金子隆一 (写真)

日本の写真評論家、写真史家、写真集コレクター、僧侶 (1948-2021)

金子 隆一(かねこ りゅういち、1948年5月18日[1] - 2021年6月30日[2])は、日本の写真評論家写真史家、写真集コレクター。本職業は僧侶東京都台東区の「正行院」住職[2]

来歴編集

東京都出身[1]立正大学文学部卒業。東京都写真美術館元学芸員武蔵野美術大学にて非常勤講師を勤め、2019年3月に定年退職[3]

日本写真史、特に、日本の芸術写真ピクトリアリスム)の研究について第一人者として知られた[4]

東京都写真美術館の企画はもちろん、それに限らず、国内の様々な写真展を企画し、また、協力をしている。

芸術写真に限らず、写真史のその他の分野にかかわる著作も多い。

1985年のつくば写真美術館'85の企画にも参加。

2021年6月30日、くも膜下出血のため死去[2][4]。73歳没。

主要著書編集

  • 『日本近代写真の成立』/柏木博伊藤俊治、長谷川明と共著/青弓社/1987年
  • 『インディペンデント・フォトグラファーズ・イン・ジャパン』 1976‐83/島尾伸三、永井宏と共編/東京書籍/1989年
  • 『写真展 シュルレアリスト 山本悍右―不可能の伝達者―』/ジョン・ソルトと監修/東日本鉄道文化財団/2001年
  • 『復刻版NIPPON』(全3期)/金子隆一監修/国書刊行会/2002年~2005年/
  • The History of Japanese Photography/Dana Friis-Hansen、Anne Tucker、John Junkerman、竹葉丈飯沢耕太郎木下直之と共編著/Yale University Press/2003年/ISBN: 0300099258
  • 『日本写真史の至宝』(全6巻・別巻1)/国書刊行会/2005年~2007年/(飯沢耕太郎と共同で監修)
  • 『日本写真集史 1956-1986』(著者:金子隆一/アイヴァン・ヴァルタニアン、発行:赤々舎)
  • Japan's Modern Divide: The Photographs of Hiroshi Hamaya and Kansuke Yamamoto/編集:Judith Keller、Amanda Maddox、寄稿:金子隆一、飯沢耕太郎、Jonathan M. Reynolds/J・ポール・ゲティ美術館/2013年

トークショーなど編集

  • トークショー 金子隆一×町口覚×鈴木芳雄 「識者3人が大いに語る『写真集談義―作る(町口覚)・見る(鈴木芳雄)・集める(金子隆一)』」
  • 中山岩太展 Iwata Nakayama Portfolio 2010 オープニングイベント・レクチャー
    • 2011年10月8日(土) 17:00-18:00
    • 会場:MEM

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.477
  2. ^ a b c 訃報:金子隆一さん 73歳=写真史家 毎日新聞 2021年7月10日
  3. ^ https://twitter.com/n291/status/1046412730045935622 来年度から武蔵野美術大学映像学科大学院で、定年退職される金子隆一さんを引き継ぐかたちで、非常勤講師として写真について(私の場合なので、写真に隣接する映像表現や現代美術も含みます)教えることになりました。これからも精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
  4. ^ a b 金子隆一さん死去 写真史家 東京新聞 2021年7月11日