メインメニューを開く
金星観測記念碑
海軍営之碑

金星台(きんせいだい)は兵庫県神戸市中央区の諏訪山にある展望台。諏訪山展望台とヴィーナスブリッジ、および諏訪山児童公園とともに諏訪山公園を構成する。

目次

概要編集

明治時代初頭の開園当初は園内に諏訪山動物園(王子動物園の前身)が設置され、諏訪山遊園という名称であった。 諏訪山の中腹の展望広場が金星台と称されるようになったのは、1874年フランス天体観測隊が、金星の太陽面通過の観測をこの地で行った以降のことである。また、この金星台と諏訪山展望台を繋ぐ螺旋橋の愛称はヴィーナスブリッジである。

神戸港を見渡すことができる展望広場の中央奥(山手)には金星観測記念碑と、勝海舟が創った神戸海軍塾の碑(海軍営之碑)が建てられている。またラジオ塔が現存している。

1874年に来日した外国の金星観測隊編集

1874年の金星の太陽面通過観測の好適地(第1接触から第4接触まで観測可)の一つが日本であった。そのため3カ国の観測隊が来日して、3都市で観測を行った。

  • 長崎(くもり) - フランス隊(ヤンセン隊長)、アメリカ隊
  • 神戸(晴れ) - フランス隊(ドラクルク、清水誠
  • 横浜(晴れ) - メキシコ隊

所在地編集

交通アクセス編集

周辺情報編集

外部リンク編集