メインメニューを開く

金子 博(かねこ ひろし、1942年2月11日 ‐ )は、国文学者。都留文科大学名誉教授。専門は近現代文学。東京教育大学大学院修士課程修了。

東京教育大学附属高等学校国語科教諭を経て、大分大学助手、講師。

1977年、都留文科大学着任、助教授、教授。2002年4月1日から2008年3月31日まで学長を務める。

主要著書編集

  • 『近代文学学界の動向 昭和期』 日本近代文学会 1971
  • 『<他者>論のためのノート―小島信夫をめぐって』 日本文学会 1988
  • 『吉行淳之介論―〈乗り超え〉としての〈感傷〉』 蒼丘書林 1998
  • 『記憶の比較文化論』(共著) 柏書房 2003

外部リンク編集