金太年

大韓民国の政治家

金 太年(キム・テニョン、朝鮮語: 김태년1965年 - )は、大韓民国政治家。第17・19・20・21代国会議員共に民主党所属。

金太年
김태년
Kim Tae-nyeon
김태년.png
生年月日 (1963-03-20) 1963年3月20日(59歳)
出生地 大韓民国の旗 大韓民国全羅南道順天市
出身校 慶熙大学校行政大学院修士課程修了
現職 国会議員(17・19・20・21代)
所属政党 共に民主党

Logo of the Minjoo Party of Korea.svg
共に民主党代表権限代行
在任期間 2021年3月9日 - 2021年4月8日

Logo of the Minjoo Party of Korea.svg
共に民主党院内代表
在任期間 2020年5月7日 - 2021年4月8日
テンプレートを表示
金太年
各種表記
ハングル 김태년
漢字 金太年
発音: キム・テニョン
ローマ字 Kim Tae-nyeon
テンプレートを表示

本貫光山金氏キリスト教徒[1]

経歴編集

1965年、全羅南道順天市で生まれた。慶熙大学校行政大学院修士課程修了。京畿道城南市で城南青年団体協議会の議長、民主主義民族統一城南連合共同議長などを務め、市民運動家として活動した。2004年、盧武鉉政権与党の開かれたウリ党から国会議員に当選し、政治家となった。

  • 第19代国会教育文化体育観光委員会幹事(2014〜2016)
  • 第19代国会政治改革特別委員会幹事(2015〜2016)
  • 民族和解協力汎国民協議会共同議長
  • 盧武財団企画委員
  • 新しい政治民主連合 第5政調委員長
  • 新しい政治民主連合 教育特別委員会委員長
  • 新しい政治民主連合 京畿道党委員長(2013〜2015)
  • 国会政治刷新特別委員会幹事(2013)
  • 共に民主党政策委議長(2017〜2019)
  • 共に民主党院内代表(2020〜2021)
  • 共に民主党代表権限代行(2021.3〜2021.4)
  • 第21代国会運営委員会委員長(2020.6〜)

政治活動編集

2004年第17代総選挙京畿道城南市寿井区から立候補して当選。以後、2020年に行われた第21代総選挙まで4回当選を続けている。文在寅大統領と同窓の慶熙大学出身であり、政治的にも近い関係であるとされる。2020年5月7日、共に民主党当選者総会で、163票のうち82票を獲得し、与党(共に民主党)院内代表に選出された。

2018年10月、2007年に行われた10.4南北首脳宣言の11周年記念式典に出席するために朝鮮民主主義人民共和国を訪問。先方では、李善権祖国平和統一委員会委員長から「お腹が出た人に予算を任せてはならない」と皮肉めいた言動を投げかけられたことが報道されたが、当事者の金太年は「ゴシップを作り出すな。本質は薄れる」として騒ぎにしない姿勢を取った[2]

2019年1月8日、党幹事会において徴用工訴訟問題韓国海軍レーダー照射問題に触れ、「安倍晋三首相があらゆる懸案で直接前面に立って対立をあおり、極めて遺憾だ」との姿勢を示した[3]

脚注編集

  1. ^ 대한민국헌정회”. www.rokps.or.kr. 2022年3月12日閲覧。
  2. ^ 青瓦台「北高官の冷麺発言、歓待を傷つける水準ではない」”. 中央日報 (2018年11月6日). 2019年1月12日閲覧。
  3. ^ 「安倍首相が韓国叩きの先頭に」 韓国与党幹部が遺憾表明”. 2019年1月12日閲覧。