金子 尚樹(かねこ なおき、1958年1月22日 - 2021年1月13日)は、日本編集技師日本映画・テレビ編集協会の元会員。有限会社フィルム・クラフトの元代表。娘は元アイドルである。

かねこ なおき
金子 尚樹
生年月日 (1958-01-22) 1958年1月22日
没年月日 (2021-01-13) 2021年1月13日(62歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 編集技師
ジャンル 映画
主な作品
風の谷のナウシカ
おもひでぽろぽろ
バッシング
愛の予感
テンプレートを表示

人物編集

東宝元重役の綾部正直が叔父にあたり、父・金子半三郎も東宝編集部に入社。黒澤組・溝口組の編集などを担当したが、東宝争議新東宝へ移籍。後にフリーとなり、金子編集室を設立。

その父と同じく映画業界へと進み、助監督をする傍ら(主に小林悟監督に師事)。父の編集助手を経て編集部へ転身。父が他界してからは、編集室の代表に。

平成2年12月12日に有限会社フィルム・クラフトを設立。浦岡敬一を師と仰ぎ、編集集団エディターズ・ノアの立ち上げに参加する(メンバーは金子の他、浦岡敬一福田憲二井上秀明石原肇今野治人矢船陽介)。

また、自身が編集技師として活躍する傍ら、多くの編集技師を育成。矢船陽介堀善介清野英樹張本征治目見田健など他多数。小林政広監督作品は、一本目から編集を担当している。主に担当している監督は、サトウトシキ浜野佐知三村順一岡田主加藤義一竹洞哲也他多数。

2006年、編集を担当した、映画「バッシング」で日本映画テレビ技術協会 第6回映像技術賞・映像技術奨励賞を受賞。2010年には、編集を担当した映画「春との旅」で、第20回日本映画批評家大賞・編集賞(浦岡敬一賞)を受賞。

2009年4月、映画製作会社 株式会社studio108を友人・西田和昭と設立。

無類の車好きでもあり、友人のディーラーに同行し、ドイツまで取材旅行する程である。

2019年5月1日より日本映画批評家大賞機構の代表理事を務めていたが、2021年1月13日心臓病にて急死した[1]。62歳没。

主な作品編集

製作編集

編集編集

ポストプロダクション編集

その他編集

CM編集

  • 日興証券

脚注編集

  1. ^ 訃報 代表理事逝去のお知らせ”. 日本映画批評家大賞 (2021年1月18日). 2021年2月22日閲覧。

外部リンク編集