メインメニューを開く

金子卓義

金子 卓義(かねこ たかよし、1943年2月14日 - 2006年3月30日)は東京都杉並区生まれの書家文化勲章受章者である父金子鷗亭に師事。2003年の個展「金子卓義―史記を書く―」で毎日芸術賞を受賞。子息は書家の金子大蔵

目次

経歴編集

1943年2月14日、書家金子鷗亭・栄子の次男として東京都杉並区に生まれる。1958年、東京都立北野高等学校に入学し、浅沼一道の書道を履修する。1961年、東京経済大学経済学部に入学。父である金子鷗亭と兄弟子にあたる東地滄厓に師事。後に自身を含めて三羽烏と呼ばれるようになる石飛博光・矢壁柏雲の両氏と出会う。1963年、20歳で日展初出品初入選し、以降連続入選する。1964年、毎日書道展毎日賞受賞。1965年、東京経済大学卒業後、株式会社菱三商会(現、三菱製紙販売株式会社)に入社したが、1968年3月には退職し、書に専念する。

1970年12月、1962年より会員となっていた随鷗書道会から競書雑誌「書作」が発行され、発行人となる。1971年、金子知栄子と結婚。1972年、第8回創玄展大賞を「鳳」一字で受賞。この年この「鳳」から名付けられた書道研究洪鳳社(現代表同人、渡部會山)を結成、代表同人となる。1973年8月、母の栄子が66歳で永眠、11月長男大蔵が誕生する。1974年、第1回訪中参観団として中国各地を視察する。1975年、第11回創玄展会長賞受賞、第27回毎日書道展準大賞受賞、第7回日展特選受賞。1977年、駒澤大学の講師となり2004年まで続ける。1978年、第10回日展にて2回目の特選を受賞し、1980年には日展委嘱となり、1984年に第16回日展にて初めて審査員となる。1998年2月、「金子卓義この一年」展を開催し、永眠する直前まで毎年続ける。日展や毎日書道展のような公募展のみならずその1年の内に出品した作品群と、毎年テーマを定めた小品群を展示した。2002年、財団法人毎日書道会理事となる。2003年、毎日書道会の仲間を誘い、正月の銀座を毎日書道会で埋めることを願って、すみよい展を開催。同年9月には個展「金子卓義―史記を書く―」を開催し、この展覧会が評価され、翌年の毎日芸術賞を受賞する。その2004年には社団法人創玄書道会の理事長となる。

2006年3月28日に胸部大動脈瘤を手術し、その後目を覚ますことなく3月30日に永眠。2008年7月、上野の森美術館にて遺作展「響け大空へ 金子卓義の書」開催し、10月には北海道立函館美術館にて同展開催。2012年7月、銀座和光にて「挑む 金子卓義の書」展開催。2014年11月、札幌大丸藤井セントラルスカイホールにて書展「金子卓義と北海道の仲間たち」を開催。

洪鳳社編集

洪鳳社の道編集

自らを含む書道研究グループを「洪鳳社」と、1972年に父であり師である金子鷗亭に名付けられる。創玄書道会の「玄」は千字文冒頭の「天地玄黄」の「玄」であり、二句目の「宇宙洪荒」の「洪」をとり、また、第8回創玄展において大賞を受賞した「鳳」(約180cm×180cm)の文字と合わせて「洪鳳」とした。「洪」は大いなるという意味で、「鳳」は鳥の王であり神鳥、また「鳳」は群鳥を従えて飛ぶところから「朋」と同義字であり、字源をたどると同字となる。 「現代芸術としての書を確立するため、古典の研究を深め表現技術を高め、現代生活に密着した素材を求めて書作して行く」ことや、「豊かな人間性を育んで行く」「独創性、特異性を殊更に大切にして行く」「書においては、才能や努力を素直に認め合いながら、人間としては互いに尊び合う秩序ある和を大切にして行く」ことなどを洪鳳社報創刊号にて述べている。

門人の受賞歴編集

  • 1971年、第7回創玄展、特選(今江美登里)
  • 1972年、第24回毎日書道展、秀作賞(渡辺會山)
  • 1973年、第9回創玄展、推薦(今江美登里)
  • 1973年、第25回毎日書道展、毎日賞(金子知栄子)
  • 1979年、第11回日展、入選(今江美登里)
  • 1980年、第16回創玄展、大賞(渡部會山)
  • 1985年、第37回毎日書道展、会員賞(渡辺會山)
  • 1988年、第24回創玄展、文部大臣奨励賞(永守蒼穹)
  • 2003年、第35回日展、特選(永守蒼穹)

以上が洪鳳社内での主な公募展初受賞、初入選だが、その他公募展においても数多くの受章者となる門人を輩出し、現在も代表同人渡部會山を中心に、古典を基にした現代書道の研究を行う。

洪鳳社報編集

1980年の創刊号より現在まで年に1、2号刊行し続けている。公募展の出品作写真や批評が主だが、以前は同人の結婚や出産などの報告もあった。

著書・作品集編集

  • 金子卓義著『書道入門 漢字 基本と実用』主婦の友社発行、1979年
  • 金子卓義著『かな交じり書 レッスンブック』可成屋発行、2000年
  • 金子卓義著『かな交じり書 完全マスター術』可成屋発行、2002年
  • 作品集『金子卓義 史記を書く』靖文社印刷所制作、2003年
  • 作品集『金子卓義小品展』靖文社印刷所制作、2003年
  • 作品集『響け大空へ「金子卓義の書」』印象社制作、2008年
  • 作品集『挑む 金子卓義の書』株式会社カワイ制作、2012年

参考文献編集

  • 「洪鳳社報」創刊号、1980年
  • 「忘れ得ぬ書人たち 第14回 金子卓義 文・田宮文平」芸術新聞社』220号、2013年