メインメニューを開く

金子 登(かねこ のぼり、1911年11月23日 - 1987年7月6日)は、日本指揮者東京芸術大学名誉教授

略歴編集

神奈川県出身[1]

1934年東京音楽学校ピアノ科を卒業し、ヨゼフ・ローゼンシュトックに指揮を学び、1936年に東京音楽学校研究科を修了した[1][2]

1943年から1945年に東京交響楽団常任指揮者を務めた[1][2]。1945年にはアーニーパイル交響楽団を組織している[1][2]

1952年から1956年にウィーンへ留学し、クレメンス・クラウスカール・ベームらに師事する[1][2]

1972年から神奈川フィルハーモニーの理事に就任し、同楽団の常任指揮者も務めた[1][2]

また、1962年から1986年には立教大学メサイア演奏会の指揮者を務めている[2]

1979年に紫綬褒章1985年勲三等瑞宝章を受賞している[1]

「教師」として編集

東京芸術大学在任期間、指揮科教授として数多くの指揮者を育てた。 その中には後に著名な指揮者もいる。若杉弘三石精一矢崎彦太郎、松本紀久雄など。晩年では本多敏良、川合良一など。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 『新撰 芸能人物事典 明治~平成』日外アソシエーツ、2010年。
  2. ^ a b c d e f 金子登文庫”. 立教大学図書館. 2017年3月3日閲覧。