、ユリシーズ・ムーア第2期6) 2013

「シャーロック・ホームズ&イレギュラーズ」シリーズ 編集

  • 『シャーロック・ホームズ&イレギュラーズ1 消されたサーカスの男』(T・マック, M・シトリン、相山夏奏共訳、文溪堂) 2011
  • 『シャーロック・ホームズ&イレギュラーズ2 冥界からの使者』(T・マック, M・シトリン、相山夏奏共訳、文溪堂) 2011
  • 『シャーロック・ホームズ&イレギュラーズ3 女神ディアーナの暗号』(T・マック, M・シトリン、相山夏奏共訳、文溪堂) 2011
  • 『シャーロック・ホームズ&イレギュラーズ4 最後の対決』(T・マック, M・シトリン、相山夏奏共訳、文溪堂) 2012

「冒険島」シリーズ 編集

  • 『冒険島1 口ぶえ洞窟の謎』(ヘレン・モス、井上里共訳、メディアファクトリー) 2012
  • 『冒険島2 真夜中の幽霊の謎』(ヘレン・モス、井上里共訳、メディアファクトリー) 2012
  • 『冒険島3 盗まれた宝の謎』(ヘレン・モス、井上里共訳、メディアファクトリー) 2013

「混沌の叫び」シリーズ 編集

  • 『混沌の叫び1 心のナイフ』上・下(パトリック・ネス、樋渡正人共訳、東京創元社) 2012
  • 『混沌の叫び2 問う者、答える者』上・下(パトリック・ネス、樋渡正人共訳、東京創元社) 2012
  • 『混沌の叫び3 人という怪物』上・下(パトリック・ネス、樋渡正人共訳、東京創元社) 2013

「シャッター ミー」シリーズ 編集

  • 『シャッター ミー』(タヘラ・マフィ、大谷真弓共訳、潮出版社) 2013
  • 『シャッター ミー2 アンラヴェル ミー ほんとうのわたし』(タヘラ・マフィ、大谷真弓共訳、潮出版社)2015
  • 『シャッター ミー3 イグナイト・ミー 少女の想いは熱く燃えて 上・下』(タヘラ・マフィ、大谷真弓共訳、潮出版社)2020

ジョン・グリーン 編集

  • 『アラスカを追いかけて』(ジョン・グリーン、岩波書店)2017
  • 『ウィル・グレイソン、ウィル・グレイソン』(ジョン・グリーン、デイヴィッド・レヴィサン、井上里共訳、岩波書店)2017
  • 『どこまでも亀』(ジョン・グリーン、岩波書店)2019

サマセット・モーム 編集

  • 『英国諜報員アシェンデン』(サマセット・モーム、新潮社)2017
  • 『人間の絆』上・下(サマセット・モーム、新潮社)2021

「タイムライダーズ」シリーズ 編集

  • 『タイムライダーズ1・2』(アレックス・スカロウ、樋渡正人共訳、小学館)2014
  • 『タイムライダーズ 紀元前6500万年からの逆襲1・2』(アレックス・スカロウ、樋渡正人共訳、小学館)2015
  • 『タイムライダーズ 失われた暗号1・2』 (アレックス・スカロウ、樋渡正人共訳、小学館)2015

トーベン・クールマン 編集

  • 『アームストロング 宙飛ぶネズミの大冒険』(トーベン・クールマン、ブロンズ新社)2017
  • 『エジソン ネズミの海底大冒険』(トーベン・クールマン、ブロンズ新社)2019
  • 『アインシュタイン 時をかけるネズミの大冒険』(トーベン・クールマン、春陽堂書店)2021

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」シリーズ 編集

  • 『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち2 虚ろな街〈上・下〉』(ランサム・リグズ、大谷真弓共訳、潮出版社)2017
  • 『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち3 魂の図書館〈上・下〉』 (ランサム・リグズ、大谷真弓共訳、潮出版社)2018

「マインクラフト」シリーズ 編集

  • マインクラフト こわれた世界』(トレイシー・バティースト、竹書房)2019
  • 『マインクラフト ジ・エンドの詩』(キャサリン・M・ヴァレンテ、松浦直美共訳、竹書房)2020
  • 『マインクラフト 勇気の旅』(ジェイソン・フライ、松浦直美共訳 、竹書房)2021
  • 『マインクラフト 難破船と人魚の秘密(上・下)』(C.B.リー 、松浦直美、竹書房)2022
  • 『マインクラフト 3つの試練』(スイー・デイヴィース、松浦直美、竹書房)2022

ルーク・ピアソン 編集

  • 『ヒルダとトロール』(ルーク・ピアソン、春陽堂書店)2020
  • 『ヒルダと真夜中の巨人』(ルーク・ピアソン、春陽堂書店)2020
  • 『ヒルダとバードパレード』(ルーク・ピアソン、ブロンズ新社)2021

「小学館世界J文学館」シリーズ 編集

関連事項 編集

  • 岡山県瀬戸内市立図書館[1]には、金原が寄贈した約400タイトルの著書、翻訳書および原著が収蔵されている。現在[いつ?]、著書、翻訳書は登録受入されて書架に配列されているが、原著は整理中で閲覧を希望する際は、図書館職員に申し出る必要がある。

外部リンク 編集