メインメニューを開く

金庫きんこ)とは、特殊法人の一種で、政策上必要な投資融資を行うために設けられた、日本政府金融機関である。

太平洋戦争前の日本に於いて、国策上必要だが銀行の業務には馴染まない、あるいは民間企業たる銀行では限界のある投融資業務のために設けられた。 政府系金融機関ではあるが、戦後設けられた公庫と異なり、民間企業が半額出資する点が異なっている。

戦後の諸改革の過程で、国策会社的な金庫は閉鎖され、残りも多くは公庫特殊銀行に移行した。2008年10月1日に商工組合中央金庫特殊会社に移行したことにより、金庫(特殊法人としてのもの)は全て消滅した。

過去に存在した金庫一覧編集

復帰前の沖縄における金庫編集

復帰前の沖縄に於いて設立された法人であって、その名称に「金庫」の文字が用いられているもののこと。農林漁業中央金庫法(旧協同組合中央金庫法)(1952年立法第45号)に基づく農林漁業中央金庫(旧協同組合中央金庫)、移民金庫法(1953年立法第85号)に基づく移民金庫などが該当する。

関連項目編集