メインメニューを開く

金屋口駅(かなやぐちえき)は、かつて和歌山県有田郡吉備町(現・有田川町)徳田にあった、有田鉄道有田鉄道線である。

金屋口駅
Kanayaguchi-Sta.jpg
駅舎(1996年2月)
かなやぐち
KANAYAGUTI
御霊 (1.6km)
所在地 和歌山県有田郡吉備町徳田
所属事業者 有田鉄道
所属路線 有田鉄道線
キロ程 5.8km(藤並起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1916年大正5年)7月1日
廃止年月日 2003年平成15年)1月1日
備考 有人駅
テンプレートを表示

駅構造編集

地上駅。ホームは1面1線であったが、構内に車両基地があり、それにともなう運転扱いがあったため、有田鉄道線唯一の有人駅であった。出札窓口は、ハイモ180-101導入によるワンマン運転実施時に閉鎖された。駅前にはバスターミナルがあり、鉄道線の定期乗車券等の乗車券類はそちらの案内所で発売が行われていた。

歴史編集

駅周辺編集

現状編集

有田鉄道廃止後、駅舎は撤去されておらず、タクシーの車庫として再利用されている。

構内用地は有田川町に譲渡のうえ再整備され、2010年(平成22年)3月20日有田川町鉄道公園としてオープンした。

隣の駅編集

有田鉄道
有田鉄道線
御霊駅 - 金屋口駅

関連項目編集