金指駅

日本の静岡県浜松市北区にある天竜浜名湖鉄道の駅

金指駅(かなさしえき)は、静岡県浜松市北区引佐町金指にある天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線である。引佐町域にある唯一の鉄道駅である。

金指駅
Kanasashi sta.jpg
駅舎(2009年12月)
かなさし
KANASASHI
常葉大学前 (2.8km)
(1.6km) 岡地
所在地 浜松市北区引佐町金指1033-2
所属事業者 天竜浜名湖鉄道
所属路線 天竜浜名湖線
キロ程 41.9km(掛川起点)
電報略号 カサ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
339人/日(降車客含まず)
-2016年-
乗降人員
-統計年度-
676人/日
-2016年-
開業年月日 1938年(昭和13年)4月1日
テンプレートを表示
金指駅
かなさし
KANASASHI
祝田 (1.4km)
(1.6km) 岡地
所在地 静岡県引佐郡引佐町金指
所属事業者 遠州鉄道
所属路線 奥山線
キロ程 15.9km(遠鉄浜松駅起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1914年大正3年)11月30日
廃止年月日 1964年昭和39年)11月1日
テンプレートを表示
プラットホーム
登録有形文化財に登録されているホーム上屋
遠鉄奥山線のガード跡(駅西方)

駅構造編集

島式ホーム1面2線を有する地上駅。北西寄りに駅舎がある。駅の南側には保線車両などを留置する側線があり、駅の西側で分岐する。1964年までは南寄りに、遠州鉄道奥山線(後述)のホームがあり、連絡する跨線橋も存在した。夜間滞泊の運用もある。有人駅である。

高架貯水槽、上屋およびプラットホームが、国の登録有形文化財として登録されている[1]

歴史編集

当駅は浜松軽便鉄道の駅として開業した。同社線は1914年に当駅から元城駅まで開業し、南は遠鉄浜松駅、北は奥山駅まで路線を延長した。1915年に浜松軽便鉄道は浜松鉄道に社名を変更し、その後遠州鉄道に合併し、路線は奥山線となった。しかし奥山線は1964年に全線が廃止された。

1938年国有鉄道二俣西線(後に二俣線に改称)が当駅に乗り入れ、浜松鉄道と交差することになった。このような場合、通常は新たに開業した線が昔からの線をガード等で跨ぐのだが、二俣線が東海道本線の非常時迂回線と考えられていたためか、浜松鉄道がガードを作って二俣線を越えることとなった。このガードはコンクリート製のもので、前後の築堤は撤去されたものの、2009年11月現在も当駅西方に残っている。

年表編集

遠州鉄道編集

天竜浜名湖鉄道編集

駅周辺編集

駅の周辺は住宅地である。

竹平バス停で新城市営バス本長篠駅行に接続)

利用状況編集

近年の乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2008 174
2009 146
2010 152
2011 150
2012 168
2013 150
2014 144
2015 325
2016 339

隣の駅編集

天竜浜名湖鉄道
天竜浜名湖線
常葉大学前駅 - 金指駅 - 岡地駅
遠州鉄道
奥山線(廃線)
祝田駅 - 金指駅 - 岡地駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 文化財を登録有形文化財に登録する件 (平成23年文部科学省告示第2号) 『官報』 平成23年(2011年)1月26日付 号外・第16号 pp. 46-51

関連項目編集

外部リンク編集