金子 修一(かねこ しゅういち、1949年5月19日 - )は、日本の歴史学者國學院大學名誉教授。専門は東洋史、中国古代史。東京都出身。

経歴編集

1972年東京大学文学部東洋史学科卒、1975年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。文学修士。1985年文部省在外研究員、高知大学文理学部助手・同大学人文学部助教授、山梨大学教育学部助教授・同大学教育人間科学部教授を経て、2005年國學院大學文学部史学科教授。2020年定年退職、名誉教授[1]

著書編集

  • 『古代東アジア世界史論考―改訂増補 隋唐の国際秩序と東アジア』(八木書店古書出版部、2019年)
  • 『中国古代皇帝祭祀の研究』(岩波書店、2006年)
  • 『隋唐の国際秩序と東アジア』(名著刊行会、2001年)
  • 『古代中国と皇帝祭祀』(汲古書院、2001年)

共編書編集

共著編集

脚注編集

  1. ^ 6氏に名誉教授の称号を授与 國學院大學学報691号 2020年6月20日