メインメニューを開く
大天井ヶ岳から山上ヶ岳を望む

金峰山(きんぷせん)とは、奈良県大峰山脈のうち吉野山から山上ヶ岳までの連峰の総称である。金峯山とも表記し、「金の御岳(かねのみたけ)」とも呼ばれる[1]

吉野山の金峯山寺修験道の中心地の一つであり、現在は金峯山修験本宗の総本山である。

目次

主な峰編集

各地の金峰山編集

日本各地にも同名の山があるが、多くはその山に、奈良県吉野金峰山の蔵王権現を勧請したことに因む。また、同じ山に金峰山と御嶽山の両方の名称が使われることがある。

脚注編集

  1. ^ 今昔物語に「金峯山は別名を『金の御岳』(かねのみたけ)」と呼び、ここで金を得た話」が載っている(大和大峰研究グループ著『大峰山・大台ヶ原山 -自然のおいたちと人々のいとなみ-』築地書館 2009年 40ページ)。

関連項目編集