金子 ゆかり(かねこ ゆかり、1958年昭和33年)8月28日[1] - )は、日本政治家長野県諏訪市長(2期)。元長野県議会議員(3期)。学位公共経営修士(専門職)

金子 ゆかり
かねこ ゆかり
生年月日 (1958-08-28) 1958年8月28日(64歳)
出生地 長野県諏訪市
出身校 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
早稲田大学大隈記念大学院公共経営研究科公共経営学専攻専門職学位課程修了
前職 長野県議会議員
所属政党 (政信会→)
無所属
称号 公共経営修士(専門職)
親族 父・金子松樹(長野県議会議員)
公式サイト 金子ゆかり公式ホームページ

当選回数 2回
在任期間 2015年5月1日 - 現職

選挙区 諏訪市選挙区
当選回数 3回
在任期間 1999年4月30日 - 2003年4月29日
2007年4月30日 - 2015年4月
テンプレートを表示

来歴編集

長野県諏訪市出身。諏訪市立城南小学校、諏訪市立上諏訪中学校、長野県諏訪二葉高等学校卒業。1981年(昭和56年)3月、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。同年、株式会社服部セイコー(現セイコーホールディングス株式会社)に入社[2]

1994年(平成6年)、母が重病の宣告を受け、看病のため退社し帰郷。父である金子松樹・県議会議員の秘書を務める[3]

1999年(平成11年)4月、長野県議会議員選挙に出馬し初当選[4]。2003年(平成15年)の県議選は落選[5]

2005年(平成17年)3月、早稲田大学大隈記念大学院公共経営研究科専門職学位課程公共経営学専攻修了。公共経営修士(専門職)の学位を取得する。

2007年(平成19年)の県議選で返り咲く[6]。2011年(平成23年)で通算3期目の当選。

2015年(平成27年)1月18日、諏訪市長選挙への出馬を正式表明[7]。4月、県議を辞職。4月19日公示、4月26日投票の諏訪市長選挙に無所属(自由民主党公明党推薦)で出馬。無投票で初当選[8]。これにより長野県内初めての女性市長が誕生した[9][10]。5月1日、市長就任[11]

2019年(平成31年)、無投票により再選[12]

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 『長野県人物・人材情報リスト』日外アソシエーツ、2019年。
  • 『全国歴代知事・市長総覧』日外アソシエーツ、2022年。

外部リンク編集