メインメニューを開く

金子 文紀(かねこ ふみのり、1971年 - [1])は日本のテレビドラマ演出家映画監督TBSテレビ制作部(旧TBSエンタテインメント)所属[1]

かねこ ふみのり
金子 文紀
生年月日 (1971-01-02) 1971年1月2日(48歳)
出生地 日本の旗 日本長野県
職業 演出家映画監督
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1998年 -
事務所 TBSテレビ制作部
主な作品
ケイゾク』/『池袋ウエストゲートパーク
ハンドク!!!
木更津キャッツアイ』シリーズ
男女逆転『大奥』シリーズ
逃げるは恥だが役に立つ
テンプレートを表示

目次

経歴・人物編集

長野県出身。長野県松本深志高等学校早稲田大学理工学部機械工学科卒業[1]。大学在学中は無人島研究会、テレビ放送研究会に所属していた。

1993年入社[1]。『Sweet Home』などのドラマで演出補を経てデビュー。『木更津キャッツアイ』で初のチーフディレクターを務める[1]

堤幸彦のように、奇抜な画づくりをよく行う。堤とは、よく組んで演出している。TBS系列制作の宮藤官九郎の作品を、よく演出・監督をしている。宮藤が手がける『うぬぼれ刑事』と、堤が手がける『SPEC』では映画『大奥』の撮影で多忙のため、1話しか関わっていない。

作品編集

※は宮藤官九郎の作品。◎は堤幸彦の作品。

ドラマ編集

太字はチーフ演出作品。

映画編集

受賞歴編集

脚注編集

外部リンク編集