金属工業(きんぞくこうぎょう)は、および非鉄金属を生産する産業工業鉱業が採掘する金属鉱産物の製錬および加工を行う。鉄鋼業が主要。日本標準産業分類によれば、鉄鋼業と非鉄金属製造業に分けられる[1]。金属工業のうち、 軽金属を扱う工業のことを「軽金属工業」と呼ぶ。この中ではアルミニウム工業が最大である[2]鉄鉱石銅鉱石ボーキサイトなどの金属資源から、アルミニウムなどを取り出し、板や棒、管や線などに精錬・加工する。金属工業は、機械工業化学工業とともに、重化学工業における重要部門である。

脚注編集

  1. ^ 第2版,日本大百科全書(ニッポニカ), 百科事典マイペディア,世界大百科事典. “金属工業とは” (日本語). コトバンク. 2021年1月13日閲覧。
  2. ^ 第2版,日本大百科全書(ニッポニカ), ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,百科事典マイペディア,世界大百科事典. “軽金属工業とは” (日本語). コトバンク. 2021年1月13日閲覧。

外部リンク編集