金 孝周[1](キム・ヒョージュ[2]、ハングル:김 효주[1]、英語:Hyo Joo Kim[3]1995年7月14日 - )は、大韓民国江原道原州市出身の女子プロゴルファーである。

No image.svg 金 孝周 Golf pictogram.svg
Hyo Joo Kim
基本情報
名前 金 孝周
生年月日 (1995-07-14) 1995年7月14日(24歳)
身長 166 cm (5 ft 5 in)
体重 63 kg (139 lb)
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 江原道原州市
経歴
プロ転向 2012年10月
優勝数
LPGAツアー 3
日本LPGA 0(他にアマチュアとして1勝)
韓国LPGA 9(他にアマチュアとして1勝)
LPGAメジャー選手権最高成績
(優勝: 1)
ANA T6(2019年)
全米女子プロ T7(2019年)
全米女子OP T38(2016年)
全英女子OP T7(2017年)
エビアン 優勝(2014年)
成績
初優勝 日本女子:サントリーレディスオープンゴルフトーナメント(2012年=アマとして)
※韓国と米国に関しては経歴参照
世界ランク最高位 4位(2015年3月23日付)
賞金ランク最高位 韓国女子:1位(2014年)
全米女子:13位(2015年)
2019年9月6日現在
テンプレートを表示

経歴編集

10歳でゴルフ始める[2]

2011年「IMGアカデミー世界ジュニアゴルフ選手権」(女子15-17歳の部)で優勝[4]

2012年4月にアマチュアとして出場した韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)ツアー「ロッテマート女子オープン」で優勝[5]

同年6月に同じくアマチュアとして出場した日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)ツアー「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」(大会名は当時)で優勝、16歳332日での優勝は、宮里藍の18歳101日(2003年、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン)を抜いて同ツアー最年少優勝記録を更新した(当時[注 1][2]。また、この優勝は清元登子、宮里藍に次ぐJLPGAツアー史上3人目のアマチュア優勝となった(当時[注 2][6]

同年10月KLPGAに入会しプロ転向[1]。同年12月KLPGAと中国女子プロゴルフ協会共催の「ヒュンダイ中国レディースオープン」でプロとして初優勝[7]

2014年、第6代「KLPGA広報モデル」にアン・シネキム・ハヌルユン・チェヨン等と共に選出される[8]。(KLPGA広報モデルは前年度KLPGAツアー年間獲得賞金ランキング60位以内の選手から10名程度選出される[9]

同年9月、全米女子プロゴルフ協会(USLPGA)ツアーと欧州女子ゴルフツアー共催の「エビアン選手権」でUSLPGAツアーのメジャー初優勝を果たす[10]

同年KLPGAツアーにおいて5勝をあげ、賞金女王となった[11]

2015年USLPGA入会[3]、同年3月の同ツアー「JTBCファウンダーズ・カップ」で優勝[12]。この勝利の直後に世界ランキング4位となる[13]

同年KLPGAツアーにおいて2勝[14]

2016年1月USLPGAツアー「ピュアシルク・バハマLPGAクラシック」で優勝[15]

2017年KLPGAツアーにおいて1勝[16]

2018年USLPGAツアーのメジャー大会「全米女子オープン」においてアリヤ・ジュタヌガーンとの4ホールのプレーオフの末2位となる[3]

USLPGA優勝編集

No. Date Tournament 優勝スコア To par 2位との差 2位 備考
1 2014年9月14日 エビアン選手権[10] 61-72-72-68=273 −11 1打差   カリー・ウェブ メジャー大会
2 2015年3月22日 JTBCファウンダーズ・カップ[12] 65-69-66-67=267 −21 3打差   ステイシー・ルイス
3 2016年1月31日 ピュアシルク・バハマLPGAクラシック[15] 70-70-68-66=274 −18 2打差   キム・セイヨン

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ その後、勝みなみが15歳293日(2014年、KKT杯バンテリンレディスオープン)に更新した。日本女子プロゴルフ協会|通算記録|優勝・賞金
  2. ^ その後、2014年勝みなみ、2016年畑岡奈紗、2018年クリスティン・ギルマン、2019年古江彩佳によって達成されている

出典編集

  1. ^ a b c 김 효주” (朝鮮語). KLPGA. 2019年6月8日閲覧。
  2. ^ a b c サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 最終日”. 日本女子プロゴルフ協会 (2012年6月10日). 2019年6月8日閲覧。
  3. ^ a b c Bio|HYO JOO KIM”. LPGA. 2019年6月8日閲覧。
  4. ^ Past Champions | 2011 Champions”. IMG Academy Junior World Championships. 2019年6月8日閲覧。
  5. ^ 롯데마트 여자오픈” (朝鮮語). KLPGA (2012年4月15日). 2019年6月8日閲覧。
  6. ^ 古江彩佳が史上7人目のアマチュア優勝”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年10月20日). 2019年10月23日閲覧。
  7. ^ 2012 현대차 차이나 레이디스 오픈” (朝鮮語). KLPGA (2012年12月16日). 2019年6月8日閲覧。
  8. ^ 「美女ゴルファー」の証!! KLPGA広報モデル10年分を大公開(3ページ目)”. スポーツソウル (2019年2月2日). 2019年6月8日閲覧。
  9. ^ 「美女ゴルファー」の証!! KLPGA広報モデル10年分を大公開(1ページ目)”. スポーツソウル (2019年2月2日). 2019年6月8日閲覧。
  10. ^ a b エビアン選手権2014”. ALBA.Net (2014年9月14日). 2019年6月8日閲覧。
  11. ^ 김 효주|KLPGA(朝鮮語)の2014년参照
  12. ^ a b JTBCファウンダーズ・カップ2015”. ALBA.Net (2015年3月22日). 2019年6月8日閲覧。
  13. ^ 米国LPGAツアー本格参戦1年目のキムヒョージュ(韓国)ヨネックスクラブ、シャフトで、早くも1勝!”. ヨネックスゴルフ (2015年3月23日). 2019年6月8日閲覧。
  14. ^ 김 효주|KLPGA(朝鮮語)の2015년参照
  15. ^ a b ピュアシルク・バハマLPGAクラシック2016”. ALBA.Net (2016年1月31日). 2019年6月8日閲覧。
  16. ^ 김 효주|KLPGA(朝鮮語)の2017년参照

外部リンク編集