メインメニューを開く

金森 重勝(かなもり しげかつ、慶長5年(1600年) - 慶安2年4月1日1649年5月12日))は、江戸時代旗本。金森左京家初代。飛騨高山藩第2代藩主・金森可重の五男。小四郎。左京亮。母は、江馬輝盛の娘とも江馬氏の一族河上縫殿助の娘とも[1]。兄に重近重次、高山藩第3代藩主・重頼可次、弟に重義酒井重澄。妻は成瀬正武の娘。兄の六男重直を養子とする。

元和元年(1615年)7月、金森可重は、江馬氏16代の名跡を継がせようと旧領高原郷3,000石を分与した。藩領内分与であり、兄が藩主になるとこれを家老としてよく補佐した。現在の高山市桜町、八幡町付近に屋敷を設けた。墓所は重勝が建立した宗猷寺

金森左京家は、第4代当主・金森可英の時、本家の美濃郡上藩主・金森頼錦が改易となったが、宝暦8年(1758年)12月に3,000石のまま越前国南条郡、今立郡(南条郡白崎、清水、牧谷の3村、今立郡上大坪、萱谷、大手、西尾(幕府領と割郷)4村)に領地を移され、白崎(越前市)に陣屋を設置。江戸屋敷を三田魚籃坂下に拝領。金森家の名跡は左京家が継承し、旗本・交代寄合表御礼衆として幕末まで存続し現在に至る。末裔の金森譲は、高山市と武生市(現・越前市)の友好都市締結に尽力し、昭和57年(1982年)10月22日に実を結んだ。

脚注編集

  1. ^ 『岐阜県史通史編 近世上』 岐阜県、1968年、544頁

関連項目編集