金 文洙(キム・ムンス、1951年8月27日 - )は、大韓民国政治家国会議員(15~17代)、京畿道知事(2006年~2014年)、セヌリ党保守革新委員会委員長(2014年)、自由統一党朝鮮語版代表(2020年)を歴任し、2020年より自由共和党の共同代表を務めている。

金 文洙(キム ムンス)
김문수
Governor of Gyeonggi Province (6925480981) (cropped).jpg
生年月日 (1951-08-27) 1951年8月27日(70歳)
出生地 大韓民国の旗 慶尚北道永川市
所属政党民衆党→)
民主自由党→)
新韓国党→)
(ハンナラ党→)
(セヌリ党→)
自由韓国党→)
自由統一党朝鮮語版→)
自由共和党
宗教 カトリック

在任期間 2006年7月1日 - 2014年6月30日
テンプレートを表示
金文洙
各種表記
ハングル 김문수
漢字 金文洙
発音 キム・ムンス
英語表記: Kim Moon-Soo
テンプレートを表示

歩み編集

慶尚北道永川郡(現:永川市)生まれ、軍事独裁政権時代の70年代~80年代にかけ労働運動家として労働運動に携わった。民主化後の1990年に本格的革新政党として結成された民衆党に参加したが、後に金泳三大統領(当時)与党である民主自由党に参加した。第15代総選挙で初当選して政界入りした後、2006年の京畿道知事選挙へ立候補して当選、第4代民選知事となった。2012年12月に予定されている韓国大統領選挙における候補の一人と目され、4月22日に出馬表明[1]。7月12日、セヌリ党の大統領候補予備選に立候補[2]したが、党員・一般国民による投票と世論調査による党内選挙の結果、当初から有力視されていた朴槿恵に大差で敗れた[3]。2014年1月、6月に行われる第6回全国同時地方選挙の一つとして行われる京畿道知事選には出馬しない意思を明らかにした上で、「京畿道も重要だが、国家的な事案である統一や経済活性化などに関心があり、他の事も懸命にやりたい」と(2017年の)大統領選への出馬意欲を示した[4]

知事退任後の2014年9月、セヌリ党の党内改革を推進する保守革新委員会の委員長に就任した[5]

2016年4月13日に行われた第20代総選挙大邱市寿城区甲選挙区から立候補したが、得票率37.7%にとどまり、共に民主党金富謙(得票率62.3%)に大差で敗れて落選した。

2018年6月13日に行われた第7回全国同時地方選挙ソウル特別市長選挙に立候補したが、得票率23.3%にとどまり、共に民主党の現職市長・朴元淳(得票率52.7%)にダブルスコアの大差をつけられて惨敗した[6]

2019年に入ってから太極旗集会朴槿恵弾劾無効と崔順実ゲート事件冤罪を主張する集会)に積極的に参加するようになり、曹国法務部長官就任を巡って国論が分裂した際には就任に抗議する意味合いで剃髪をした[7]。そして2020年1月31日に自由統一党朝鮮語版を創立して党代表に就任すると[8]。直後の2月20日に太極旗集会の主宰者であるウリ共和党と統合することで合意し[9]、3月3日の自由共和党発足に際して趙源震と共同代表に就任した[10]。しかし、趙と総選挙戦略に対する異見があるため、間もなく再び離れ、以降は脱北者の人権増進活動および文在寅政権に反対する保守性向の市民団体で活動している[11][12][13][14]

人物編集

本貫慶州金氏[15]

  • 2004年以降、朝鮮民主主義人民共和国における人権問題に対して消極的な対応を採っていた韓国政府の対応を批判し、北朝鮮住民人権法を提案するなど、北朝鮮住民の人権を擁護し、守る活動に取り組んでいる[16]

来歴編集

出所:프로필(プロフィール)

脚注編集

  1. ^ “京畿道知事 大統領選出馬を公式宣言=韓国”. 聯合ニュース. (2012年4月22日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2012/04/22/0900000000AJP20120422000700882.HTML 2012年4月30日閲覧。 
  2. ^ “セヌリ党の大統領党内選挙 5人が立候補”. KBSワールドラジオ. (2012年7月13日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=44410&id=Po&page=1 2012年7月13日閲覧。 
  3. ^ “朴槿恵氏 与党の大統領候補者に決定”. KBSワールドラジオ. (2012年8月20日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=44940&id=Po&page=2 2012年8月21日閲覧。 
  4. ^ “김문수 "도지사 8년이면 충분"…3선 불출마 확인(金文洙”道知事8年で充分”・・・3選不出馬確認)”. 聨合ニュース. (2014年1月14日). http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2014/01/14/0505000000AKR20140114211600061.HTML 2014年6月20日閲覧。 
  5. ^ “與 '보수혁신위' 출범…김무성 "공천권부터 바꿔야"(与党‘保守革新委’出帆・・・金武星“公認権から変えなければ“)”. 聯合ニュース. (2014年9月18日). http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2014/09/18/0200000000AKR20140918095800001.HTML?from=search 2015年2月22日閲覧。 
  6. ^ 2018地方選挙開票結果(KBS)
  7. ^ “"나도 한다"···황교안 이어 눈물 흘리며 삭발한 김문수”. 中央日報. (2019年9月17日). https://news.joins.com/article/23579058 2020年3月24日閲覧。 
  8. ^ “김문수 주도 '자유통일당' 31일 출범”. 朝鮮日報. (2020年1月29日). https://news.chosun.com/site/data/html_dir/2020/01/29/2020012902552.html 2020年3月16日閲覧。 
  9. ^ 우리공화당·자유통일당, 통합 추진..24일 합당 절차 착수”. 聯合ニュース (2020年2月20日). 2020年3月6日閲覧。
  10. ^ 김문수·조원진 '자유공화당' 출범..통합당에 후보단일화 제안(종합2보)”. 聯合ニュース (2020年3月3日). 2020年3月6日閲覧。
  11. ^ 우리는 | 비상시국국민회의 | 대한민국” (朝鮮語). 비상시국국민회의. 2022年5月26日閲覧。
  12. ^ ‘북한 인권문제, 어떻게 대처해야 할까’ 제3차 사회안전망 4.0포럼 개최” (朝鮮語). 스마트에프엔 (2022年5月1日). 2022年5月26日閲覧。
  13. ^ 김문수 자유공화당 탈당…20일만에 도로 '우리공화당'”. 노컷뉴스 (2020年3月22日). 2022年5月26日閲覧。
  14. ^ 임원단 소개”. www.syngmanrhee.or.kr. 2022年5月26日閲覧。
  15. ^ 대한민국헌정회”. www.rokps.or.kr. 2022年3月12日閲覧。
  16. ^ 京畿道道知事紹介(2012年10月4日)

関連項目編集

外部リンク編集