メインメニューを開く

金子 拓(かねこ ひらく、1967年 - )は、日本史学者、東京大学史料編纂所准教授。専門は日本中世史、史料学。

来歴編集

山形県生まれ。1990年東北大学文学部国史学科卒、95年同大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。1997年「日本中世における政治秩序の形成と構造」で東北大学文学博士。1998年東京大学史料編纂所助手、2007年中世史料部門助教、2013年准教授。

著書編集

  • 『中世武家政権と政治秩序』 吉川弘文館 1998
  • 織田信長という歴史 『信長記』の彼方へ』 勉誠出版 2009
  • 『記憶の歴史学 史料に見る戦国』 講談社〈講談社選書メチエ〉 2011
  • 『織田信長〈天下人〉の実像』 講談社〈講談社現代新書〉 2014
  • 『織田信長権力論』 吉川弘文館 2015
  • 『織田信長 不器用すぎた天下人』 河出書房新社 2017
  • 『戦国おもてなし時代 信長・秀吉の接待術』 淡交社 2017
  • 鳥居強右衛門 語り継がれる武士の魂』 平凡社〈中世から近世へ〉 2018
  • 長篠合戦の史料学―いくさの記憶』勉誠出版 2018

編著編集

  • 『『信長記』と信長・秀吉の時代』編 勉誠出版 2012

参考文献編集

  • 金子拓 『記憶の歴史学 : 史料に見る戦国』 講談社〈講談社選書メチエ〉、2011年。ISBN 9784062585224 
  • 東京大学史料編纂所(教員一覧・研究業績)