メインメニューを開く

金子 幸代(かねこ さちよ、1954年 -)は、日本日本文学比較文学研究者、富山大学人文学部教授。フェミニズムの観点を盛り込んだ森鴎外研究を中心に、演劇映画も対象とした比較文学研究に取り組んでいる[1]

経歴編集

埼玉県出身。お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程日本文学専攻修了(文学修士)[1]一橋大学大学院言語社会研究科博士課程言語社会専攻単位取得満期退学[1]

1990年神奈川県立外語短期大学専任講師となった。1995年4月に解雇となり、不当解雇として訴訟を起こしている[2](後に復職)。

1996年12月から1997年3月まで、横浜市開港記念会館で鴎外文学教室を担当した[3]

2002年、富山大学人文学部教授[1]。富山大学へ赴任後は、地域に縁のある利賀演劇フェスティバル[1]小寺菊子についての研究なども行っている[4]

2011年、「鷗外と近代劇」により、一橋大学から博士(学術) を受ける[5]。同作により第21回やまなし文学賞受賞。

著書編集

編著書編集

出典・脚注編集

  1. ^ a b c d e 研究者情報 金子幸代教授”. 2013年10月13日閲覧。
  2. ^ https://web.archive.org/web/20011103212100/http://www.social.tsukuba.ac.jp/~yamane/union/anteroom007.html
  3. ^ “読書 鴎外と神奈川 金子幸代著”. 朝日新聞・朝刊・神奈川: p. 28. (2004年3月20日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ “富山出身作家の小寺菊子、師の徳田秋声慕う絶筆 金子富山大教授が確認”. 北国新聞. (2012年3月20日). http://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20120320201.htm 2013年10月13日閲覧。 
  5. ^ 鷗外と近代劇 金子幸代”. 国立国会図書館. 2013年11月11日閲覧。

外部リンク編集