メインメニューを開く

金平 桂一郎(かねひら けいいちろう、1965年11月3日 - )は、日本プロボクシングプロモーター協栄ボクシングジム会長。東京都渋谷区出身。

目次

来歴・人物編集

協栄ボクシングジム創始者金平正紀の長男として出生し、幼い頃からプロボクシングに親しんで実父の側近が創設した山神ボクシングジムオープンにも参加。明大中野高を卒業(元プロ野球選手武田一浩は同級生、現三迫ボクシングジム会長三迫貴志は後輩)後、1990年ロシアサンクトペテルブルクレスガフト記念体育大学へ留学した。協栄ボクシングジムの事務員だった真由美夫人と帰国後の1994年12月に結婚。1999年3月、実父正紀の死去に伴い、協栄ボクシングジム会長に就任した。

2007年10月11日のプロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチにおいて観客全員に傷害保険をかけ[1]、リング外での災厄に備えた。

2006年夏頃の体重は87kgあったが、胃潰瘍を患い、2007年10月においては65kgまでに激減した。

渋ちんではあるが[2]、ロンドンオリンピック金メダリスト村田諒太獲得を目指し契約金1億円を用意していた[3]

2014年には大晦日の世界タイトルマッチでギレルモ・リゴンドウの来日を実現させた。

著書編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集