メインメニューを開く

金子ハルオ(かねこ はるお、1929年2月3日 - )は、日本の経済学者、東京都立大学大妻女子大学名誉教授。

金子ハルオ
マルクス経済学
生誕 (1929-02-03) 1929年2月3日(90歳)
茨城県新治郡千代田村
研究機関 東京都立大学大妻女子大学
母校 東京大学
学位 経済学博士
テンプレートを表示

来歴編集

茨城県新治郡千代田村(現かすみがうら市)出身。1953年東京大学経済学部卒。1959年同大学院社会科学研究科理論経済学博士課程満期退学。1959年東京都立大学法経学部助手、1961年講師、1962年助教授、1970年経済学部教授、1975年-1979年1981年-1985年経済学部長。1992年定年退官、大妻女子大学社会情報学部教授、学部長、2000年同名誉教授。1969年「生産的労働と国民所得」で東大経済学博士1978年-1984年日本学術会議会員。

著書編集

単著編集

  • 賃金のしくみ』青木書店 青木新書 1964
  • 『生産的労働と国民所得日本評論社 1966
  • 『経済学 上 (資本主義の基本的理論)』新日本出版社 新日本新書 1967
  • 『経済学 下 (帝国主義の理論)』新日本新書 1967
  • 資本論の学習』新日本新書 1971
  • 『講座マルクス主義研究入門 第3巻』青木書店 1974
  • 『サービス論研究』創風社 1998

共編著編集

  • 『講座現代賃金論』全3巻 高橋洸,高木督夫共編 青木書店 1968
  • 『暮しの経済教室』編 新日本選書 1972
  • マルクス経済学を学ぶ』横山正彦共編 有斐閣選書 1975
  • 資本主義の原理と歴史』編著 青木書店 青木教養選書 1979

参考編集

  • 金子ハルオ先生履歴・著作目録 (金子ハルオ先生退職記念論文集-上-) 経済と経済学 1992-02